【相談募集中】国語の“要点のまとめ方“をわかりやすく指導するには?

特集
先生のための個別相談サービス【みん教相談室】相談&回答一覧

教育アドバイザー

多賀一郎

小四を受け持つ女性教諭から「みん教相談室」に相談が届きました。国語の要点や要約について、子供にわかりやすく指導するにはどうすればよいのでしょうか? という内容です。これを受けて教育アドバイザー・多賀一郎先生は、キーワードの取り出し方に焦点を当て、その指導法を教えてくれました。

【相談募集中】国語の“要点のまとめ方“をわかりやすく指導するには?のイメージ画像
写真AC

Q. 要点のまとめ方を子供たちにわかりやすく教えたい

国語で要点、要約指導をしています。段落の要点をつかませる具体的な発問や方法、そしてそのまとめ方は、キーワードなのか、文章にするのが良いのかを教えていただきたいです。どの子にもできるようにさせたいと思っています。(要子先生・50代女性・4年生担当)

A. キーワードを取り出すことが有効な手立てです

キーワードをまとめて文章にすることを要約と言います。「要点をまとめる」とよく言いますが、これは、結局段落や文章を要約することなのです。ここでは「要点をキーワードでまとめることは、どういう意味があるのか」ということを伝えます。

段落の要点をまとめるための手だてとしては「キーワード」、別の言い方をすれば「重要語句」ですが、これを取り出すことが、かなり有効です。

キーワードを取り出すために段落を読み、主張に沿った文から言葉を取り出していくという作業が、実は、文章の読み取りにつながるのです。この学習を通して、子供たちは、作者の主張することを確実に読み取っていきます。

さて、教えにくいこととして次の2つが挙げられます。

  • 一つの段落からキーワードを何個くらい取り出せばよいか
  • 要点をまとめた文の長さは、どの程度が適当なのか

キーワードの個数ですが、子供は思いつくままに言葉を取り出してきます。それをいくつかに絞らないと、要点はまとまりません。しかし、いくつだとなかなか決められるものではないのです。その文章、段落によって変わるものですから。なので、まとめる文の長さを先に設定すると、キーワードが取り出しやすくなります。

文の長さについては、結論からいうと「20字程度でまとめましょう」という指示がよいでしょう。

20字程度にまとめるという目標を設定したら、段落からキーワードを取り出すことになります。キーワードについては、次のように指導します。

キーワードを取り出す際のヒント

①題名と関係のある言葉

説明文は題名について書かれた文章です。したがって、題名に出てくる言葉やそれと直接関係あるような言葉は、キーワードだと考えられます。

②繰り返し出てくる言葉

筆者が必要だと思う言葉は当然、繰り返し使われます。一つの段落に何度も出てくる言葉は、キーワードと考えられます。

③言い換えの言葉に注意

「人間」「人々」「私たち」のように同じような意味を表す言葉が出てくると、これは、一つの言葉を繰り返し言っていることと同じだと考えられます。

④強調表現が出てきたら注意

「とても」「すごい」「だいたい」のような言葉を強くする言葉(主に副詞)は、キーワードに入れない。要約は、簡単にまとめるのですから、こういう強調表現はカットします。

⑤並立の関係に注意

「AとB」「甲や乙や丙」のような表現は並立された言葉なので、Aだけや乙だけを取り出してキーワードとすることはできません。

指導をする際のヒント

さて、指導ですが、授業の最初に具体例を使って、上記5つの基本的な考え方を教えます。それを教室に掲示しておいて、段落ごとに要約していくことを一緒に行います。

段落を音読して、キーワードをノートに書かせます。このとき、「20字程度にまとめる」ということを頭においてキーワードを取り出させます。

そうすると、例えば「北アメリカの東海岸ヨーロッパの地中海側」という表現があったときに、⑤の法則で、どちらかだけをキーワードとして取り出すことはできません。両方を取り出したら、それだけで20字に達してしまうので、これは両方とも使えないということになります。

実は、説明文にはこういう形で例を挙げている表現が多いので、この考えが徹底されると、キーワードがかなり絞られてきます。そうして、子供たちが挙げてきたキーワードすべてを板書して、

「この中で特に重要だと思う言葉に手を挙げてください。ひとり2つだけ選んでください。」

と言って、挙手させます。だいたい、多くの子供たちが手を挙げた言葉が、教師が想定していたキーワードと重なります。あとは、その絞り込んだキーワードをつなげて一文でまとめると、要約が完成します。これを、繰り返していくのです。

できれば、他社の教科書の説明文から段落を取り出してきて、毎時間5分ずつ「要約」の練習をさせましょう。10回も続けていると、子供たちの多くがキーワードを取り出すコツをつかめてきます。

このやり方を続けていけば、どの子も要約の力をつけることができると思います。


みん教相談室では、現場をよく知る教育技術協力者の先生や、各部門の専門家の方が、教育現場で日々奮闘する相談者様のお悩みに答えてくれています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

【関連記事】
先生のための個別相談サービス【みん教相談室】相談&回答一覧シリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・【相談募集中】補助の先生が授業中、勝手に指導をし始めます
・【相談募集中】教務と担任の掛け持ちがいつまで続くかと思うと、つらい
・【相談募集中】国語の“要点のまとめ方“をわかりやすく指導するには?
・【相談募集中】担任である自分と子供たちとの間に距離がある
・【相談募集中】ものを隠す行為、学級で犯人捜しをするべき?
・【相談募集中】学年主任の言動が荒く、子供たちへの影響が心配です
・【相談募集中】職員室の力関係でいじめや理不尽が改善されずに困っています
・【相談募集中】道徳の授業の言葉かけ、「そうだね」がダメだとしたらどうしたらいいですか?
・【相談募集中】教師間格差が出るからと、パソコンの持ち込みを禁止されている
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
先生のための個別相談サービス【みん教相談室】相談&回答一覧

教育アドバイザー

多賀一郎

授業改善の記事一覧

雑誌最新号