夏休み前の生徒指導は「安全」「健康」「計画」で

特集
教師の夏休み・リスタート特集:過ごし方のヒントから二学期準備まで

いよいよ子供たちが楽しみにしている夏休みが始まります。こんなときこそ生徒指導が大事。長い夏休みをどのように過ごすかで、二学期のスタートがスムーズになるかどうかが決まるからです。
子供たちが夏休みを安全に、健康的に、そして計画的に過ごすことができるように、しっかり指導を行っていきましょう。

執筆/熊本県公立小学校教諭・一法師文明

子どもたち
写真/大庭正美

健康面についての指導

養護教諭から出される「保健だより」をもとに、夏休みの健康的な過ごし方について指導しておきましょう。

<指導内容例>
①早寝・早起きをしましょう。
②食べた後には、歯磨きをしましょう。
③むし歯や病気の治療をしましょう。
④外で遊ぶときは、帽子をかぶりましょう。
⑤手洗い・うがいをしましょう。

安全面についての指導

生徒指導担当から出される「学校のきまり」をもとに、安全面について指導しておきましょう。

<指導内容例>
①交通ルールを守って、歩きましょう。
②遊びに行くときは「誰と」「どこへ」「何をしに」「いつ帰る」を必ず伝えてから、出かけるようにしましょう。
③自分を守る合言葉「いかのおすし」を、忘れずに。

いかのおすしを守って安全に
いかのおすし 5項目

学習面についての指導

一学期の学習を復習したり、ドリル学習をしたりすることで、基礎基本の定着を図り、夏休みを有効に使えるように指導しておきましょう。
その際、宿題をまとめて封筒に入れ、封筒の表面には「宿題一覧表」を貼っておくと、宿題をなくしたり、やり忘れをしたりすることがなくなります。また、宿題の締め切りや保護者への丸つけのお願いなどの注意点も、記入しておくとよいでしょう。

【関連記事】宿題提出のシミュレーション他、夏休み前に確認すべきことはこちらの記事もチェック!→ 夏休み前に用意しておきたい!5つのモノ・コト【動画】

夏休みの宿題を入れる封筒
宿題用の封筒

また、夏休みの過ごし方については、学級懇談会で話題にしたり、学級通信でお知らせしたりしておきます。そうすることで、保護者の協力を得ることができます。


イラスト/高橋正輝

『小一教育技術』2018年7/8月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号