手書き卒業文集は、ひらがなの書き方確認から始めよう!【卒業文集の指導①】

連載
松下隼司の笑って!!エヴリディ
特集
卒業特集ー6担初心者もこれで安心!ー 
関連タグ

松下隼司

6年生にもなると、書き文字に、独特なくせを身に付けている子どもも少なくないでしょう。それも個性かもしれませんが、読み手に伝わりづらいような文字は正しておきたいものです。そこで今回は、ひらがなの正しい書き方を楽しくおさらいするアイデアを紹介します。小学校の卒業文集の文章は美しく手書きして、より一層、思い出深いものにできるといいですね!

劇団俳優を経て、公立小学校の教壇へ。得意のダンス指導で日本一になったり、絵本作家にチャレンジしたりと、精力的な毎日を過ごす松下隼司先生。その教育観の底には、子どもも指導者も毎日楽しく、笑顔でありたいという願いがあるそうです。そんな松下先生から、笑顔のおすそわけをしてもらうコーナーです。

指導/大阪府公立小学校教諭・松下隼司

独特なくせのあるひらがな

手書きで卒業文集を書く場合、大切な事前指導があります。

それは、下書き前に、ひらがなの確認をすることです。

ひらがなを正しくきれいに書くのは、意外と難しいものです。ひらがなは、1年生から学習してきている分、そして漢字よりも普段から書き慣れている分、独特なくせが染みついています。漢字嫌いで、ひらがなばかり書く子どももいるでしょう。

例えば、次のようなくせ字があります(写真は息子のノートです)。

「す」の下に伸ばすところが丸まりすぎて、「の」や「お」の字のようになってしまっています。

次の字は、何に見えますか?

漢字の「乙」にも、ひらがなの「し」にも見えますが、息子に聞くと、ひらがなの「て」でした……(左から右に横に伸ばすところが短すぎ!)。

濁点のあるひらがなは、特に要注意です。

次のように、濁点の「゛」を下の方に書いてしまう子どもがいます。

もっと斜め上に書くのが正しい書き方です。「ご」の濁点も下の方に書きすぎてしまう子どもがいます。

ひらがなの楽しい確認の仕方

1 間違い探しクイズで…

子どもたちが書いた下書きに訂正の赤を入れていくのは、先生の負担が大きすぎます。また、たくさんの赤が入ったものを戻される子どものショックも大きくなります。

そこで、事前に間違い探しのクイズ形式でおさらいするようにすると、子どもにとっても、先生にとっても楽しい活動になります。

まず、黒板に大きく、「ひらがな」「漢字」と書きます。

そして、子どもたちに、

ひらがなと漢字、どっちの方が簡単?

と聞きます。

すると、多くの子どもたちが、

ひらがな!

と答えます。

②そこで、子どもたちに、

じゃあ、ひらがなで「かんじ」と書いて。制限時間10秒!

と言って、ノートかプリントに書いてもらいます。

③子どもたちが書いている間に机間巡視し、間違ったくせ字を見つけて、板書します(もちろん誰のくせ字かは言いません)。

そして、

どこが間違っているか分かる?

と聞きます。

子どもたちは、間違い探し感覚で楽しんで見つけます。

④「かんじ」と同じ要領で、「うめ」「おかあさん」「ごみ」など、次々と先生が言って、子どもたちに書いてもらいます。

そして、間違い探しをしながら、正しくひらがなを書く練習をしていきます。

クラスの実態によって、子どもに板書させても楽しくなります。

1年生の担任の先生(普段よりやさしく?)になりきって、授業するとさらに楽しくなります! ノリのいい子どもは、1年生を演じてくれますよ。

2 ひらがなの練習プリントで…

1年生のひらがなの練習プリントを宿題で出すのもおすすめです。

普段、画数の多い漢字の宿題をしている6年生の子どもたちは、

やったー!

と大喜びをしてくれます。

ひらがなの他に、カタカナの確認もしておきます。

特に、「ツ」と「シ」、「ン」と「ソ」の間違いが多いです。

(そして、カタカナの宿題も出します)。


パソコンにはパソコンのよさがあります。手書きには手書きのよさがあります。

ただ、手書きは、訂正を見つける先生や管理職の負担と、それを直す子どもの負担が大きくなります。

ぜひ、1年生の担任の先生になったつもりで楽しく、ひらがなやカタカナの書き方の事前指導をしてみてください(普段の授業での指導の積み重ねがもちろん大切なのですが)。

松下隼司先生

松下隼司(まつした じゅんじ)
大阪府公立小学校教諭。第4回全日本ダンス教育指導者指導技術コンクールで文部科学大臣賞、第69回(2020年度)読売教育賞 健康・体力づくり部門で優秀賞を受賞。さらに、日本最古の神社である大神神社短歌祭で額田王賞、プレゼンアワード2020で優秀賞を受賞するなど、様々なジャンルでの受賞歴がある。小劇場を中心に10年間の演劇活動をしていた経験も。著書に、『むずかしい学級の空気をかえる 楽級経営』(東洋館出版社)絵本『ぼく、わたしのトリセツ』(アメージング出版)絵本『せんせいって』(みらいパブリッシング)がある。

イラスト/したらみ 横井智美

【関連記事】
松下隼司の笑って!!エヴリディシリーズはこちら!
・手本を見てイメージをふくらませよう【卒業文集の指導③】
・6年生による発表は無理なく時短しよう【楽しい6送会アイデア #2】
・手書き卒業文集は、文字の「大きさ」と「濃さ」に気を付けよう【卒業文集の指導②】
・手書き卒業文集は、ひらがなの書き方確認から始めよう!【卒業文集の指導①】
・6年生を送る会の入場は、1年生がエスコート!【楽しい6送会アイデア #1】
・6年生を送る会のプレゼントにおすすめ!折り紙で作る「お守り」
・怒ってばかりだった教師を変えてくれたもの
・子どもが喜ぶ! 面倒な検算が楽しくなる魔法の合言葉
・宿泊学習の前説に! 睡眠を邪魔するNGワードランキング5【宿泊学習の面白対応術 #3】
・宿泊学習で、子どもの就寝時間の見回りを楽しく【宿泊学習の面白対応術 #2】
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

連載
松下隼司の笑って!!エヴリディ
特集
卒業特集ー6担初心者もこれで安心!ー 
関連タグ

松下隼司

学級経営の記事一覧

雑誌最新号