• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【指導計画】1年算数「のこりはいくつ」「ちがいはいくつ」

2019/6/23

国立教育政策研究所教育課程調査官の監修による、教科指導のアイディアと授業のヒントをまとめた指導計画例です。次時の授業にお役立てください。

算数を解いている子どものイメージ

執筆/福岡県筑紫野市立原田小学校教諭  田中 智史
編集委員/ 国立教育政策研究所教育課程調査官 笠井 健一
福岡教育大学教授         清水 紀宏

単元名「のこりはいくつ」

本時のねらいと評価規準(本時の位置 3/ 10)

【本時のねらい】

2つの数量の求残の場面について、数量の関係に着目し、具体物を操作する活動を通して、減法の意味や式の表し方を理解する。

【評価規準】

2つの数量の求残の場面について、その意味を理解している。(知識・理解)

[問題場面]  7にんで、あそんでいました。3にんが、かえりました。のこりは、なんにんですか。

7人で遊んでいて、3人が帰りました。残りは何人ですか?

昨日は、5匹の金魚から2匹をとる問題でしたね。

ブロックをとって、残りを見つけたよ。

今日の問題は、昨日の問題と何か違うかな。

今日は、友達が7人で遊んでいます。

3人が帰りました。

昨日のお話と違うから、残りがいくつか調べるのは難しそうだね。

え? 昨日と同じようにできると思うな。

帰るのは初めてだから、できないよ。

どうすれば、残りが調べられるかな。

※この時間は、問題場面の比較から導入を行い、場面が違っても、前時と同じ操作で残りが調べられるかという問いに、焦点化していくようにします。

本時の学習のねらい

のこりが いくつか しらべよう。

【見通し】

・ブロックを7こ並べる。
・ブロックをとる。
・残ったブロックの数を数える。

昨日は、ブロックを使って調べられましたね。今日も、ブロ
ックを使って調べられそうかな。

ブロックを使ってできそう。

はじめは、7こ並べるんじゃないかな。

「帰りました」だから、ブロックをとればいいと思うな。

残ったブロックを数えれば、いいんじゃないかな。

では、ブロックを使って調べてみましょう。

【自力解決の様子】

A:つまずいている子 

ブロックの操作で、問題場面をうまく表現することができない(ブロックを、10 個置くなど)。

B:素朴に解いている子 

問題場面をブロックの操作で表現し、残りの数を見つけることができている。

C:ねらい通りに解いている子

問題場面をブロックの操作で表現し、残りの数を見つけ、操作の共通性に気付き、ひき算の式を書いている。

【自力解決と学び合いのポイント】

Aの子供に対しては、問題文の意味(最初は、7名しかいなかったことなど)を確認し、問題場面をブロックで表現できるようにしましょう。そして、操作の結果に対して、「帰った人は、どれかな?」「残って遊んでいる人は、どれかな?」等と投げかけ、減った数や残った数を意識することができるようにしましょう。

Bの子供に対しては、ブロックの操作の様子をノートに書くよう促しましょう。

【全体発表とそれぞれの考えの関連付け】

ブロックの操作を行った後は、黒板上で拡大ブロックを動かしながら、全体でブロックの操作を確認します。

(ブロックの操作を確かめた後)式はどうなるかな。今日は「帰りました」だけど、昨日と同じひき算でいいのかな。

「帰りました」だけど、同じようにブロックをとったから、同じでいいと思います。

今日も、ブロックの数が減ったから、ひき算でいいと思うよ。

「帰りました」でも、昨日みたいにブロックをとっているから、ひき算でよさそうだね。

前時の学習で行ったブロックの操作と、本時の学習で行ったブロックの操作を比較しながら、「帰った」場面でも、前時の場面と操作が同じことから、ひき算で答えを求められることを理解させます。その後、どのような式になるかを考えていきます。「式の3は、何の数かな」「式の4は、ブロックの図のどこのことかな」などと発問し、式の数字が、何を表すかをおさえておくとよいでしょう。

【ノート例】

ノート例

【本時のまとめ】

「かえりました」の問題も、ひき算で答えがわかる。

<評価問題>

ふうせんが、6こ ありました。4こ、とんでいきました。のこりは、なんこですか。ブロックで あらわしてから、しきと こたえを かきましょう。

<期待する子供の姿>

場面をブロックで正しく操作し、「6-4=2 こたえ 2こ」と、式で表現し、答えを求めることができる。

【子供の感想例】

「とんでいく」のも「帰る」のも、ブロックを同じように動かせばよいことがわかりました。

「とんでいく」も「帰る」の時と同じように、ひき算になることがわかりました。

1 / 2 ページ

関連する記事

授業記事一覧

【指導計画】5年体育 表現運動「対決だ!激しい攻防・追いつ追われつ」

表現運動は、自己の心身を解き放し、リズムやイメージの世界に没入して、なりきって踊ることが楽しい運動であり、互いのよさを生かし合って仲間と交流し、踊る楽しさや喜び…

2019/8/18

視写を生かしたシンプルな国語授業で語彙力、文法力を伸ばす

体全体で文の内容を読み、それを書き写しながら意味を理解していくこと。それが視写です。視写にしっかり取り組めば、子どものやる気と集中力が高まったり、先生にとっては…

『ドラえもん』で授業を! 漫画を教材として活用しよう

「漫画は授業の教材として魅力がある」――そう語るのは、漫画を活用した授業実践で注目され、「学年別ドラえもん名作選」の監修者でもある、早稲田大学系属早稲田実業学校…

2019/8/15

【指導計画】5年国語 多様な情報を読み取り、自分の考えを深めよう

本単元では、自然保護のあり方に対して課題意識をもち、意見文にまとめていきます。意見文は、自分の立場を明確にしたあと、その立場から調べたことや考えたことを読み手に…

2019/8/13

くり~ごんぎつねが猟師にとどけたもの
【指導計画】4年国語「ごんぎつね」読んで考えたことを話し合おう

4年生国語「ごんぎつね」の指導計画です。叙述を根拠に話し合うことで、作品に対する理解を深めることができるようにします。また、読後の感想をまとめ、話し合うことで、…

2019/8/11

【指導計画】6年理科「月と太陽」

新・学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」に完全対応。6年生理科「月と太陽」をテーマに、生活経験を本単元で育んだ見方・考え方を働かせて関連付けて考えられるよ…

2019/8/8

【指導計画】4年体育 体つくり運動(多様な動きをつくる運動–移動・力試し・組み合わせ)

「体つくり運動」は、体を動かす楽しさや心地よさを味わいながら、体の基本的な動きを培うことのできる運動です。「体ほぐしの運動」では、誰もが楽しめる手軽な運動を行う…

2019/8/7

「対話的な学び」が深まる学校にするため管理職がすべきこと

ここ十年で間違いなく増えてきた、生徒たちの対話によって学びを深めていく方法。しかし、本当に効果的な対話になっているのか、それとも単なる会話に終わっているのか、指…

【指導計画】3年体育 みんなで Run! Run! Run! ~かけっこ&リレー~(走の運動)

走の運動は、かけっこ・リレー・小型ハードル走で構成されています。本単元では、意欲的に学習に取り組めるような活動の場を用意して、いろいろな競走を経験するようにして…

2019/8/5

【指導計画】1年算数「10より大きいかず」

「10より大きい数」の単元では、10 のまとまりに着目して、20 個より少ないブロックの数え方について考える活動を通して、「10 のまとまりといくつ」に分けて数…

2019/8/3

もっと見る