1年生 はじめての通知表 子どもと保護者が喜び合えるものにしよう!

特集
通知表特集:所見の書き方から「出さない」選択まで
特集
一年生担任必読記事まとめました!
関連タグ

「通知表」に初めて出合う子供たち。保護者は、わが子が評価される楽しみと同時に、不安も感じています。「初めて」だからこそ、子供たちに対しても保護者に対しても、通知表との出合いを大切にしていきましょう。ポイントは、成長を喜び合える通知表にすることです。

通信簿を見る子どものイラスト

作成の準備は、早めに着手

日常的に、子供の頑張りや成長を記録しておきましょう。成績や所見の根拠になるとともに、評価についての説明をすることができます。

●評価規準の確認

評価をするためには、「何を評価するのか」を明確にすることが必要です。各教科や特別活動の評価規準を確認し、「どのように評価するのか」も学年で共通理解をしておきましょう。教科の単元や題材ごとに、チェックリストなどを作成しておくと便利です。日常生活についても、同様に記録しておきましょう。

●座席表の活用

座席表を多めに印刷して手元に置いておくと、子供のつぶやきや行動などのメモに便利です。「できるようになったこと」「頑張っていること」「友達との関わり」「学習中の発言」などを、具体的に記録しておきましょう。

座席表の活用 メモ

「困っている友達に優しく声をかけていた」「理由もわかりやすく発表していた」など、具体的な姿をメモしておくと、所見の欄への記入に使うことができます。ほめることをたくさん蓄えておくことが、成長を喜び合える通知表へとつながります。

通知表の見方を説明する

通知表に対して保護者は、様々なイメージをもっています。通知表の目的や評価の方法も含め、通知表の見方を丁寧に説明しましょう。学級懇談会や学年通信・学級通信などでお知らせするとよいでしょう。

【 説明の内容例 】
●通知表の目的……学習のめあてがどれだけ達成できたかがわかり、行動面や生活面も含め、これからの成長へとつなげる。
●評価の方法……子供の状況を多面的に評価する。○発言、発表、行動、意欲など。○ ノート、ワークシートなど。○作品への思い、工夫、表現の過程など。○ペーパーテスト。○家庭学習への取り組み。
●通知表の見方……友達と比べるのではなく、一人ひとりの達成状況を評価している。できるようになったことや頑張ったことを、しっかりほめてほしい。改善点がある場合は、励ます材料に。夏休みを振り返りや復習の機会にする。 など

通知表を渡すときには

「できたこと、頑張ったこと、もう少し頑張るといいなということ、どうしたら苦手なことができるようになるのか、ということが書いてあるよ」など、子供たちに通知表について説明してから渡しましょう。
笑顔で「頑張ったね」などと一言添えて渡すと、子供たちも安心して受け取ることができるでしょう。


執筆/熊本県公立小学校教諭・大久保弘子

『小一教育技術』2018年7/8月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号