• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

保護者を味方に付ける!保護者会のNG&ベスト対応例

2019/6/30

保護者との良好な関係をしっかりつくることで、1年間の学校生活も楽しくスムーズに過ごせます。保護者との重要な接点となる保護者会で、よく出される質問とNGな回答、及びベストな対応術を、ベテラン先生方に聞きました。

監修/千葉県私立小学校教諭 松尾英明
兵庫県神戸市立公立小学校教諭 中村 力
東京都公立小学校教諭

「宿題が少ない(あるいは多い)気がするのですが、大丈夫ですか?」

宿題は子供に応じて必要な量になっています。
イラスト/大橋明子

【×NG回答例】
そうですね。もう少し増やします(減らします)。

【◎BEST回答例】
宿題は、子どもに応じて必要な量になっています。授業中に必要な学力は付けていきますが、個人差があり、どうしても授業中に終わる量に差が出ます。宿題が少ないと感じられるのは、子どもが授業中に集中し、努力している証しです。各家庭によってご事情もあるかと思いますが、宿題の量にはそうした趣旨があるものとご理解ください。

現在の宿題の量に根拠が感じられない回答は避けましょう。(松尾英明)

「忘れ物は届けたほうがよいですか?」

【×NG回答例】
学習に支障が出ますので、届けてください。お願いします。

【◎BEST回答例】
忘れ物をしても、放っておいてくださってかまいません。忘れ物をして困るのも学習です。学習用具に関しては、基本的にはこちらで貸し出し用を用意しておきますので、大丈夫です。忘れたことを申告して、借りることを頼むというのも、立派な学習になります。特別な日のお弁当など、ないと本当に困るという例外的なものを除いては、基本的に届けないでください。

学校のルールは理由とともに、きちんとお伝えします。失敗から学ばせるというスタイルも伝えることで理解を得やすくなります。(松尾英明)

「クラス替えをして、仲のよい友達がいないと不安になっています。」

【×NG回答例】
それは不安ですよね。しっかり見ておきます。

【◎BEST回答例】
不安なお気持ちは確かに分かります。しかし、クラス替えは新しい友達をつくるチャンスでもあるので、おうちでも不安な気持ちは受け止めながらも、「大丈夫。新しい友達に声をかけてみたら?」などと笑顔で背中を押してあげてください。決しておうちの方も一緒に不安になって落ち込まないようにしてください。

うちの子大丈夫かしらと保護者会で不安がる保護者
イラスト/大橋明子

保護者の方の不安な気持ちや疑問は、しっかりと傾聴して受け止めるよう心がけましょう。しかし保護者の相談に対して、担任も不安な表情をすると、さらに不安にさせてしまいます。若い先生は、保護者と話をすること自体とても不安に感じると思いますが、笑顔だけは心がけ次第でできるはずです。(中村力)

「けんかが多いようなのですが、大丈夫ですか?」

【×NG回答例】
けんかがなくなるように、努力します。

【◎BEST回答例】
けんかは人間関係を学ぶうえで「必要悪」ともいえるものです。けがを心配されるご家庭も多いかと思いますが、小さなけがを経験するからこそ、大きなけがを防ぐことができます。私も子どもたちの話を聞くなどして、心と体の安全面には配慮していきますので、どうか信じて見守っていてください。

けんかを問題と捉えて、それ自体をなくそうとする回答はすべてNGです。保護者の悩みに寄り添いつつ、「子どもの成長のために、ともにがんばりましょう」というスタンスで協力を求め、担任としても誠実にあきらめない姿勢を見せましょう。(松尾英明)

「家で言うことを聞かないのですが、学校ではちゃんとやっていますか?」

【×NG回答例】
親御さんがなめられないように、もっと厳しくしてください。

【◎BEST回答例】
家でリラックスして、学校でスイッチを切り替えてがんばれているのはとてもよいことです。学校ではしっかりがんばっているので、少しくらいの反抗や甘えは大目に見ながらも、「見守っているよ」というサインや声かけは送り続けてあげてください。ただし、食生活と睡眠時間だけは、家庭でしっかり管理をしてあげてください。この基盤が乱れると、学校でもがんばれなくなってきます。

保護者は心配事があるからこそ、こうした相談をもちかけるのです。担任として、「きっと気になることがあるのだろう」と察しながら、どんなサポートが有効なのか誠実に答えましょう。(中村力)

「お小遣いはいくらが妥当ですか? 携帯電話も与えてよいでしょうか?」

【×NG回答例】
中学年では○○円が相場ではないでしょうか? 携帯電話については、お子さんとよく話し合ってください。

【◎BEST回答例】
(保護者会に参加した保護者に)みなさんのご家庭ではどうされていますか?

お小遣いのことなどは、あえて保護者に話題を振ってみる
イラスト/大橋明子

お小遣いや携帯電話の使用については、あえて情報を共有させるために、保護者同士で話し合わせるとよいでしょう(地域性にもよるので、その場に応じて共有します)。さらに、質問の内容に答えられないようなときは、迷わず「学年で相談してお答えします」と伝え、学年だより等で伝えるほうがよいでしょう。保護者は他のクラスの保護者とも情報を共有しているため、クラスによって担任の言うことが違うと混乱します。(東京都公立小学校教諭)

取材・文/出浦文絵

『教育技術 小三小四』2019年7/8月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

子供を「よく見る」とは? いつ、どこで?~5つの場づくりと3つの視点~

小学校教師は「子供をよく見よう」とよく言われます。しかし、教師の日常は非常に忙しく、ちょっとした休憩時間をとることも難しい状況。一方、「子供を見取る」ことが不十…

2020/1/18

保幼小連携&情報共有 おさえておきたい大切なポイントとは

幼稚園・保育所・こども園と小学校との引継ぎ会、情報共有会で取り入れたい実践法を俵原正仁先生が提案。お役立ちアドバイスやポイントを参考に、子どもへの愛を共有した有…

2020/1/13

三学期の総まとめにトライ!【4年3組学級経営物語20】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。どう終わらせて未来につなぐのか…。「総まとめの三学期」は、子どもたちにも教師にも…

「いじめを管理職に報告したくない」教師の心理から見えてくるもの

長年、いじめや不登校の問題に正面から向き合い続けて来た現役教師が、クラスでいじめの情報をキャッチした時に担任がすべき具体的なフローを提案。たくさんの事例と向き合…

冬休み明けの子どもが喜ぶ!小学校低学年向けのぬり絵×2【プリント配付OK】

1月は雪で遊ぶ動物たちとお正月をテーマにしたぬり絵です。 ぬり絵があると、ちょっとした隙間時間も私語の時間にせずにすみますし、クラス全体の空気が落ち着いてきます…

給食と掃除のモチベーションを上げる9つの技【♯三行教育技術 】

「みんなの教育技術」をご覧いただいている先生方からTwitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュ…

今どきの子供心をつかむ!小学3~4年へのカウンセリング術

昨今、学校教育においても、子供の人格形成やさまざまな問題解決に有効なカウンセリング心理学に基づいたアプローチが注目されています。問題を抱えている子供と関わり、子…

笑顔がはじけクラスまとまる!楽しい「言葉遊びゲーム」4つ

寒い季節は、体調不良で欠席者が増えたり、外で思い切り遊べなかったりして、子供たちはストレスがたまりがちに。そんなときにおすすめの、少人数でも楽しめる室内遊びを紹…

少人数でもOK!体を動かし楽しめる室内遊び&ゲーム5選

外で思い切り遊べなかったり、体調不良で欠席者が増えたりする寒い季節、子供たちはストレスがたまりがちに。そんなときにうってつけの、少人数でも楽しめる室内遊びの紹介…

保護者に好評!上手な「学級だより・学年だより」の作り方

学級だより・学年だより(学級通信・学年通信)は、保護者の理解や協力を得るために、定期的に発行しておきたいものです。頻繁に学級だよりを書く先生は、毎週のように作成…

もっと見る