小1国語「かたかなを みつけよう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「かたかなを みつけよう」(光村図書 一年上)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)ウ 〔思考力、判断力、表現力等〕B(1) ウ
言語活動:B(2)ア

執筆/茨城大学教育学部附属小学校教諭・菅原慎也
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈、茨城県公立小学校校長・橋本浩志

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元は、一年生にとって片仮名と出合う最初の国語の学習です。生活のなかで何気なく見ている片仮名という文字を意識的に見ていくことで、どんな語を片仮名で書くのかということも考えられるようにしましょう。

〔知識及び技能〕では「片仮名を読み、書くとともに、片仮名の長音、拗音、促音、撥音などの表記を理解して文や文章の中で使うこと」を、〔思考力、判断力、表現力等〕では「語と語の続き方に注意しながら、短い文を書くこと」を位置付けます。

②言語活動とその特徴

本単元では、何文字かの片仮名の読み書きを習得すると同時に、楽しんで片仮名探しをしながら、身近にたくさんの片仮名で書く言葉があることに気付くことができるようにします。

そこで、「いつも生活する教室のなかから片仮名表記されているものや、給食のメニューから片仮名表記されているものを見付け、友達にクイズを出し合う」言語活動を設定します。

単元を通して、平仮名五十音図と片仮名五十音図を掲示し、子供たちがいつでも平仮名と関連させながら片仮名を学ぶことができるようにします。教材文には「食事の場面」を例に、身近なところに隠れている片仮名を紹介しています。

子供にとって身近な場面や場所をいろいろと設定することで、子供たちが興味をもって多くの片仮名に触れることができます。

単元の展開(3時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①片仮名をどのようなときに目にするか考える。
→アイデア1 主体的な学び

②教科書の「片仮名を みつけよう」を音読する。

【学習課題】片仮名を 見付けて あそぼう。

第二次(2時)

③給食のメニューから片仮名を見付ける。

④見付けた片仮名を友達と伝え合う。
→アイデア2 対話的な学び

第三次(6時)

⑤見付けた片仮名をさらに友達と伝え合う。

⑥片仮名の語彙を集めるゲームを行う。
→アイデア3 深い学び

⑦ゲームで使った片仮名をカードに書く。

アイデア1 身の回りの片仮名を探す

主体的な学び

片仮名五十音図を提示し、どのような場面で(ときに)、図のような文字を見ることがあるか考え、意見を出し合います。そうすることで、どのような場所で、どのようなときに片仮名が使われているかという課題意識をもつことができるでしょう。

また、「教室のなかにある片仮名を探してみよう」と課題を投げかけることで、子供たちが積極的に片仮名を見付ける手立てにもなるでしょう。見付けた片仮名は、指文字で練習したり、ノートに書いたりして、発見した喜びを実感できるようにすると、片仮名を書く力にも結び付いていくでしょう。

▼板書例

板書例

僕は、テレビを見付けたよ。

先生の机の上にセロハンテープがあるよ。これって片仮名で書くよね。

いつも朝の会で歌を歌うときに、使っている機械は、片仮名で書けるかな。

CDプレイヤーって言うんだよ。

アイデア2 片仮名当てゲームをする

対話的な学び

給食のメニューから片仮名を探す活動を行います。自分たちに配付されるお便りから片仮名を探すことで、身近な文字であることに気付くきっかけとなるはずです。片仮名の言葉を見付けたら、隣の席の友達と片仮名当てゲームを行いましょう。手順は次のとおりです。

  1. 献立表に書いてある給食のメニューから片仮名を探します。
  2. 二人組になり、問題を出す人が前に立ち、答える人が後ろに立ちます。
  3. 問題を出す人は、見付けた片仮名の言葉を指文字で空書きします。
  4. 答える人は、相手の利き手側(空書きが見える位置)に立ち、なんと書かれているか、片仮名五十音表を見ながら考え、相手の子に伝えます。
  5. 答えてもらったものが合っているか、確認してあげます。
  6. 問題を出す人を交替して、繰り返しゲームを行います。
片仮名当てゲーム

最初は「コ」って書いている気がするな。

分かったよ。コーンスープって書いたと思うな。

正解だよ。伸ばすときは「ー」を使うんだね。

ゲームをするなかで、気付いたことを共有する時間を設けましょう。伸ばす音のときに「ー」を使うことや、似ている片仮名があることに気付いたりした場合には、取り上げることで、片仮名の特徴を押さえることができるでしょう。

片仮名を友達の背中に書いてみて、気付いたことはありましたか。

「コーン」って平仮名で書くときは「こおん」って書くのに、片仮名だと「ー」で書いていることに気付きました。

「シ」と「ツ」、「ソ」と「ン」が似ていて、うまく伝わりませんでした。

アイデア3 片仮名カルタ作りで片仮名集めをする

深い学び

配付物などを見て片仮名を見付ける活動を行った後は、シチュエーションを決めて、その場面(とき)からどんな片仮名が隠れているか連想して見付けるゲームをしましょう。例えば、「食事」というお題を出します。「食事のときに使う物で、片仮名を使っているものはありますか」と子供たちに問いかけます。

「フォーク」「スプーン」「テーブル」など身近な物に視点を当てていくことで、片仮名言葉を増やしていくことができるでしょう。出てきた言葉をカルタにすることで、片仮名を使った短文を作る応用力も身に付けることができるでしょう。語彙を広げるために、作ったカルタカードを使って、カルタ大会を行ってもよいでしょう。

食事のときに使う物で、片仮名を使っている物はなんでしょう。

カレーを食べるときはスプーンを使うよ。

料理をするときには、フライパンを使うよ。

今、出てきた片仮名を使って、カルタを作ってみましょう。どんな文が作れるでしょう。

「スプーンを使ってカレーを食べる」ってさっき言っていた言葉通りでもいいのかな。

「フライパンで料理をする」にしようかな。カードに絵を描いたら、カルタゲームをするときに取りやすいかな。

▼カルタカード

カルタカード

一人で五十音のカードを貯めるのではなく、グループで行うことを念頭にするとよいでしょう。また、同じ頭文字で何枚も貯まってもよいことを伝え、多くの片仮名言葉に触れられるようにしましょう。

イラスト/川野郁代 横井智美

『教育技術 小一小二』2020年9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号