• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

クラス一丸!学級づくりに役立つ「春の運動会」アイディア集

2019/4/22

運動会
写真/金川秀人

まだまとまりきらない子供たちを上手に指導して、 クラス一丸となって運動会に向かわせたいもの。練習時から本番まで手軽にできるアイディアを紹介します。

監修/東京都「学級づくり」研究会

中学年に対する運動会の指導ポイント

ポイント①:集合のしかたを含め、導入時に叱らない工夫をする

なかなか集合しない、話を聞いてくれないような場合、「静かにしろ」「遅い!」「集中しろ」などと叱ってばかりでは、練習に対する意欲も下がります。特に練習に入る導入は重要。教師も子供も笑顔で楽しく練習に入るように工夫しましょう。

例えば、競技によって集合の場所をそれぞれ決め、その日に集合する場所を子供たちに予想させてみる。集合したらすぐに楽しいゲームをするなど、集合のしかたをパターン化し、集合するのが楽しみになるような工夫を取り入れたいものです。

ポイント②:安全性について子供に考えさせる

中学年になったら、どうすれば安全に取り組めるか、子供たち自身で考えられるような指導も重要です。練習内容を切り替えるタイミングで、「今日の競技の安全ポイントは?」などと問いかけ、気を付ける場所や動きを考えさせ、なぜ気を付けるべきなのか、理由とともに発表させるのもよいでしょう。

ポイント③:練習の流れを視覚化し見通しをもたせる

子供たちが練習中に勝手なことばかりする原因の多くは、その日にすることの見通しがもてていないことです。練習の前に必ず練習の流れを簡潔に伝えてから、スタートしましょう。「今日の練習のポイントはコレだよ」と、フリップなどを使って視覚化すると、より分かりやすくなります。

ポイント④:運動会の体験をその後の学級経営に生かす

運動会では、練習から本番までその経験をその後の学級経営にどう生かすか、意識しながら取り組みたいものです。クラスの実態に合わせて、運動会の体験を子供の中にどう残し、どう成長させたいのかを考え、練習に取り組みましょう。

おとなしいクラスであれば、自分の思いを友達に伝えられるようになるという目標を立てたり、まとまりのないクラスであれば、みんなで協力し合うことの楽しさに気付かせたりします。集中力のないクラスなら、集中するとこんなに伸びるということを体験させるなど、クラスをどの方向に向かわせたいのかを考えて取り組むことで、運動会がより有意義な活動となるはずです。

練習が楽しくなるアイディア

練習前に集中力を高めるサイレンス・インパルス

練習前に集中力と団結力を高める簡単なゲームを取り入れます。

全員で円になり、スタートの子が右隣の人の手をギュッと握ります。手を握られた人は、また右隣の人の手を握ります。1周して最後に手を握られた人は、「来たー!」と大声で合図をします。1周するタイムを短縮することを目標にして何度か取り組ませると、さらに集中力がアップ! 基本的に最後の子供以外は声を出さずに静かに取り組むゲームなので、「静かに!」などと叱る場面もなく、子供たちのやる気を維持したままスムーズに練習に入ることができます。

子ども「キター!」
先生「前回よりも2秒早いよ!」
イラスト/宇和島太郎

練習前にその日のMVPを表彰する

MVPというと、最後に最も活躍した人に贈られる勲章というイメージがありますが、あえて練習前に、「先生が今日一番期待している人」という位置付けでMVPを発表します。

表彰理由は、「前日しっかりと話を聞いていた」「片付けをがんばっていた」など、前日の様子を思い出して価値付けします。特に、教師がその日にみんなにがんばってほしいことをテーマに選ぶとよいでしょう。練習前に価値付けされることで、そういった行動が認められるなら自分もがんばろう、と思わせることがポイントです。

先生「今日のMVPはAさん。昨日しっかり片付けしてくれたから。今日も期待してるよ!」
イラスト/宇和島太郎

日めくりカレンダーで目標を可視化する

クラスの人数分に1枚分をプラスした紙を用意し、日めくりカレンダーを作ります(32人のクラスなら33枚分)。カレンダーには運動会までの日数と、「今日の一言」という欄を設け、一人ひとり目標を書いてもらいます。最後の1枚には、先生からのメッセージを記入。目標は、運動会で自分が一番大事にしたいことを書いてもらいますが、できるだけみんなと違うことを書くように伝えます。

カレンダーは、毎日朝の会にはがし、「今日の一言」を書いた子が、自分の目標を発表。はがしたカレンダーは教室の後ろに並べて掲示します。

運動会日めくりカレンダー
イラスト/宇和島太郎

本番を盛り上げるアイディア

みんなの思いを込めた学級旗で応援

クラス全員でオリジナルの学級旗を作ります。模造紙を用意し、旗の上部もしくは中心には、クラス目標を大きく書き入れます。さらに、いろいろな絵の具でクラス全員の手形を押し、乾いたら手形の上に、一人ひとりの目標や運動会に対する意気込みを書きます。手の形のシールを作り、それぞれ目標を書いて模造紙や新聞紙に貼るのもよいでしょう。この学級旗は、運動会後のふり返りにも活用できます。運動会後に旗を掲示し、自分が書いた目標をそれぞれふり返らせ、先生が一つ一つの手形に花丸をしてあげましょう。

手形のオリジナル学級旗
イラスト/宇和島太郎

オリジナルのかけ声で応援を盛り上げる

クラスみんなでオリジナルのかけ声を考え、応援を盛り上げます。手拍子を入れたり、替え歌をつくったりするのもよいでしょう。

かけ声は、必ず練習の時から取り入れるようにしましょう。本番だけかけ声を入れると、緊張してしまったり、調子を崩してしまったりすることがあります。練習の時から全員で繰り返しかけ声をかけ合うことで、団結力も高まり、さらに本番の日も、練習の時と同じ気持ちで平常心を保ったまま競技に取り組むことができます。

子ども「白組~」「ファイト、ファイト、ゴー!」
イラスト/宇和島太郎

ジェスチャーで気持ちを伝える

クラスの代表だけが競技するリレーなどでは、離れた場所から応援を届けることになります。「落ち着いて!」「がんばって!」「もう少し!」など、気持ちを伝えるサインを考え、遠くにいる子に体を使ってメッセージを送るのもお薦めです。体を大きく使ったジェスチャーや紅白帽を使ったサインをみんなで考えて練習しておきましょう。一人ひとりサインを送るだけでなく、みんなで一斉に盛り上げたいときには、タイミングを決めて、全員でウェーブを送るのもよいでしょう。

応援の子ども『ファイト~』『緊張しないで』
選手の子ども『緊張しないで……だね。よし、かんばる!」
イラスト/宇和島太郎

取材・文/出浦文絵
『教育技術 小三小四』 2019年5月号より

関連する記事

行事記事一覧

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

学習発表会を子供と創る!学芸会の劇指導

芸術の秋です。この時期、学芸会を開く小学校も多いのではないでしょうか。本誌連載「特別活動のすべて」が好評の清水弘美先生が、はじめての学芸会での劇の準備や対策につ…

【セミナー動画】子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉県組体操協会・戸田克)

7月に開催された「全国組体操研究発表会in東京」のセミナーを動画でお届けします。『いまこそ安全!組体操 ~「高さ」から「広がり」へ!新技50~』(小社刊)などの…

スポーツの秋におすすめ! 「運動遊び」でケガを防ぐ!

運動会、マラソン大会など、二学期はスポーツ行事が多い時期。いつも以上に子供のケガに注意したいものです。子供のケガを防ぐためには、まずケガをしにくい身体をつくるこ…

校外学習等ネタコレクション
【校外学習&バスレク等】活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

全校遠足で、最高学年の自覚と思いやりを育てよう!

秋の遠足を異年齢グループで行う小学校は少なくありません。1年生から6年生の子どもたちで「たてわり班」をつくり、校外に出かけ、ウォークラリーをします。どのような準…

友達や下学年と絆を深める修学旅行

6年生の子どもたちにとって、一番の思い出になるであろう修学旅行。指導者としてねらいをもち、年間の学習の中に位置づけ、学級活動で子どもたちと一緒にめあてを決めて取…

もっと見る