中学年の学級会 二学期にバージョンアップしよう!

発言するのが苦手な子にはどうすれば? 意見が分かれたときは? ここでは、学級会をバージョンアップさせるポイントを紹介します。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・東奈奈子

学級会をバージョンアップしよう!

どんなふうに発言したらよいの?

意見を言うのが得意な子ばかりではありません。意見を言いたいけれど、「どう言ったらいいのか分からない」、「この言い方で大丈夫かな」と、不安を抱えている子もいるでしょう。

そんな子供たちには、発言の仕方を教えたり、よい発言をしている子をほめて紹介したりするとよいでしょう。

意見をなかなか言えない子

1 まずは、自分の意見を言ってみよう

1 まずは、自分の意見を言ってみよう

2 同じ意見や似ている意見は応援しよう

2 同じ意見や似ている意見は応援しよう

3 分からないときは、聞いてみよう

3 分からないときは、聞いてみよう

4 友達の意見も大事にしよう

4 友達の意見も大事にしよう

5 自分の意見が変わったら伝えよう

5 自分の意見が変わったら伝えよう

意見が分かれたときは、どうすればよいの?

意見が分かれたとき、どのように決定するかは難しい問題です。安易に多数決で認めてしまうと、話合いが深まらなくなってしまいます。十分に話し合うと多数決に近い結果に寄ったり、少数意見を生かしたりすることができます。

話し合うことで、友達の意見を聞き、自分の意見が変わったり、深まったりするから、おもしろいのです。

では、どうしたらよいのでしょう。

1 二つの意見のよいところを合わせる

二つの意見のよいところを合わせる

2 中心となる意見を補う

中心となる意見を補う

3 少数意見が多数意見に譲る

少数意見が多数意見に譲る

4 多数決を採る

十分に話し合い、全員が納得した場合に多数決を行います。

多数決を採る

多数決で決めたことは、全員で協力して取り組みましょう。

イラスト/山本郁子

『教育技術 小三小四』2020年11月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

学級経営の記事一覧

雑誌最新号