授業の隙間のミニゲーム【算数】

特集
小学校のゲーム・レク・アイスブレイク大集合!

授業にぐっと集中したら、ほっと一息入れましょう。そんなときに有効なのがアイスブレイク。言葉の通り、「氷を溶かすように」緊張をとかしたり、心の距離を近付けたりする手法です。おススメは、授業の隙間に5分でできるミニゲーム。ここでは、算数のミニゲームを紹介します。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・小倉さえ子

授業の隙間のミニゲーム【算数】
イラストAC

10になるじゃんけん(5になるじゃんけん)

  1. 「後出しじゃんけんのリズム」で行う、とルールの確認をする。
  2. 先生が「10になるじゃんけん じゃんけん ぽん」と言い、1から10までの数を手で示す。
  3. 二回目の「ぽん」のタイミングで、子供たちは手で先生の出した数と合わせて10になる数を示す。

通常のじゃんけんと違い、答えは一つのはず。先生がいちいち確認せずに、セルフジャッジでテンポよく行います。初めは5になるじゃんけんで練習するとスムーズです。

ねらいは10!

ランダムな4桁の数字と+ - × ÷ と( )を使って10をつくります。

  1. 教師が黒板に4桁の数字を書く。
  2. 10をつくった式を子供が発表する。
  3. 正解したらその子が次の出題者となる。

暗算ででき、ナンバープレートをお題にできるので、社会科見学などのバスレクでも使えます。正解が複数あるお題もあるので、みんなで「けん算」するのも楽しいでしょう。

レベルアップさせ、式を一つにするルールにすれば、「計算のきまり(計算の順番)」の学習に役立ちます。

板書

イラスト/山本郁子

『教育技術 小三小四』2020年12月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
小学校のゲーム・レク・アイスブレイク大集合!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号