• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

先生の夏休みは、資質向上に努めよう!

2019/6/24

毎日の授業がない夏休みは、絶好の自己啓発期間です。時間を見つけて、教師としての資質向上や精神的な成長を目指し、研修の計画を立てましょう。効率的な学び方について、大阪市立公立小学校首席 川村幸久先生にお話を聞きました。

セミナーで学ぶ人たちのイメージ

あらゆることから学ぶ姿勢を持つ

身の回りにはたくさんの研修のチャンスがある
身の回りにはたくさんの研修のチャンスがある

「あらゆることから、学ぶことがある」という姿勢を持つことで、毎日の生活の中から、授業力や学級経営力を高めるチャンスがあることに気が付きます。自身が意識を変えれば、学びが広がります。上の図の項目をヒントに、夏休みの研修の計画を立てましょう。

研究会に参加しよう

1.自分の学びたいことを優先して選択する

一学期をふり返り、「自分が必要としていること」「学びたいこと」を第一に、研究会を選ぶようにします。学校に届く案内以外にも、「教育技術」のweb「みんなの教育技術」も参考にして調べてみましょう。

みんなの教育技術
「みんなの教育技術」のトップページの赤い囲み部分に「研究会カレンダー新着」があります

2.ひと言は何かを話をするようにする

「よし、今日は必ず何かひと言発言をしたり、質問をしたりするぞ!」そう思って研究会に臨むと、単に聞き手の自分ではなく、いつも以上に自分事として意識を持って研究会に参加することができます。感想だけでもよいので、積極的に発言をすることを心がけましょう。

3.つながりをつくる

研修に参加すれば、自分の学校だけではなく、周りの学校の先生や、時には他の都道府県の先生方と交流する機会が生まれます。そのつながりは、教師としての財産であり、多くのことを学ぶチャンスです。積極的にコミュニケーションをとり、つながりを広げましょう。

4.学んだことをアウトプットする

研修会で学んだことの中から「二学期の授業で使えるな」と思ったら、すぐにメモを取り、研修終了後、学んだことをまとめましょう。まとめたものは、さっそく二学期の授業で活用したり、同僚に話をしたりしてアウトプットするようにしましょう。

【研修の良循環サイクル】

研修を受けて新しい知識や考え方をインプットする

自分の学級にどのように生かすことができるのか考えて整理する

整理した考えを学級や同僚にアウトプットする

研修を受けて新しい知識や考え方をインプットする
 ※繰り返す

インプットしたらすぐにアウトプット。このサイクルを忘れず実行すれば、研修での学びが自分のものになります。アウトプットがないと、意味がありません

『小三教育技術』2018年7/8月号より

関連する記事

行事記事一覧

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

学習発表会を子供と創る!学芸会の劇指導

芸術の秋です。この時期、学芸会を開く小学校も多いのではないでしょうか。本誌連載「特別活動のすべて」が好評の清水弘美先生が、はじめての学芸会での劇の準備や対策につ…

【セミナー動画】子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉県組体操協会・戸田克)

7月に開催された「全国組体操研究発表会in東京」のセミナーを動画でお届けします。『いまこそ安全!組体操 ~「高さ」から「広がり」へ!新技50~』(小社刊)などの…

スポーツの秋におすすめ! 「運動遊び」でケガを防ぐ!

運動会、マラソン大会など、二学期はスポーツ行事が多い時期。いつも以上に子供のケガに注意したいものです。子供のケガを防ぐためには、まずケガをしにくい身体をつくるこ…

校外学習等ネタコレクション
【校外学習&バスレク等】活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

全校遠足で、最高学年の自覚と思いやりを育てよう!

秋の遠足を異年齢グループで行う小学校は少なくありません。1年生から6年生の子どもたちで「たてわり班」をつくり、校外に出かけ、ウォークラリーをします。どのような準…

もっと見る