• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

《二学期の学級経営》「10歳の壁」について考えよう

2019/11/8

「10歳の壁」と向き合ったことがあるでしょうか? 今回はこの子どもが乗り越えなければならない「10歳の壁」について考えてみましょう。

ハードルのイメージ

「10歳の壁」とは

保護者の方から、「最近、うちの子はなんかイライラしていて、怒りっぽいんです。10歳の壁にぶつかっているんでしょうか?」と聞かれたんですが、うまく答えられなくて ……。「10歳の壁」について、教えてください!

「10歳の壁」(文部科学省は「9歳の壁」としています)とは、子どもが大人に成長するために乗り越えなければならないハードルです。

「10歳の壁」が出現するのはなぜ?

★認知や思考の面から

この時期の子どもは、具体物(例えば、おはじきなど)がなくても抽象的・論理的な思考ができるようになります。学習において高度な思考ができるようになり、少しずつ物事を客観的に見ることができるようにもなります。しかし、このような思考の発達は個人差が大きく、具体的な操作による思考に留まっている子どもも少なくありません。また、抽象的・論理的思考も十分できるわけではなく、大人と子どもの狭間にいる中途半端な時期であると言えます。

★身体の面から

また、10歳前後には、身体的にも大きく成長し、運動能力も発達します。できることが増えることによって、自己肯定感をもち始めます。半面、その発達の個人差は大きく、「できる・できない」の差は目に見える形で表れてきます。自分のことをある程度客観的に見ることができるようにもなるので、「できない」ことが分かると、自己に対する肯定的な意識をもてず、劣等感をもちやすくなります。友達との競争に負けると、「どうせ、がんばっても自分には無理!」とシラケた態度を見せるようになるのも、このためです。

★社会性の面から

社会性の面では、集団の規則を理解して活動に主体的に関わったり、自分たちでルールをつくり守ったりできるようになります。友達関係も、単なる「仲よしグループ」から「信頼できるグループ」へと変化していきます。

この頃の子どもたちは、親や先生といった大人からの評価よりも、同年代の「友達」から「自分がどのように見られるか(評価されるか)」が一番大切であると考えるようになります。そのため、先生に大勢の前でほめられることをいやがるようになることもあります。友達グループも、力関係にアンバランスが発生すると、閉鎖的な仲間集団となり、付和雷同的な行動や同調圧力が生まれ、いじめの温床になるなどの問題をはらんでいます。親や教師の目を気にしたり、秘密をもち始めたりするなど、気を付けて見ていくことが必要です。

「10歳の壁」を乗り越えるために……

以上のような様々な面での発達と、その個人差が、「10歳の壁」となっているのですね。しかし、壁を乗り越えることは、子どもにとっては「飛躍のチャンス」です。4年生の担任として、一人ひとりの発達をしっかりと見極め、次のような点について留意しながら指導を進め、子どもの「飛躍」を後押ししましょう。

① 抽象的な思考への適応を重視し、他者の視点に対する理解を深めることができるようにする。

② 自己肯定感を育成する。

③ 自他の尊重の意識や他者への思いやりの心などを育む。

④ 集団における役割の自覚や主体的な責任意識を育成する。

⑤ グループによる体験活動を実施し、実社会への興味・関心を持つきっかけをつくる。

やる気のある子ども

参考資料:「子どもの徳育に関する懇談会『審議の概要』」(文部科学省)、「子どもの『10歳の壁』とは何か?―乗りこえるための発達心理学」渡辺弥生著(光文社)

執筆/神戸松蔭女子学院大学教授・秋山麗子 イラスト/伊原シゲカツ

『小四教育技術』2017年8月号増刊より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

子供を「よく見る」とは? いつ、どこで?~5つの場づくりと3つの視点~

小学校教師は「子供をよく見よう」とよく言われます。しかし、教師の日常は非常に忙しく、ちょっとした休憩時間をとることも難しい状況。一方、「子供を見取る」ことが不十…

2020/1/18

保幼小連携&情報共有 おさえておきたい大切なポイントとは

幼稚園・保育所・こども園と小学校との引継ぎ会、情報共有会で取り入れたい実践法を俵原正仁先生が提案。お役立ちアドバイスやポイントを参考に、子どもへの愛を共有した有…

2020/1/13

三学期の総まとめにトライ!【4年3組学級経営物語20】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。どう終わらせて未来につなぐのか…。「総まとめの三学期」は、子どもたちにも教師にも…

「いじめを管理職に報告したくない」教師の心理から見えてくるもの

長年、いじめや不登校の問題に正面から向き合い続けて来た現役教師が、クラスでいじめの情報をキャッチした時に担任がすべき具体的なフローを提案。たくさんの事例と向き合…

冬休み明けの子どもが喜ぶ!小学校低学年向けのぬり絵×2【プリント配付OK】

1月は雪で遊ぶ動物たちとお正月をテーマにしたぬり絵です。 ぬり絵があると、ちょっとした隙間時間も私語の時間にせずにすみますし、クラス全体の空気が落ち着いてきます…

給食と掃除のモチベーションを上げる9つの技【♯三行教育技術 】

「みんなの教育技術」をご覧いただいている先生方からTwitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュ…

今どきの子供心をつかむ!小学3~4年へのカウンセリング術

昨今、学校教育においても、子供の人格形成やさまざまな問題解決に有効なカウンセリング心理学に基づいたアプローチが注目されています。問題を抱えている子供と関わり、子…

笑顔がはじけクラスまとまる!楽しい「言葉遊びゲーム」4つ

寒い季節は、体調不良で欠席者が増えたり、外で思い切り遊べなかったりして、子供たちはストレスがたまりがちに。そんなときにおすすめの、少人数でも楽しめる室内遊びを紹…

少人数でもOK!体を動かし楽しめる室内遊び&ゲーム5選

外で思い切り遊べなかったり、体調不良で欠席者が増えたりする寒い季節、子供たちはストレスがたまりがちに。そんなときにうってつけの、少人数でも楽しめる室内遊びの紹介…

保護者に好評!上手な「学級だより・学年だより」の作り方

学級だより・学年だより(学級通信・学年通信)は、保護者の理解や協力を得るために、定期的に発行しておきたいものです。頻繁に学級だよりを書く先生は、毎週のように作成…

もっと見る