• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

先生の夏休みは、資質向上に努めよう!

2019/6/24

毎日の授業がない夏休みは、絶好の自己啓発期間です。時間を見つけて、教師としての資質向上や精神的な成長を目指し、研修の計画を立てましょう。効率的な学び方について、大阪市立公立小学校首席 川村幸久先生にお話を聞きました。

セミナーで学ぶ人たちのイメージ

あらゆることから学ぶ姿勢を持つ

身の回りにはたくさんの研修のチャンスがある
身の回りにはたくさんの研修のチャンスがある

「あらゆることから、学ぶことがある」という姿勢を持つことで、毎日の生活の中から、授業力や学級経営力を高めるチャンスがあることに気が付きます。自身が意識を変えれば、学びが広がります。上の図の項目をヒントに、夏休みの研修の計画を立てましょう。

研究会に参加しよう

1.自分の学びたいことを優先して選択する

一学期をふり返り、「自分が必要としていること」「学びたいこと」を第一に、研究会を選ぶようにします。学校に届く案内以外にも、「教育技術」のweb「みんなの教育技術」も参考にして調べてみましょう。

みんなの教育技術
「みんなの教育技術」のトップページの赤い囲み部分に「研究会カレンダー新着」があります

2.ひと言は何かを話をするようにする

「よし、今日は必ず何かひと言発言をしたり、質問をしたりするぞ!」そう思って研究会に臨むと、単に聞き手の自分ではなく、いつも以上に自分事として意識を持って研究会に参加することができます。感想だけでもよいので、積極的に発言をすることを心がけましょう。

3.つながりをつくる

研修に参加すれば、自分の学校だけではなく、周りの学校の先生や、時には他の都道府県の先生方と交流する機会が生まれます。そのつながりは、教師としての財産であり、多くのことを学ぶチャンスです。積極的にコミュニケーションをとり、つながりを広げましょう。

4.学んだことをアウトプットする

研修会で学んだことの中から「二学期の授業で使えるな」と思ったら、すぐにメモを取り、研修終了後、学んだことをまとめましょう。まとめたものは、さっそく二学期の授業で活用したり、同僚に話をしたりしてアウトプットするようにしましょう。

【研修の良循環サイクル】

研修を受けて新しい知識や考え方をインプットする

自分の学級にどのように生かすことができるのか考えて整理する

整理した考えを学級や同僚にアウトプットする

研修を受けて新しい知識や考え方をインプットする
 ※繰り返す

インプットしたらすぐにアウトプット。このサイクルを忘れず実行すれば、研修での学びが自分のものになります。アウトプットがないと、意味がありません

『小三教育技術』2018年7/8月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『先生の教養』の記事一覧

スマホ
授業、仕事効率化に!モバイル・アプリ活用術14【♯三行教育技術】

「みんなの教育技術」をご覧いただいている先生方からTwitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュ…

「子どものころのたからもの」大野八生さん(絵本作家)

雑誌『教育技術 小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本作家に表紙用のイラストの作画をお願いしています。本コーナーでは、その絵本作家さんに…

2020/1/17

2019年11月学級イラストダウロード
学級通信に!教室掲示に!学級イラストダウンロード 教育技術小五小六2月号読者限定

学級通信や掲示物を飾る「教育技術小五・小六」の読者限定でオリジナルイラストをダウンロードできます。学級活動に限りご自由にお使いいただけます。

Society5.0の時代に向けて学校教育は今、変革期を迎えている

最近、あちこちで使われているSociety5.0という言葉。未来社会を意味するこの言葉は、実は学校教育に深くかかわってくるキーワードであり、学校教育は今、変革を…

休み明け児童の異変に「虐待かも」と感じたらすぐすべきこと

休み明け、元気がない、提出物が出されない、体に傷がある・・・など、「虐待かもしれない」と疑いを持ったときに、担任はどうしたらよいのでしょうか? 専門家に、担任と…

チームとしての学校:保護者との関係づくりの要諦とは?

これからの学校の在り方として示されている「チームとしての学校」、そして新学習指導要領の理念である「社会に開かれた教育課程」を実現していくには、家庭や地域社会との…

2019/12/19

犯罪から子どもたちを守る!学級担任のための防犯指導のイロハ

各地の小学校で起こり続ける事件や事故。もし万が一自らの学校に降りかかった場合、学級担任はどのような対応をすべきなのか。ここでは、防犯のポイントについて具体的に解…

2019/12/16

「小5の僕たちにとって雪景色は異世界体験だった」はたこうしろうさん(絵本作家)

雑誌『教育技術 小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本作家に表紙用のイラストの作画をお願いしています。本コーナーでは、その絵本作家さんに、…

2019/12/15

子どもたちのやる気を引きだす「なわとびカード」の使い方【教育技術小三小四1月号購入者特典PR】

なわとび指導には、「なわとびカード」を用意して、子どもたちが達成感や喜びを感じられるようにして行うとよいでしょう。なわとび技をどんどんクリアして、カードが新しく…

教育技術小五小六2020年1月号イラストダウンロード
学級通信や教室掲示に!小五小六1月号読者限定イラストダウンロード

学級通信や掲示物を飾る「教育技術小五・小六」の読者限定でオリジナルイラストをダウンロードできます。学級活動に限りご自由にお使いいただけます。

もっと見る