小4社会「自然災害から人々を守る活動」指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県公立小学校教諭・堀祥子
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登

目標

自然災害から人々を守る活動について、過去に発生した埼玉県の自然災害、関係機関の協力などに着目して調べ、災害から人々を守る活動の働きを考え、地域の関係機関や人々は、自然災害に対してさまざまな協力をして対処してきたことや、今後想定される自然災害に対し、さまざまな備えをしていることを理解できるようにするとともに、学習問題の解決に向けて意欲的に追究し、自分たちにできることなどを選択・判断しようとする態度を養う。

学習の流れ(10時間扱い)

問題をつくる(3時間)

○埼玉県のこれまでに発生した自然災害について調べる。
〇自然災害の被害の様子や生活への影響を調べ、学習問題をつくる。

<学習問題>
地震から私たちの生活を守るために、だれが、どのような取組をしているのだろう。

〇学習問題に対する予想をし、学習計画について話し合う。

追究する(5時間)

○家庭の地震への備えについて調べる。
〇学校の地震への備えについて調べる。
〇市の地震への備えについて調べる。
〇市と国や県の備えについて調べる。
〇地域(自治会)の備えから住民同士の協力について調べる。

まとめる(2時間)

○学習してきたことを基に、地震から人々を守る活動について関係図にまとめる。
〇関係図を基に、地震の被害を減らすために、自分たちができることを話し合い、自分の考えをまとめる。

導入の工夫

過去の大震災の記録や今後想定される地震の被害想定図から読み取ったことを基に、さまざまな備えについて主体的に追究していけるようにします。

第1時:埼玉県の過去のさまざまな自然災害が発生してきたことを示す年表から、自然災害の種類があり、地震の発生件数も多いことを学習します。

第2時

年表や関東大震災被害図から、どのようなことが分かりますか。

地震にまつわる年表
関東大震災被害図

関東大震災から100年近く経つね。

埼玉県の南東に震災被害が集中しているよ。

僕たちが住んでいる川口市でも小学校が倒れてしまうほど、大きな被害が出たんだね。人々の生活はどうなったのかな。

同じような地震は、内閣府によると、今後30年で70%の確率で起こると言われています。

埼玉県地震被害想定調査被害分布図

埼玉県のなかでも川口市は建物が全壊する地域が多いね。これでは、安心して生活できないな。県や市は何か対策をしているのかな。

関東大震災のときのように建物が壊れたら、避難しなきゃいけない。埼玉県や川口市はどのような準備をしているのかしら。

問題をつくる(1、2/ 10時間)

過去に発生した自然災害や人々の生活の関連に着目して、災害年表や写真資料から自然災害の種類や災害の様子を読み取り、問題意識を高めます。

学習問題
地震から私たちの生活を守るために、だれが、どのような取組をしているのだろう。

まとめる(9・10 /10時間)

学習してきたことを基に、自然災害から人々を守る取組の働きを考え、地域社会の一員として、自分ができることについて考えます。

まとめ方の工夫

国・埼玉県・川口市(公助)、地域(共助)、私たち(自助)のつながりを関係図にまとめ、それらを基に、今後起こり得る地震に対して私たちができることを考えます。

第9時

学習してきたことを関係図にまとめ、それらがどのような働きをしているのか考えましょう。

学習してきたことの関係図

国・県・市や地域は地震に対して計画的に備え、協力して対処していることが分かったね。

関連図の中の「わたし」は助けてもらってばかりだね。地震の被害を減らすために、自分たちができそうなことはないのかな。

第10時

今後起きるかもしれない地震に対して、私たちができることを今まで学習してきたことを基に話し合いましょう。

市が発行しているハザードマップを見ながら、地震が起きたときの行動を家族と話し合うことが大事だわ。

地域で避難訓練が行われているのに、一度も参加していなかったよ。声かけするためにも、お互いに顔を知る必要があるね。

単元づくりのポイント

ここでは、公助や共助における関係機関の取組を調べ、その働きを考えることが大切です。また、県や市役所だけでなく、気象庁や自衛隊などの国の関係機関とも連携・協力して人々の安全を守る活動を行っていることに気付かせることも大切です。

さらに、学習したことを基に、地震は0にならないことから、地震の被害を減らすために、自分自身の安全を守るための行動のしかたを考えたり、自分たちにできる自然災害への備えを選択・判断したりすることができるように指導することが大切です。


イラスト/横井智美、佐藤雅枝

『教育技術 小三小四』2020年9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号