• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【マンガでわかる】信頼関係をつくる保護者会&家庭訪問

2019/3/18

保護者会と家庭訪問は、先生と保護者、あるいは保護者同士でよい関係を築く絶好のチャンス! …そうは分かっていても、イマイチ盛り上がらずに、なんとなく終わらせてしまっていませんか? そんな先生のために、保護者対応の達人、公立小学校教頭の藤木美智代先生が、保護者会や家庭訪問で使えるちょっとした工夫やミニゲームなどを教えてくれました。


監修/千葉県市川市立公立小学校教頭 藤木美智代


保護者会のアイディア

ここは、無難に終わらせてはいけません! 先生自身が心を開き、楽しい雰囲気づくりにつとめ、保護者同士もつながることのできる懇談会にしましょう。

保護者会によくある風景

保護者会あるある。先生の無難な自己紹介、質問なし、短くあっさりすぐ終了、ふれあいなし。
せっかくの保護者会なのに…

自己紹介を楽しく

自分の名前をあいうえお作文して自己紹介する先生

どうして小学校の先生になったのか、どんなことをがんばっているのかなどの話に加え、学校とは直接関係のない趣味の話なども交えつつ、楽しい雰囲気で自己紹介します。失敗談や苦手なことなども話して、上から目線にならないようにするのも大事です。

心ほぐしのミニゲーム

性月日順にならんだり、サイン集めをするゲームで、保護者同士打ち解け合う

席を立ったり触れ合ったりしながら、学校や教育とは関係ない話をすると、自然と場が和んでゆきます。同じ話題を共有できるようなしかけをつくります!

テーマ別のグループトーク

悩み事や話したいことを事前に聞いておき、保護者同士でグループトークする

ゲームの後なので、和やかな雰囲気が生まれています。まったく違う話に脱線しても問題なし! 仲良くなれればOKです。

最後のフリータイム

保護者同士の自由な会話が弾むようになれば大成功

家庭訪問のコツ

1対1で間がもつのか…。不安な気持ちを抱える先生にちょっとしたコツを伝授しちゃいます。

こんな家庭訪問はいやだ!時間がどんどん過ぎてしまう。ケータイで遅れると連絡するが非通知にするのを忘れてしまう。次々と訪問時間が押してしまう。話題を思いつけない。
こんな事態は避けたいですよね…

事前の子供面談

「今日家庭訪問行くけど、お母さんに何か言って欲しい最近頑張ってることある?」「跳び箱!」「お友達できた?」「うん、ふみくんとりょうちゃんとコーちゃんと今日サッカーやるよ」「じゃぁ」ソレ行っておくね。お母さんきっとよろこぶよ~」「♪」「よっしゃ」子どもを味方につける!!

地図に印をつけてもらおう>

大きめの地図を用意して、こどもたちに自分の家の目印シールを貼って貰う

可能ならば、大きめの地図を用意して、子供たちに、自分の家の場所に名前を書いたミニシールを貼ってもらいましょう。それをもとにルートを考えることができます。子供も楽しくやってくれますよ。

歩くのが大事

通学路や地域を知ろう!「」この通りは車通りが多いな・・・」「公園がある・・・」「あ、ここ、寄り道しそう・・・」

手紙をポストイン

「家庭訪問は拒否されたけど・・・」「家の場所の確認だけでも行ってこよう!」「来たという印を残すべく、お手紙をポストイン」「ママ!ポストに先生からお手紙が入ってたよ!」「ちゃんとした先生ね・・・」

つかみが肝心

「かわいいですね!名前はなんて言うんですか?」「あ!金魚。名前は何ちゃんですか?」「金魚には名前はつけてないですよ~つけようかしら?」「甘口で行きます?辛口で行きます?」「えー、どうしましょ?」良い空気を作るための質問なので、甘口も辛口も話す内容は同じです。

お茶お菓子問題

【連日のお茶菓子のカロリーが体型に顕著にあらわれてるー!」「お茶の飲み過ぎ!タポタポお腹でトイレ借り三昧!」こうならないために「太っちゃうので(お気持ちだけ)」伝え方次第で楽しいムード。予めお知らせしておくのも大事です。

時には逆質問

【どうしたらあんなよい子が育つんでしょう?どんな子育てしてらっしゃるんですか?」「よくお手伝いしてくれるんですけど、お家でもそうなんですか?」「そうなんですか~♥」「家じゃ全然ですよ~(笑)」「ほぼ毎日花びんの水を自発的にかえてくれるんですよ」「そうそう、あの子、お花とか植物が大好きなんですよ~」和やかな空気!

保護者に伝えたいこと

親同士でつながる

例えば、親のいない間に家に上がりこんできて困るといった相談を受けても担任ではなかなか解決できないものですが、親同士が仲良くしていれば、トラブルになる前に話し合えるので、事態が深刻化する前に問題回避できます。

「我が子」だけでなく、「我がクラス」

子供は集団生活の中で日々成長していきます。「我が子」のことを気にするのではなく、「我がクラス」を意識してほしいことを伝えたいものです。

藤木先生似顔絵

保護者会や家庭訪問で、保護者との信頼関係をしっかり築くことが肝心。何かトラブルがあっても、戦う姿勢ではなく、相談という形で向き合ってくれるようになりますよ。


監修/千葉県市川市立公立小学校教頭 藤木美智代
構成・マンガ/したらぼ

『小五教育技術』2018年4月号より

関連する記事

行事記事一覧

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

学習発表会を子供と創る!学芸会の劇指導

芸術の秋です。この時期、学芸会を開く小学校も多いのではないでしょうか。本誌連載「特別活動のすべて」が好評の清水弘美先生が、はじめての学芸会での劇の準備や対策につ…

【セミナー動画】子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉県組体操協会・戸田克)

7月に開催された「全国組体操研究発表会in東京」のセミナーを動画でお届けします。『いまこそ安全!組体操 ~「高さ」から「広がり」へ!新技50~』(小社刊)などの…

スポーツの秋におすすめ! 「運動遊び」でケガを防ぐ!

運動会、マラソン大会など、二学期はスポーツ行事が多い時期。いつも以上に子供のケガに注意したいものです。子供のケガを防ぐためには、まずケガをしにくい身体をつくるこ…

校外学習等ネタコレクション
【校外学習&バスレク等】活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

全校遠足で、最高学年の自覚と思いやりを育てよう!

秋の遠足を異年齢グループで行う小学校は少なくありません。1年生から6年生の子どもたちで「たてわり班」をつくり、校外に出かけ、ウォークラリーをします。どのような準…

もっと見る