• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【教師の働き方改革】教室仕事を効率的にこなす2つのアイディア

2019/7/15

自分自身の時間や家庭での生活を大切にしながら、楽しそうに働く先生は、その姿を見ている子どもにとって実は、それだけで大きな教育効果を生みます。教師という仕事を輝かせるための「働き方改革」の一つとして、「働く時間を短くできる実践」のご紹介です。


教えてくれたのは…

髙橋朋彦先生

高橋朋彦 先生

たかはし・ともひこ。千葉県公立小学校教諭。1983年千葉県生まれ。山梨大学工学部出身。日本学級経営学会、教育サークル「スイッチオン」に所属。共著に『授業の腕をあげるちょこっとスキル』(明治図書)がある。

早く帰るのは「なんのため?」

ここでの「働き方改革」を、【働く時間を短くすること】とします。私は、働く時間を短くすることを目的にしていた時は、早く帰ることはできませんでした。しかし、今では遅くとも17時30分には帰宅することができます。それは、「なんのために働く時間を短くするのか」という目的ができたからです。

私が初任の頃、先輩に質問したことがありました。その先輩はたくさんの分掌を抱え、40人近い学級の担任だったにも関わらず、17時すぎには帰宅していたからです。

「なぜ、そんなに仕事が早いんですか?」

「勤務時間内にほとんどやっているからだよ」

「なんのために早く帰るんですか?」

「新作のゲームをするためだよ」

その目的に衝撃を受けつつ、「早く帰る目的があると、働く時間を短くできる」と学びました。しかし、早く帰る目的がない私は、その後しばらくの間、働く時間を短くできませんでした。

それから数年後、早く帰る目的ができました。それは、「娘が生まれたこと」です。娘はとても可愛く、一緒にいる時間を長くしたいと思いました。「家族のために早く帰る」という目的ができました。すると、短時間でできる仕事を見つけたり、今まで無駄にしていた隙間時間を活用したりできるようになりました。

早く帰る目的はなんでもよいと思います。

  • ゲームをするため
  • 家族と過ごすため
  • 映画を見るため
  • 漫画を読むため

「早く寝るため」も素敵な目的だと思います。

自分にとって大切な目的をつくった時、働く時間を短くすることができるようになります。

1日の教室仕事はこれで管理『机 to do』&『カゴ配付物』

1日の教室での仕事は山ほどあります。

「丸付けを終わらせなくては!」

「提出物はどれをチェックするんだった?」

「配付物、全部配ったかな?」

など、管理しきれません。しかし、全部やらなければ信用に関わります。

そんな時は、次に紹介する『机 to do』『カゴ配付物』の2つの工夫をするだけで、1日の仕事忘れずに全てこなすことができます。

『机 to do』

机 to do

❶教室での仕事を教師用机に全部載せる。
・宿題 ・提出物 ・テスト直しの確認 ・アンケートの集計 など

❷机の上を片付けながら1日を過ごす。

❸返却物は、『カゴ配付物』(下写真)へ、職員室に持っていくものは職員室へ。

❹机上にものがなくなれば、教室仕事は終了。

『カゴ配付物』

カゴ配布物

❶写真のようなカゴを用意する。(カゴにレターケースを付けています)。

❷子どもに配るものを全てカゴに入れる。

・宿題など、チェックしたものはカゴへ

・配付物は、横のレターケースへ

❸カゴからものをなくして、教室仕事は終了。

通知表所見「生活面は鮮度が命」「学習面はデータが命」

通知表の総合所見を書く特に、

「あの子の良いところはなんだったかな?」

「せっかく書いたのに、整合性が取れていない」

このような事はありませんか?

総合所見を生活面と学習面とに分けて、次のようなことを意識することをお勧めします。

生活面は鮮度が命

❶ 子どもの輝く行動を見つける。

❷ すぐに通知表の生活面に◯をつける。

❸ 総合所見の生活面だけ書く。

★ 名簿でチェックし、気付いたらどんどん通知表に書くことをお勧めします。

掃除をする子を見ている先生と通知表への入力の例

学習面はデータが命

❶ テストの素点はすぐに入力する。

❷ 早めにノートや提出物をチェックする。

❸ 素点が全て入り次第、所見を書く。

★ 学習面の所見は、評定が入るまで待ちます。書き直しが一番のタイムロスです。

パソコンで入力している先生

「働き方改革」について考える

今回は、「働き方改革」を【働く時間を短くすること】として、私の実践を紹介させていただきました。しかし、働く時間を短くするだけで、働き方改革と言ってよいのでしょうか?

私は、働いている時間自体を輝かせることが一番の働き方改革だと考えます。いくら働く時間を短くしても、教師が学校や学級で過ごす時間が輝いていなければ、教師だけでなく子どもも輝きません。

教師が輝くためには、学び続けることが大切です。そして、子どもや仲間、家庭を大切にし、教師という仕事を輝かせる「働き方改革」を私は続けていきます。

〈参考文献〉坂本良晶『さる先生の「全部やろうはバカやろう」』(学陽書房)

イラスト/コダシマアコ

『教育技術 小一小二』2019年7/8月号より

関連する記事

職員室記事一覧

校長のリーダーシップを考える─自ら行動し、人の力を活用する

「みんながつくるみんなの学校」として、すべての子どもが安心して共に学ぶことができる学校づくりを実現してきた大阪市立大空小学校の初代校長として子どもを見つめてきた…

兵庫教育大学大学院教授・藤原忠雄
教師の心と体を守るためにキャリア発達に応じた適切な支援を

平成30年版「過労死等防止対策白書」によると、教職員の80.7%は業務に関連するストレスや悩みを抱えているといいます。特に最近、現場で目立つのは何らかの悩みを抱…

新時代に求められるマネジメント型リーダーとしての校長

新時代の学校課題に直面する学校組織のリーダーとして、いま校長にはどのような役割が求められているでしょうか? 人材育成や保護者・地域との連携など、多様な教育課題の…

青空と白い雲
自らの心と体を守るための「教師のストレスチェック」

教師が健康な心の状態を保つためには、常に自分のコンディションを知っておく必要があります。ここで紹介する「ストレスチェックリスト」を試してみましょう。

【新採先生へ】自分に足りないことを気にせず、自分の強みを生かそう

新規採用の担任として過ごす毎日は、緊張感あふれるものだったと思います。日々奮闘する若手の先生方に、毎日の仕事を楽しんでいる先輩教師からのエールをお届けします。 …

【新採先生へ】自分の教育観を作るための「学び」とは

新採教員として生活を始めたみなさん、学校にも慣れてきたら、自分自身の教育観を作り、教員としてのステップアップを目指していきましょう。オーソドックスな視点を大切に…

明日からできる!働き方改革のヒント

世界中の教師の中でもっとも労働時間が長いと言われている日本の先生。効率化できる仕事は少しでも時間を短縮して、笑顔で子どもたちと向き合う時間をできるだけ長く確保し…

2019/9/12

慌ただしく働く先生
NO残業で成果あり「とっておき時短術」Q&A

行事が多く、何かと気ぜわしい二学期。教材の準備、テストの丸付けやノートのチェック、保護者への対応などに追われ、今日も残業…という先生も多いようです。残業の原因を…

2019/9/7

習熟度別指導─効果的に機能させるには集団づくりから

学力の格差問題を長年研究してきた大阪大学大学院の志水宏吉教授に、格差を縮小するために学校ができること、習熟度別指導を導入する際の注意点などを聞きました。

「新時代の学びを支える先端技術活用推進」で見えてきた本格的なICT教育

2018年11月に文部科学省から公表された「柴山・学びの革新プラン」。その方向性に、教育再生実行会議などの議論の結果等も踏まえ、2019年6月25日に最適な先端…

2019/8/10

もっと見る