【小3】4月の学級通信 作成例

関連タグ

3年生の4月の学級通信例の紹介です。

執筆/東京都公立小学校教諭・山本恭兵

どうぞよろしく集会をしました!

4月の学級通信 作成例【小三】
  • タイトルは学級目標を生かしたものにすると、親しみやすくなります。学級目標が決まるまでは、「○年○組学級だより」などのように仮称にしておいてもよいでしょう。また、子供がタイトルを書き、順番に毎号発行すると、子供がクラスの一員としての意識が育ちやすくなります。
  • 写真を使って子供たちの学習や活動の様子を載せると、保護者に学級の様子が伝わりやすくなります。
  • 子供の感想を名前入りで載せる際は、年間を通して全員が載るように配慮しましょう。
  • 保護者が学校に来る機会があったときは、感謝の言葉を伝えるようにしましょう。
  • 持ち物は「何を、いつ使うのか」具体的に書いておくと、家庭で前もって準備をしやすくなります。直前ではなく、早めに伝えるよう心がけましょう。

イラスト/山本郁子

『教育技術 小三小四』2021年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

学級経営の記事一覧

雑誌最新号