• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

4年3組学級経営物語(9)

2019/7/11

学級経営物語タイトル

7月②「総合的な学習」にレッツ・トライだ!

文/濱川昌人(よりよい学級経営を考える大阪教師の会)
絵/伊原シゲカツ

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。イワオジの教師力の原点を聞き、自身の未熟さを反省をする渡来先生。そんな姿を見たイワオジは、7月に行う総合的な学習のゲストティーチャーとの打ち合わせを、渡来先生に任せることにしました。

<登場人物>

トライ先生
トライだ先生(渡来勉/わたらいつとむ)
主人公。教職1年目。教師になる熱意に燃えて、西華小学校に赴任。 やる気とパワーは人一倍あるものの、時には突っ走り過ぎるのが玉にキズ。しばしば飛び出す口癖から「トライだ先生」と 呼ばれるようになる。4年3組担任。
イワオジ
イワオジ先生(大河内巌/おおこうちいわお)
教職20 年の経験豊富な学年主任。4年1組担任。一見いかついが、 温かく見守りながら的確なアドバイスをしてくれ、 頼れる存在。ジャグリングなど意外な特技も。
ゆめ先生
ゆめ先生(葵ゆめ/あおいゆめ)
教職3年目。4年2組担任。新採のトライだ先生を励ましつつも一 歩リード。きまじめな性格で、ドライな印象を与えてしまうことも。音楽好きでピアノが得意。

ゲストティーチャーはフランスからの留学生

翌日の放課後、会議室の前に立つ渡来先生。

『ゲストティーチャーはジャンヌ、フランスの留学生だ。フランスについて子どもたちが質問し、日本のことを伝える…。異文化交流を通じ、地球市民としての意識を高める調べ学習だ』。*

昨日の主任の言葉を思い出し、胸がドキンドキン。

『フランス語しゃべれないけど…、でもトライだ!』

4年3組学級経営物語

思い切って開けたドアの向こうに座っていたのは、フランス人形に似た美しい瞳の女性。

「ボ…、ボンジュール。マドモアゼル、ええと…」

完全に舞い上がってしまった渡来先生。

立ち上がるジャンヌ、フワリと揺れる長い髪。

「コンニチワ、ハジメマシテ、トライだ先生!」

「えーっ、日本語上手じゃないですかぁ!」

「オジイサン、日本大好キ。ダカラ、ワタシモ日本文化ニ興味ヲ持ッタノ。コノ春カラ大学デ勉強シテマス。ヨロシクネ!」

ピエールじいさんの孫娘、ジャンヌが優雅に手を差し伸べてきました。

ピンチ! 指導案通りにはいかない!

「…ワタシ、日本文化ノ研究シテルノヨ。小学生ニ聞キタイ事ナンテ無イケド」

困った顔で、ジャンヌが答えました。

「ソレニ、フランスノ事ハ、ガイドブックデ調ベル方ガ、正確ニ分カルヨ」

『交流活動にならない。どうしよう…』

主任から手渡された指導案を見ながら、悩む渡来先生。

「ゴメンネ。フランスデハ、自分ノ意見ヲハッキリ言ウ。日本ハ、和ヲ以テ尊シナンダケドネ」

会話が途切れます。

質問が浮かばず焦る渡来先生を不思議そうに見つめるジャンヌ。

大ピンチ!  焦りが頂点に達します。

その時、あの厳つい顔と言葉を思い出しました。

『課題を持ち、学びにつなぐには…。ん…、あっ…、そうか』

心に浮かんだ素朴な疑問を、言葉にしました。

「…日本に来て、自分の国とは『違うなぁ』と感じたことは? それと、『ああ同じだ』と思ったことは?」

ジャンヌが、目を輝かせました。

「イッパイ有ルヨ! グルメハ同ジダケド、食材ヤ料理法ハ違ウノ。日本ハ、カタツムリ食ベナイ。オ汁粉ハ、黒クテ甘イカラ苦手。小豆ハ、塩味デ茹デルノガ普通ナンダケド…」。

話題が急激に膨らみ、先生自身も 何だか楽しくなってきました。

ジャンヌに…トライだ?

「では、インタビューを続けます」

学者タイプのハジメが質問します。

「フランスでは日本のアニメが大人気だそうですが、ジャンヌさんは?」

「私モ大好キ! 好キナノハ、○△×…」

なじみのアニメ番組名が出され、喜ぶ子どもたち。

「たこ焼きは食べましたか?」

ハジメが聞くと、「大阪名物だよ!」という声が続きます。

ジャンヌが、困り顔で答えます。

「タコハ苦手ナノ。フランスデハ、海ノ悪魔ッテ言ウカラ…」

「へえー、そうなの」

「美味しいのにね」

カバンから、大きな地図を取り出すジャンヌ。

「今日ハ、ヨーロッパノ地図ヲ持ッテキマシタ」

「日本はどこ?」

「あっ…、東の端にあった!」

「日本ハ東ノ端、極東トシテ描カレテイルワ」

「世界地図の中央は、必ず日本と思ってた…」

アキが手を挙げます。

「でも、いろんな地図の描き方があるんだね。国や地域によって」

「感じ方、考え方、表現の仕方は随分違う。しかし同じこともある。さっきのアニメのように」

渡来先生、ナイスアドバイスです。

一学期最後の総合的な学習は、ジャンヌを中心に盛り上がりつつあります。

廊下側の窓からは、大河内主任と葵先生が興味深そうに参観しています。

「ジャンヌを、教材としてうまく活用している。引き出しが1つ増えたな」

笑顔でつぶやく主任。

「でも、『違いを認め、共に生きる』って国際理解教育の本に載っています。事前に読めば、ムダに試行錯誤せずとも…。それに調べ学習にどうつなげるかも不明確です」

厳しい評価の葵先生。

「まず基礎基本からだな、教師力アップは。いいセンスを持っているが、まだまだ修行が足りん」

渋い顔の主任と葵先生に気づかぬ渡来先生。

ノートには今夏のキャリアアップの秘策が…。

それは「ぶらり旅で教師力向上~引き出しを豊かにする夏の旅行計画!~」でした。

(8月①につづく)

<<前の回へ  ● 次の回へ>>

『小四教育技術』2017年8月号増刊より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

学ぶ意欲を刺激する!小1「授業開きアイデア」

学級開きが終わったら、次にやってくるのが「授業開き」。好奇心旺盛な低学年の子供たち、最初の授業で心をつかみ、学びに向かう姿勢をつくりたいものです。学ぶ意欲を刺激…

学校再開の授業アイデア:モジュール授業と聞く指導【新型コロナ対策】

学校再開に際し、授業をどのように作るかも課題になっています。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、対話や活動を授業のメインにできなくなる中、いかに楽しい学び…

小3理科「しぜんのかんさつをしよう」指導アイデア

小3理科「しぜんのかんさつをしよう」の指導アイデアです。身の回りの生物について調べる活動を通して、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主に差異点や共…

菊池省三の教師力UP道場:子どもを「ほめる」7つの極意

ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3 匹の教師のタマゴたちが、伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生のもとで「生きた授業技術」を学んでいく連載の…

小5社会「国土の広がり」指導アイデア

小5社会「国土の広がり」指導アイデアです。地図帳などで見慣れている位置に日本が描かれていない複数の地図を用いて、既存の知識とのずれを生み出し、主体的に調べる意欲…

菊池省三の教師力UP道場:子どもの集中力がアップする指導法とは

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

菊池省三の教師力UP道場:一人をほめてみんなを伸ばす指導のやり方

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

小3算数「かけ算」指導アイデア

小3算数「かけ算」指導アイデアです。ロッカーの数を数え、かけ算九九の表を想起しながら番号を付けていく活動を通して、乗数と被乗数が入れ替わっても積は同じになること…

新学習指導要領全面実施に向けてカリキュラム・マネジメントの充実を

2020年度、いよいよ小学校では新学習指導要領が全面実施となります。これを円滑に進めていくためには、新年度を迎えるまでにどのような準備が必要となるのでしょうか。…

小5国語「人物の心情をとらえて音読しよう」指導アイデア

小5国語「人物の心情をとらえて音読しよう」の指導計画です。音読には、自分がより深く内容を理解したり、自分が理解したことを表出したりする働きがあります。これまでに…

もっと見る