小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小3体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「体ほぐしの運動」の単元を扱います。

執筆/高知県公立小学校教諭・荻田智絵、千光士友里、田村美紀
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   高知県公立小学校教頭 ・田所潤子

単元名

みんなで楽しい!気持ちいい!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び運動
体ほぐしの運動の行い方を知るとともに、手軽な運動を行い、心と体の変化に気付いたり、みんなでかかわり合ったりすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の課題を見付け、その解決のための活動を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
体ほぐしの運動に進んで取り組み、きまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

体ほぐしの運動では、体を動かす楽しさや心地よさを味わうとともに、手軽な運動を行うことを通して自己の心と体の変化に気付いたり、みんなでかかわり合ったりすることができるような活動を組み立てます。

本単元では、体を動かすと心も弾み、体の動きが軽快になることや、体の力を抜くと気持ちがよいこと、汗をかいた後は、気分もすっきりすることなど、運動により心や体が変化することに気付くことができるようにします。

また、運動を通して自他の心と体に違いがあることを知り、誰とでも仲よく協力したり助け合ったりして、さまざまな運動をすると楽しさが増すことや、友達とともに体を動かすと心のつながりを感じ、体を動かすことへの不安が解消されることなどを体験できるようにしましょう。

単元計画(例)

小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア 単元

楽しく運動をしよう

楽しい! 心地いい! 友達とかかわりたい! といった交流と気付きを大切に

・本単元で取り上げる運動は特定の技能を必要としない、誰もが楽しめる易しい運動を選びましょう。
・同じ運動でも1人→2人組→3・4人の小グループなど、さまざまな活動形態で行うことで、自分と友逹との違いに気付いたり、一緒に運動をすることで楽しさが増すことに気付いたりできるようにしましょう。
・楽しさや心地よさが味わえるように、ねらいに合った言葉がけをしましょう。
 

〈1人〉

小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア イラスト

〈2人組〉

小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア イラスト

〈3・4人の小グループ〉

小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア イラスト


体ほぐしの運動資料
※ダウンロードはこちら

 

指導のポイント
・低学年の体ほぐしの運動遊びで行った運動を取り入れたり、なじみの深い簡単な運動遊びを行ったりしましょう。
・ほかの領域では経験できない動きを取り入れてみましょう。
(例:子とり鬼、伝承遊びのなべなべそこぬけや、あんたがたどこさなど)
・気持ちや体の変化を表す言葉を示したり、問いかけたりし、自己の心と体の変化に気付くことができるようにしましょう。
・心と体に、どのような変化が起きているかに気付くような発問をしながら指導しましょう。
・「体を動かすと気持ちがよい」「力いっぱい動くと汗が出たり心臓の鼓動が激しくなったりした」など、気付いたことを友達と伝え合う場面を設定しましょう。

小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア イラスト

活動の広げ方(○○鬼)
・バナナ鬼→レンチン鬼→子とり鬼 
捕まった友達を1人で助ける(バナナ鬼)から2人で同時に助ける(レンチン鬼)といったように、活動する人数を変化させます。さらに、子とり鬼では3・4人で協力して最後尾の友達がタッチされないように動きます。活動する人数を増やすことでより友達と協力することへの意識が生まれるでしょう。
・「2人でタイミングを合わせて助けるよ」(レンチン鬼)、「みんなで守るよ」など、友達と協力することを意識できるような言葉がけをしていきましょう。
・同じ運動を人数・広さ・活動する時間を変えたり、用具を用いたりして取り組むことで、心や体の変化や友達とかかわって運動する楽しさがより感じられるでしょう。

 

●バナナ鬼

・鬼にタッチされたらバナナになる。
・ほかの子は、バナナの皮(片方の手)をむきに行く。
・両手(2回)をむくと動けるようになる。

小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア イラスト

●レンチン鬼

・鬼にタッチされたら凍る。
・ほかの子は2人組で輪になり、凍った子の頭から輪をくぐらせて助ける。

小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア イラスト

 

●子とり鬼

・最後尾の子が鬼にタッチされないように逃げる。
・子の手が離れてしまったら、鬼の勝ち。
・人数を増やしていってもよい。
・転びそうになったら、肩に置いた手を放してもよいことを伝えておく。

小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア イラスト

1 人 1 台端末を活用した指導アイデア

心と体の変化に気付く

タブレットPCのアンケート機能を活用し、運動前と運動後の心と体の変化を円グラフで視覚化し、アンケートの結果を共有できるようにします。

小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア 資料

 

小3体育「体ほぐしの運動」指導アイデア②
「もっと楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/高橋正輝

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3外国語活動Unit 5「What do you like?」指導アイデア
・小4外国語活動Unit 5「Do you have a pen?」指導アイデア
・小1 国語科「しらせたいな、見せたいな」全時間の板書&指導アイデア
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア②
・小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア①
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア②
・小3体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア①
・小3体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号