小2算数「かけ算(2)」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭・鬼丸舞
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、福岡教育大学教授・清水紀宏

小2算数「かけ算(2)」指導アイデア

本時のねらいと評価規準

[本時5/16]

ねらい
既習事項を基にして、7の段の九九の構成の仕方を考える。

評価規準
7の段の九九の構成の仕方を考え、表現している。[数学的な考え方]

問題場面

7のだんの九九を、7×1からじゅんにつくりましょう。

問題場面

6の段の九九は、どのようにしてつくりましたか。

1つ前の答えに6をたしていきました。

(アレイ図を提示しながら)今日は、7の段の九九をつくりましょう。6の段の九九と同じように考えることができますか。

できます。

1つ前の答えに7をたしていけばよいと思います。

まず、問題場面と一緒にアレイ図を提示し、本時に7の段の九九をつくることをつかませます。次に、前時の6の段の九九を構成したときのことを想起させます。ノートを見返したり、前時に板書等で使用した図などを掲示したりするとよいでしょう。そして、1つ前の答えに7をたすという見通しをもとに、7の段の九九をつくるという学習課題につなげていきます。

本時の学習のねらい

今までの学習をいかして、7のだんの九九の答えを見つけよう。

自力解決の様子

A つまずいている子
7の段の九九の答えを出すことができていない。

B 素朴に解いている子
1つ前の答えに7をたして、7の段の九九を完成することができている。

C ねらい通りに解いている子
分配法則や交換法則を活用して、7の段の九九の答えを工夫して導いている。

Aの子どもには、アレイ図を使いながら、7×2が7の2つ分であり、7+7で求めることができること、7×3が7の3つ分であり、7+7+7または7×2に7をたすことで求められることを確認し、7×4などの続きのかけ算を考えるよう促しましょう。少人数の交流を位置付けて、考え方を話し合う場面を設定することも考えられます。Bの子どもには、7の段の九九をつくる方法がほかにもないか考えさせましょう。Cのように分配法則を活用した子どもには、図と、図が表す式をノートに書かせるとともに、ほかの分け方を考えさせましょう。また、交換法則を活用した子どもには、ほかのかけ算についても考えさせましょう。

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

子どもの多様な考えとして、「①同数累加でもとめる方法」「②1つ前の答えに7をたす方法」 「③分配法則(例:2の段と5の段に分けて、それらをたす)を活用する方法」「④交換法則を活用する方法」があります。乗法九九の構成の学習では①や②を基本としつつ、③や④についても子どもに発表させ、本時の学習のまとめへとつなげていきます。

全体交流の場面では、言葉や式、図などを用いて発表させることを大切にしましょう。また、子ども同士で繰り返し説明し合ったり、分担をして説明させたりして理解を深めていきましょう。

〇〇さんは、7×3をこのように考えました。〇〇さんの考え 方が分かる人はいますか。

この線で5×3と2×3に分けたのだと思います。

全体発表での〇〇さんの考え方

この線で分けたら、5×3と2×3になるわけをもう少し詳しく説明できますか。

全体発表での〇〇さんの考え方2

5個ずつが3つ分と、2個ずつが3つ分になります。

5×3と2×3の答えをたすと、7×3になります。

ほかの分け方も考えられますか。

ノート例

ノート例
クリックすると別ウィンドウで開きます

本時のまとめ

かけられる数をわけたりこうかんしたりして計算して、7のだんを計算することができる。

評価問題

1台に7人ずつのれる車があります。5台で何人のりますか。

評価問題

期待する解答例

しき 7×5
3のだんと4のだんに分けます。
3×5=15 
4×5=20
15+20=35
だから、7×5= 35 になります。

評価問題では、7の段の九九の適用問題を行います。7人ずつが5つ分を、板書で視覚的に押さえ、7×5と式を立てることができるように支援しましょう。計算の仕方については、上の①~④のどの方法を使うかを選択させて、ノートに書かせましょう。

感想例

7を2の段と5の段に分けて計算できることを、はじめて知りました。


イラス/コダシマアコ、横井智美

『教育技術 小一小二』2019年11月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号