教育委員会のイメージ調査にご協力ください!【抽選でプレゼントあり】

みんなの教育技術編集部では、教育委員会へ異動となった女性教師が主人公のマンガ「闘う!!教育委員会」(マンガ/森本一樹、原案/番場美雅朗)を企画しています。

そこで、ユーザーの皆様の、「教育委員会」についての「率直な」イメージをお聞かせいただきたいと思います!

抽選で3名様に5000円の図書カードネットギフトをプレゼント!
あたったら、研究に役立ててくださいね。

闘う!!教育委員会アイキャッチ

教育委員会事務局と管理職を務めた原案者によるマメ知識が満載

原案者の番場美雅朗(ばんば・びがろう)氏は、小さな地方都市で教育委員会事務局と管理職の両方を務めた経験があります。教育委員会事務局と教育現場の実態、どちらも知りつくしているだけに、教育現場の実情と教育委員会とのリアルなやりとり、教育委員会っていったい何をしているところなの? という、現場教師にあまり知られていないお仕事の実態を楽しく知ることができます。

マンガ/森本一樹

マンガは、『小学館版学習まんが少年少女日本の歴史』シリーズなどで活躍する森本一樹氏。原案のアイデアを、リアルなエピソードをベースに痛快なエンタメ作品として描きます。

ストーリー

同僚や子供からの信頼も厚い中堅教師の海原ちさと(30)は、突如校長から退職届を渡され、教育委員会の世界でゼロから出直してこいと言われます。

普段は常識人のように振る舞っているちさとですが、実は燃えたぎる闘志を胸に秘めた女性(プロレス好き)。

ちさとが教育委員会という場所でまず知ったのは、こんなことまで教育委員会の仕事なの⁉︎ という、世間のイメージとのギャップ。そして、教育委員会という場所から俯瞰して眺めたからこそ気づいた、教育現場が抱える本音と建前。

そんな中でもいつだって「それは本当に教育の本質なのか?」という問いを持ち続け、闘っていきます。

近くて遠い職場、教育委員会のがんばりを知ってほしい
ー原案者よりメッセージー

みなさんは教育委員会に、どんな印象を持っていますか?

「年に1回、授業を見に来て、偉そうなことを言って帰っていく。現場や子どものこと、よく知らないくせに…」

「〇月〇日まで報告書を提出してください・・・と、目の前の子どもたちと直接関係の無さそうな仕事を増やしてくる。ただでさえ時間が無くて忙しいのに…」

概ねこんな感じではないでしょうか? 
あまりいい印象は出てこないと思います。私も若い頃はそうでしたから。

でも、実際の教育委員会事務局に勤務することになって認識が変わりました。書類の提出一つにも意味がありました。そして、私が思っていた以上に、子どもたちのために多種多様な仕事を行っていました。そんな教育委員会事務局のがんばりを、まず先生方に、そして、世間に知ってもらいたいと思いました。それが、この漫画の原案を思いついたきっかけです。

先生方にとって、教育員会事務局の仕事を知ることは、現場の実践を行う上で、必ずプラスになります。本連載では、全国津々浦々でがんばっている教育委員会事務局のお仕事の実態を、エンタメのほど良いスパイスをふりかけ、美味しく味わえるように仕上げています。ぜひ連載開始を楽しみにしていてください!

番場美雅朗

たくさんのご応募、お待ちしています!!

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

教育技術誌

その他のコンテンツ

雑誌最新号