• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

2019/11/8

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は一年生の保護者を対象にした、学芸会と遠足はこうあるべき! と道しるべになるアンケートの結果をご紹介します。

執筆/大阪府公立小学校・日野英之

学芸会
イラスト/畠山きょうこ

だめな学芸会の原因とは・・・!?

どんな学芸会は嫌ですか?

その他にはこんな意見も・・・

昔はなかった「全員主役劇」!

自然や平和などのメッセージ性が強いものは嫌だ。

楽器が少ない!指揮の先生だけがノッている。

回答内容に一貫性がなさそうですが、その後に続く言葉につながりがあります。

「子どものやる気が伝わらない」です。

演目から配役まですべて教師が決めてしまっては、子どもたちにとって「やらされている」気持ちが強くなるのは当然のこと。子どもをやる気にさせるにはどうすればよいのでしょう。ポイントは、子どもの「選択・決定」の場面を増やし、「自分が選んだ」「自分で決めた」という思いを抱かせることです。

子どもに「選択・決定」を!

子どもに選択・決定させる主な項目

題材:合唱・合奏、ダンス、劇、発表会など
言葉・動き:歌詞、セリフ、フリなどの一部(長さは子どもの実態に合わせて)
道具:衣装、楽器、小道具、BGMなど

子どもが意志を示す場面を取り入れることで、「したい・見せたい」という前向きな気持ちになります。その意欲が「やる気」となって表現に表れます。「選択・決定」を大切に子どもの「やる気」の見える学芸会にしましょう!

校外学習は「非日常」をテーマに

皆さんが考える理想の遠足は?

「非日常」を味わわせてほしい。そんな思いが強いようです。しかし、極端に遠い場所へ連れていくなど、体力的に無理をさせるのも難しいです。特別なことでなく、少しの「非日常」を生み出すことを心がけましょう。

移動
日頃使わない交通手段(電車など)を利用してみましょう!(マナーの点もしっかり指導を)

グループタイム
動物園で、前半はみんなと一緒に見学、後半はグループ毎にスタンプラリーをするのはいかがでしょう。子どもだけで行動する機会は家庭でもあまりないはず。範囲を限定して、安心・安全に取り組ませてみましょう。

先生も楽しむ
先生も思いっきり楽しみましょう。普段見せない〝楽しむ(はしゃぐ)〟先生の姿は子どもたちにとって何よりの「非日常」かもしれません。

『小一教育技術』2017年11月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『学校行事のアイディア』の記事一覧

卒業証書作成
小学校卒業までのカウントダウン~スケジュール管理とプロジェクト作成

卒業まで2か月あまりとなった1月。まさに今、卒業までの見通しをもち、タイムスケジュール管理を意識していくことが求められます。今から何を準備して、カウントダウンし…

記憶に残る「六送会&一迎会」を実践するには?成功ポイントを伝授

「六年生を送る会」や「一年生を迎える会」のために、教科の授業時数を減らしてまで練習をするのは、本末転倒。とはいえ、「働き方改革」を意識しながら、合理的に準備をす…

六送会&一迎会の段取り術とアイディア
六送会&一迎会の知恵袋!使える楽曲、呼びかけ台本、劇とプレゼントのアイディア

忙しい三学期は、効率的に行事の準備をしたいもの。そこで、「六年生を送る会」から「一年生を迎える会」までの行事準備を効率的に行う方法を紹介します。楽曲のプレイリス…

子供の家庭環境に配慮した「二分の一成人式」指導と演出

四年生の1、2月に行われることが多い「二分の一成人式」。さまざまな家庭環境に配慮しながら、すべての子供が10年間の自分の歩みを確認し、明日の成長につなげるための…

二年生の硬筆書き初め大会指導
プロが教える書き初め大会:低学年の硬筆指導とその効用

三学期のはじめに、中高学年が行う書き初め大会にあわせ、低学年では硬筆の書き初めを行っている学校もあります。姿勢を正し、きれいな字を書くよう心がけることは、日頃の…

女性担任のための卒業式袴レンタル 知っておきたいこと

子供たちの門出を祝う卒業式の服装として、袴を選ぶ女性の先生が年々増えています。袴を着るとき押さえておきたいポイント、またレンタル事情について、「晴れ着の丸昌」常…

2019/12/24

朝会で6年生が整列を指導
整列する力を育てるための「全校朝会」ちょっとした工夫とは?

学校行事というと、大きな行事を思い浮かべがちですが、全校朝会も学校行事の1つです。新たな週の生活を頑張るぞ、という区切りの場面というだけでなく、全校の子供や教師…

2019/12/11

4年3組学級経営物語(17)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。子どもたちの熱意を伝え、西華祭の出し物を、禁止されているお化け屋敷の実施を決意し…

学習発表会を成功させよう【小四・水の大切さを考える】

「学習発表会」は、子供たちの自主性・自立心を育てるチャンスです。四年生の 舞台発表実践事例 「わたしたちのくらしと水」の本番までのスケジュールを追って、内容と指…

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

もっと見る