小4社会「郷土の発展に尽くす」(見沼代用水の開発)指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県公立小学校主幹教諭・小髙正治
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登

目標

当時の世の中の課題や人々の願いなどに着目して、見学・調査したり地図などの資料で調べたりして、年表などにまとめ、地域の発展に尽くした先人の具体的事例を捉え、先人の働きを考え、表現することを通して、地域の発展に尽くした先人は、さまざまな苦心や努力により、当時の人々の生活の向上に貢献したことを理解できるようにする。

学習の流れ(10時間扱い)

問題をつくる(2時間)

○ 当時の人々のくらしや願い、60㎞にもわたる見沼代用水が造られた事実を関連付けて話し合い、学習問題をつくる。

<学習問題>
井沢弥惣兵衛は、どのようにして、見沼代用水を造ったのだろうか。

追究する(6時間)

○ 井沢弥惣兵衛の業績について調べる。
○ 用水の工事の様子について調べる。
○ 見沼田んぼの開発によって、当時の人々の生活の変化について調べる。

まとめる(2時間)

○ 地域の人々の願いや工夫、地域のよりよい発展について話し合い、学習問題に対する自分の考えをまとめ、話し合う。

導入の工夫

利根川からさいたま市見沼までの約60㎞にわたる用水を井沢弥惣兵衛が造ったことに焦点を当て、疑問に思ったことを話し合うようにします。

第1時: 見沼代用水の流れを白地図に着色し、用水の長さを捉える。見沼代用水の開発により、見沼ため井が見沼田んぼに変わったことに気付く。当時の人々の生活の様子や願いについて知る。

第2時: 見沼代用水を井沢弥惣兵衛が中心に開発したことを知り、疑問に思ったことを話し合い、学習問題をつくる。

見沼代用水の流れ(地図)

見沼代用水は、利根川からさいたま市見沼までの約60㎞にもわたって造られた用水(農業のために造られた人工の川)なんだね。

井沢弥惣兵衛と見沼代用水の変遷

井沢弥惣兵衛さんが中心となって、機械のない時代に見沼代用水を造りました。疑問に思ったことはありませんか。

どうやって造ったのかな。どれくらいの時間かかったのかな。

どんな道具を使ったのかな。

問題をつくる(1、2/10時間)

見沼代用水の流れを白地図に着色し、井沢弥惣兵衛が開発した用水の長さを捉え、疑問に思ったことを話し合い、学習問題をつくります。

学習問題
井沢弥惣兵衛は、どのようにして、見沼代用水を造ったのだろうか。

学習問題に対する予想をしてみましょう。

<どのようにして>
・人々で分担して造った。
・交代で造った。
・みんなの道具を集めて造った。などなど

調べる(5/10時間)

見沼代用水の工事の様子について、実物資料やゲストティーチャーを活用し調べます。

対話的な学びの工夫

見沼代用水の工事の様子について、子供が問いをもって「実物資料」や「ゲストティーチャー」を活用して調べられるように、問いを明確にしたり、時間と場を設定したりします。

用水の工事はどのように行われたのでしょうか。

いろいろな道具を使ったみたいだね。

実物資料から学ぶ
・校内にある資料
・地域の資料館、博物館の資料 など

用水の工事に使われた道具たち

・じょれん…土砂をかきよせる。
・もっこ……石や土を運ぶ。
・くわ………土を掘り起こす。
・すき………土を直線状に切り出す。
・たたき板…土をたたいて固める。
・四人づき…土をたたいて固める。

井沢弥惣兵衛がどのように見沼代用水を造ったのか、調べて解決しきれなかったことをゲストティーチャーに聞いてみましょう。

ゲストティーチャーから学ぶ
・地域に詳しい方
・資料館・博物館の方
・土地改良区の方   など

ゲストティーチャー

『水盛器などで土地の正確な高さを測ったそうです。夜には「ちょうちん」や「花火」を使って、水路を掘る方向を確認したと言われています。用水は、もともとある川を利用しています。 』

ゲストティーチャーを招く場合は、事前に学習のねらいについて打ち合わせをし、話してもらう内容と時間の確認をしておくことが重要です。ゲストティーチャーとの学習後、子供が新たな疑問をもった場合は、後日連絡することを伝えます。また、子供がお礼のメッセージを書くなどゲストティーチャーに対する配慮もあるとよいですね。
※教師は、コーディネーターとしての役割を果たします。

単元づくりのポイント

問題をつくる段階では、当時の世の中の課題や人々の願いに着目させ、問いを見いだすことができるようにします。調べる段階では、見学、実物資料、図書資料、インターネット、ゲストティーチャーなどから問いを解決します。まとめる段階では、「人々の願い」があり、「用水」や「新田」を開発し、地域が発展していったことについて考え、表現する活動を行います。

※学習活動の実施に当たっては、新型コロナウイルス感染症に関わる各自治体の対応方針を踏まえるなど、子供の安全確保に向けて十分配慮することが必要です。


イラスト/横井智美、佐藤雅枝

『教育技術 小三小四』2020年11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号