• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【指導計画】1年算数「のこりはいくつ」「ちがいはいくつ」

2019/6/23

国立教育政策研究所教育課程調査官の監修による、教科指導のアイディアと授業のヒントをまとめた指導計画例です。次時の授業にお役立てください。

算数を解いている子どものイメージ

執筆/福岡県筑紫野市立原田小学校教諭  田中 智史
編集委員/ 国立教育政策研究所教育課程調査官 笠井 健一
福岡教育大学教授         清水 紀宏

単元名「のこりはいくつ」

本時のねらいと評価規準(本時の位置 3/ 10)

【本時のねらい】

2つの数量の求残の場面について、数量の関係に着目し、具体物を操作する活動を通して、減法の意味や式の表し方を理解する。

【評価規準】

2つの数量の求残の場面について、その意味を理解している。(知識・理解)

[問題場面]  7にんで、あそんでいました。3にんが、かえりました。のこりは、なんにんですか。

7人で遊んでいて、3人が帰りました。残りは何人ですか?

昨日は、5匹の金魚から2匹をとる問題でしたね。

ブロックをとって、残りを見つけたよ。

今日の問題は、昨日の問題と何か違うかな。

今日は、友達が7人で遊んでいます。

3人が帰りました。

昨日のお話と違うから、残りがいくつか調べるのは難しそうだね。

え? 昨日と同じようにできると思うな。

帰るのは初めてだから、できないよ。

どうすれば、残りが調べられるかな。

※この時間は、問題場面の比較から導入を行い、場面が違っても、前時と同じ操作で残りが調べられるかという問いに、焦点化していくようにします。

本時の学習のねらい

のこりが いくつか しらべよう。

【見通し】

・ブロックを7こ並べる。
・ブロックをとる。
・残ったブロックの数を数える。

昨日は、ブロックを使って調べられましたね。今日も、ブロ
ックを使って調べられそうかな。

ブロックを使ってできそう。

はじめは、7こ並べるんじゃないかな。

「帰りました」だから、ブロックをとればいいと思うな。

残ったブロックを数えれば、いいんじゃないかな。

では、ブロックを使って調べてみましょう。

【自力解決の様子】

A:つまずいている子 

ブロックの操作で、問題場面をうまく表現することができない(ブロックを、10 個置くなど)。

B:素朴に解いている子 

問題場面をブロックの操作で表現し、残りの数を見つけることができている。

C:ねらい通りに解いている子

問題場面をブロックの操作で表現し、残りの数を見つけ、操作の共通性に気付き、ひき算の式を書いている。

【自力解決と学び合いのポイント】

Aの子供に対しては、問題文の意味(最初は、7名しかいなかったことなど)を確認し、問題場面をブロックで表現できるようにしましょう。そして、操作の結果に対して、「帰った人は、どれかな?」「残って遊んでいる人は、どれかな?」等と投げかけ、減った数や残った数を意識することができるようにしましょう。

Bの子供に対しては、ブロックの操作の様子をノートに書くよう促しましょう。

【全体発表とそれぞれの考えの関連付け】

ブロックの操作を行った後は、黒板上で拡大ブロックを動かしながら、全体でブロックの操作を確認します。

(ブロックの操作を確かめた後)式はどうなるかな。今日は「帰りました」だけど、昨日と同じひき算でいいのかな。

「帰りました」だけど、同じようにブロックをとったから、同じでいいと思います。

今日も、ブロックの数が減ったから、ひき算でいいと思うよ。

「帰りました」でも、昨日みたいにブロックをとっているから、ひき算でよさそうだね。

前時の学習で行ったブロックの操作と、本時の学習で行ったブロックの操作を比較しながら、「帰った」場面でも、前時の場面と操作が同じことから、ひき算で答えを求められることを理解させます。その後、どのような式になるかを考えていきます。「式の3は、何の数かな」「式の4は、ブロックの図のどこのことかな」などと発問し、式の数字が、何を表すかをおさえておくとよいでしょう。

【ノート例】

ノート例

【本時のまとめ】

「かえりました」の問題も、ひき算で答えがわかる。

<評価問題>

ふうせんが、6こ ありました。4こ、とんでいきました。のこりは、なんこですか。ブロックで あらわしてから、しきと こたえを かきましょう。

<期待する子供の姿>

場面をブロックで正しく操作し、「6-4=2 こたえ 2こ」と、式で表現し、答えを求めることができる。

【子供の感想例】

「とんでいく」のも「帰る」のも、ブロックを同じように動かせばよいことがわかりました。

「とんでいく」も「帰る」の時と同じように、ひき算になることがわかりました。

1 / 2 ページ

関連する記事

授業記事一覧

地図記号やレストランメニューで楽しく外国語【外国語15分ワークシート】

地図や地図記号など、社会科の題材と外国語を組み合わせたアクティビティで、 友達と交流する活動を具体的に提案します。また、身近な食べ物のメニューで文字だけの情報を…

【指導計画】6年算数 比例と反比例(2)―反比例―

6年生算数の授業アイディアです。2つの量の変わり方に興味を持ち、表を使ってその関係を調べ、反比例の意味について理解できるようにします。

2019/10/23

【指導計画】1年体育・跳の運動遊び「楽しくジャン ジャン ジャンプ」

小学1年生の体育、ジャンプの運動遊びを紹介します。跳の運動遊びでは、助走をつけ、片足で踏み切って前方や上方に跳んだり、片足や両足で連続して跳んだりする中で、運動…

2019/10/22

「数学的な見方・考え方」が「深い学び」のカギ【算数・小三小四】

新学習指導要領で示された「主体的・対話的で深い学び」というキーワードの中で、特にイメージしづらいのが、「深い学び」。小三・小四の算数では、「数学的な見方・考え方…

二学期後半突入!ここで見直す小四社会の授業づくり

二学期に入り、今年度もいよいよ後半。年度はじめに描いた社会科の「授業づくり」について、このタイミングでしっかり見直して修正し、高学年に向けて積み残しのないように…

2019/10/21

【指導計画】6年算数 比例と反比例(1)―比例―

比例の性質を活用して、指定された画用紙の枚数を用意する方法を考え、説明できるようにします。

2019/10/20

【指導計画】4年体育 走・跳の運動(小型ハードル走)リズムに乗って、ピューン!ランラン!

小学校4年生の体育、走・跳の運動(小型ハードル走)を紹介します。中学年の走・跳の運動(小型ハードル走)は、低学年の走・跳の運動遊びの経験を生かし、やや高くなった…

2019/10/19

【指導計画】6年算数 資料の調べ方(2)-散らばりの様子-

2つの小屋のニワトリがそれぞれ産んだ複数の卵の重さについて、数直線を使えば散らばり具合いがよくわかることに気づくようにします。

2019/10/18

【指導計画】6年算数 資料の調べ方(1)-平均-

小六算数の「資料の調べ方」の単元の指導アイディアです。2つの小屋のニワトリがそれぞれ産んだ複数の卵の重さを記録した表から、平均で比べることのよさを実感できるよう…

2019/10/17

保護者の心をがっちり!授業参観の魅せるテクニック

授業参観で通常の授業を行うだけでは、手を挙げて発言する積極的な子どもの活躍しか見せることができません。保護者が見たい我が子の姿を見せられる、保護者からの信頼を得…

もっと見る