• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

特別活動・学校経営で成功させる運動会

2019/4/4

運動会は学校全体の団結力、学校経営力を発揮する場でもあります。運動会の準備段階では特別活動をフルに活かして、全校が一丸となった催しになるよう、学校全体で取り組むことが望ましいです。特別活動に詳しい、東京都八王子市立公立小学校・吉井貴彦先生に、特活の力を活かした運動会についてアドバイスいただきました。

写真/高野宏治

児童会ではスローガン募集がおすすめ

〇児童会(代表委員会)

児童会(代表委員会)では、全校児童に向けてスローガンを募集しています。

昇降口にポストを設置し、スローガンに込めたい思いや、キーワードを書いてもらい、その言葉をつなぎ合わせて作成しています。

スローガンは長文になり、飾ってあるだけ、プログラムに載っているだけになりがちです。そこで、あいうえお作文のように学校名等の頭文字を取ったり、掛け声調にし応援歌に入れたりするなどして、児童が覚え、意識できるようにすることが大切です。

〇図書委員会・広報委員会

また、図書委員会では、運動会コーナーを設置して運動会を舞台にした絵本を紹介したり、広報委員会では、運動会特集新聞を作成して各学年の児童にインタビューを行い、表現種目の見どころなどを取材したりしています。

応援団で連帯感・自治性を伸ばす

所属校では。東京オリンピック・パラリンピック教育の一環として、「聖火リレー」を採り入れています。また、応援団に所属する児童の保護者に「応援団だより」を発行し、児童の学校での活躍を伝えています。

次に指導の実際を示します。

○応援団オリエンテーション

最初の打ち合わせで、応援団の意義やよさを伝えるために、「応援団の心得シート」を作成し、活動内容等を確認しています。

また、当日までの見通しがもてるように、「運動会カレンダー」を作成し、児童が予定を書き込めるようにしています。さらに、応援団経験者からどんな応援団にしていきたいかを伝えたり、卒業生からのメッセージなどを聞いたりして、自身のめあてを自己決定できるようにしています。

特に大切にしていることは「学校生活に生かすこと」です。応援団たるもの、宿題や授業態度はもちろんのこと、どんな場所であっても応援団としてあるべき姿を示し、学校生活がよりよく改善されるように指導しています。

○団長オーディション

団長の立候補を募り、意気込みやこれまでの生活態度を鑑みて、団長・副団長を決定します。大切にしていることは、団長になれなかった児童のフォローです。「立候補した時点で、団長として見ているよ」と声を掛け、一人ひとりに役割を与え、意欲付けをしています。

リーフレット作成でゴールイメージをもたせる

リーフレットの作成のねらいと振り返り 学級活動⑵で「運動会に向けて」の授業を行い、運動会後にどうなっていたいかゴールイメージをもたせ、自身のめあてを自己決定させています。

発達段階に合わせためあてカードを作成し、週ごとにめあてをたてたり、日々の練習後に振り返りを書いたりして、今回の練習が次回の練習につながるようにしています。振り返りの視点として4つを示します。

  • 自分のよかったところ(前回と比べて)
  • 友達のよかったところ
  • 集団としてよかったところ
  • 次への課題、目標

リーフレットの活用により、全体指導だけでは気付かない一人ひとりの頑張りを知れたり、励ましたりすることができ、コメントを入れることで、きめ細やかに個別指導ができます。

『小四教育技術』2017年9月号より

関連する記事

行事記事一覧

沼田晶弘

運動会は自己効力感を高めるチャンス!【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、運動会ですべての子どもが活躍できるテクニックを教えてくれました。 目…

4年3組学級経営

4年3組学級経営物語(5)

5月②「絆づくり」にレッツ・トライだ!」 文/濱川昌人(よりよい学級経営を考える大阪教師の会)絵/伊原シゲカツ 新任で4年3組を任されることになった渡来勉先生。…

2019/5/16

宿泊学習で心がける安全指導とは?

子どもたちの学校の思い出ランキング上位の宿泊学習。ねらいの再確認や安全対策など、指導者が配慮すべきことは沢山あります。今回は、福岡教育大学教職大学院教授の脇田哲…

2019/5/13

主体的・対話的で深い学びの実践例

「主体的・対話的で深い学び」の実践例・運動会準備編

新学習指導要領にある「主体的・対話的で深い学び」の視点から、授業改善に取り組む学校は多いと思います。しかし、これはなかなか難しい課題でもあります。神奈川県横須賀…

組体操の練習 待たせない指導が大事

運動会の練習は、大型連休明けや夏休み明けなど、子どもの生活が学校生活のリズムに戻っていないときに行うことが多いです。時期を考慮して、「順番を覚えるのは、特別教室…

4年3組学級経営物語(4)

5月①「仲間づくり」にレッツ・トライだ! 文/濱川昌人(よりよい学級経営を考える大阪教師の会)絵/伊原シゲカツ 4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トラ…

クラス一丸!学級づくりに役立つ「春の運動会」アイディア集

まだまとまりきらない子供たちを上手に指導して、 クラス一丸となって運動会に向かわせたいもの。練習時から本番まで手軽にできるアイディアを紹介します。 監修/東京都…

DJシュウ

ラジオDJレモンさん推薦! 運動会演出BGMベストセレクション

運動会のBGMはどうしてもマンネリになりがち。そこで“レモンさん”でおなじみのDJ山本シュウさんが、子どもも保護者も盛り上がる運動会におすすめの曲を紹介します。…

2019/4/19

一年生にもきちんと伝わる 運動会の指示出しスキル

学級づくりが始まったばかりの 4 月から、春の運動会のある学校は準備開始です。入学したばかりの一年生は、トイレの使い方から給食の食べ方、登下校のルール、さらには…

保護者と信頼関係をつくる第一歩! 家庭訪問を成功させるポイント

通学路を確認したり、各家庭の雰囲気を知ることができる家庭訪問。保護者との信頼関係を築けるような実りあるものにしたいですよね。そのために、準備や話すべき内容などの…

もっと見る