小4らくらくUnit 4「What time is it?」②【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】

小4【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】

ゆたかな言語活動を行うためにICTを活用した授業が求められる外国語活動。しかし、様々なツールや教材を切り替えながらでは、手惑う場面もしばしばでしょう。本好利彰先生がこれまでの授業で作成してきたパワーポイント(スライド)教材は、これひとつ、授業の導入から終末までモニターに映すだけで授業を組み立てられる”お助け教材”です。「モトヨシ先生のスライドde外国語活動」で外国語活動の授業を、らくらくクオリティアップ!
今回は、Let’s Try! 2 Unit 4「What time is it? 今、何時?」の第2時のらくらく授業の進め方です。

執筆/福島県公立小学校教諭・本好利彰
監修/拓殖大学准教授・居村啓子

スライドは学級の実態に合わせて修正して使いましょう

小学校4年生の「Let’s Try! 2」のUnit 4「What time is it? 今、何時?」全4時の2時目の授業の流れです。本時も、私が作成したパワーポイント(スライド)を使った授業を紹介します。学級の実態に合わせて修正し活用してください。

パワーポイント(スライド)を使った授業の進め方
この記事の最後で、パワーポイントのファイルをダウンロードできるようになっています。必要な教師の発話やイラスト、音源などを挿入してあり、この資料を使うことで1時間の授業を行うことができるように作成してあります。このスライドを活用して、クリックしながら授業を進めてみてください。

  • クリックでスライドを進めるだけで、スムーズに授業を行えます。
  • デジタル教科書を使用する場合は、パワーポイントから切り替えてください。

目標と授業の流れ

【目標】
1日の流れを英語で言ってみよう
〇世界の国や地域によって時刻が異なることに気付くとともに、時刻や日課の言い方や尋ね方に慣れ親しむ。(知識及び技能)
〇自分の好きな時間について、尋ねたり答えたりして伝え合う。(思考力、判断力、表現力等)
〇相手に配慮しながら、自分の好きな時間について伝え合おうとする。(学びに向かう力、人間性等)
【言語材料】
◎What time is it? It’s (8:30). It’s (“Homework Time”). How about you?
◎ a.m., p.m.
○日課・時間([wake-up / breakfast / study / lunch / snack / dinner / homework / TV / bath / bed / dream] time)

  1. 挨拶
  2. 前時の復習
  3. めあて
  4. デジタル教科書 Let’s Watch and Think①
  5. ミッシングゲーム
  6. ジェスチャーゲーム
  7. 時刻の言い方の確認
  8. ビンゴ1
  9. 時差について
  10. デジタル教科書 Let’s Watch and Think②
  11. ふりかえり

各活動の流れ

①挨拶

挨拶のあとにUnit2で学習したHow’s the weather?を使ってその日の天気を聞いたり、Unit3で学習した曜日を聞くためにWhat day is it today?と尋ねたり、既習事項を取り入れてみましょう。

②歌

Unit 2 で歌っていた歌やセブンステップス(ノーマル版とリバース版)です。

③前時の復習

前時の1日の流れの復習をしましょう。まずはイラストを見せながら児童に挙手させ snack time などと言わせていくとよいでしょう。一通り復習をし終えたら児童といっしょに英語の表現を言っていきましょう。前時は児童の負担も考えて breakfast time It’s のない表現で慣れ親しませましたが、2時目は It’s breakfast time. It’s の形で Let’s say it together. と言っていくといいでしょう。

④めあて

本時のめあてを確認しましょう。

⑤デジタル教科書 Let’s Watch and Think①

前時の1時目は4つ(wake up time, snack time, study time, dinner time)を行いました。2時目は残り[breakfast / lunch / homework / TV / bath / bed / dream] time に取り組みましょう。前時と同じように児童とやり取りができる場面ではできるだけ児童とのやり取りを大切に進めるとよいでしょう。

<例>
wake up time What time is your wake up time? (What time do you wake up?)
lunch timeDo you like lunch time? What school lunch do you like? What 給食 menu do you like?
TV timeWhat TV program do you like?
bed timeWhat time is your bed time? (What time do you go to bed?)

リスニングの途中で質問してもよいですし、すべて終わってからいくつか質問をしてもよいと思います。実態に合わせて行ってみましょう。

教科書で行う場合、12時の部分が折り目と重なって線がとても引きにくくなっているので教科書をしっかり開くように声をかけて始めるとよいと思います。

⑥ミッシングゲーム

板書したイラストを活用して行いましょう。やり方は以前のUnitで確認してください。次のジェスチャーゲームに進む前に短時間でも一度Let’s say it together.といって10のイラストの英語表現([wake-up / breakfast / study / lunch / snack / dinner / homework / TV / bath / bed / dream] time)を一緒に言いましょう。

⑦ジェスチャーゲーム

イラストの中からどのジェスチャーを行っているか考えさせ答えさせましょう。まずは教師がwake-up timeなどを行ってみるとよいと思います。その後、やりたい児童に行ってもらったり、手が挙がらない場合は、教師側から指名したりすることもできるでしょう。最後は隣同士のペアで行うとよいと思います。

⑧時刻の言い方の確認

What time is it now?

It’s 8.
Let’s say it together.

教師は学校においてある時計の教材を使って時刻の言い方に慣れ親しめるようにリズムよく行っていきましょう。長い時間をやる必要はないです。短い時間でいくつか行っていきましょう。

⑨ビンゴ1

時計のイラストが描かれているワークシートを使ってビンゴを行いましょう。児童には短針のみ記入するようにさせましょう。チャンツのように教師が手拍子で

What time is it? 1, 2.(せーの/パンパン)

と行うと児童の声もリズムに合わせるので、不思議といつもより出ます。ALTは先程使った時計の教材を使って、まずは音声を聞かせます。例えば It’s seven. It’s seven. のように2回ほど音声を言ってから先程の時計で視覚的に答えを見せます。この順番を逆にしたり、同時にすると、児童が英語を聞く必要がなくなってしまいます。音声→教材時計→板書のように進めましょう。私は、スクリーンに映したビンゴワークシートの左右にスペースがあるので、そこに、出てきた時間をデジタルペンで書きました。同じ要領でALT2問、教師2問、そして児童に Any volunteers? と言って、児童に答える機会を意図的に設けましょう。

Let’s ask B san, what time is it? 1,2.

It’s ten.

この時も手拍子でリズムをとりましょう。児童は自分がビンゴになるように答えることができるので、より積極的に取り組むと思います。最後は How many BINGO did you get? と言って活動を終えましょう。

⑩時差について

次に、時差について児童が気付くように、日本が昼の中継動画を見せ、次にアメリカのニューヨークが夜の中継動画を見せて、時差について児童から気付きが出てくるようにしましょう。YouTubeのニューヨークと東京のライブカメラ映像のリンクを貼っておくので参考にしてみてください。

単元の目標の1つに

・世界の国や地域によって時刻が異なることに気付くとともに,時刻や日課の言い方や尋ね方に慣れ親しむ。(知識及び技能)

とあります。児童にワークシートを配付して、二つの映像から気付いたことを記入させることで評価することもできます。

⑪デジタル教科書 Let’s Watch and Think ②

今、何時で何をしているのかな。時刻を聞いて、時計を完成させ、日課と線で結ぼう。

時刻を聞き取って線で結ぶ活動です。児童に英語で答えてもらえるように教師は1問終わったら What time is it in London? と聞き、児童がビンゴで慣れ親しんだ表現で It’s three. と答えられるように促しましょう。また、日課については口頭で It’s dream time. と表現させることも可能ですし、スクリーンやテレビをタッチさせることもできると思います。残り時間や児童の様子を見て行いましょう。

サンフランシスコの時刻を確認したら、ニューヨークの時刻を予想させてみましょう。

What time is it in New York? What do you think? 予想を書いてみましょう!

児童は、国内で時刻が違うと思っていないので、最後のリスニングをより集中して聞くと思います。またニューヨークの時刻を確認したら、なぜ3時間の違いがあるのか児童に問いかけてみましょう。アメリカは大きいからなど意見を発表してくれるでしょう。リスニングも扱い方によっては新しい知識を得られる機会ですので、是非チャレンジしてみてください。

⑫ふりかえり

本時の目標から振り返りを行いましょう。

居村啓子

居村啓子(いむらけいこ)
拓殖大学外国語学部英米語学科准教授。言語学博士。児童図書出版社、児童英語教育機関勤務、立教大学異文化コミュニケーション学部助教、上智大学言語教育研究センター嘱託講師を経て現職。2020年よりNHKラジオ「小学生の基礎英語」講師を務める。研究テーマは「子どもの第二言語習得」、「フレーゾロジー」。

本好利彰

本好利彰(もとよしとしあき)
福島県公立小学校教諭。福島県小学校・中学校・千葉県小学校教諭を歴任。また地区外国語教育推進リーダーを務める。2018年より拓殖大学外国語学部で「小学校英語教育入門」を担当。2021年東京書籍アドバイザー。

パワーポイント(スライド)ダウンロード

下記ボタンをクリックして、データをダウンロードしてください。

構成/浅原孝子 イラスト/畠山きょうこ アニメーション/鶴岡信治

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号