• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

憧れと思いやりがキーワードの異年齢交流活動

2019/6/8

学校だからできる、異年齢交流活動。「人からこうされるとうれしい、楽しい」という体験を通して、気持ちのつながりが生まれるような異年齢交流活動になることを目指しましょう。

文・東京都八王子市立小学校校長・清水弘美

異年齢交流
撮/大庭正美

隣接学年を使って楽しい関わり方を体験

異年齢交流活動の中でも、隣接学年の交流はつながりが深くなります。隣接学年を使って、楽しい関わり方を体験してみましょう。

例えば、6年生から5年生へのサプライズ・プレゼントです。5年生が宿泊学習などの学校行事に出かけたとき、6年生が5年生の教室を掃除したことがあります。たいてい出発する日は慌しく、教室が散らかりがちです。そこで、6年生はサプライズ・プレゼントを思いついたというわけです。

その他には、6年生が「行ってらっしゃい」の横断幕を掲げたり、黒板に「お帰りなさい」のメッセージを書いたりするというアイディアもあります。そうすると、今度は5年生が、6年生に対してお返しをする活動が生まれるようになります。

さらには、5年生が自分たちを真似して掃除をすることを見越して、掃除道具の入ったロッカーの扉を開けると、「ありがとう」のメッセージが現れるというしかけを6年生がつくったこともあります。

遠足や社会科見学など学校行事があるたびに、そのような楽しい活動が見られるようになります。人からこうされるとうれしい、楽しいという体験をする習慣をつくる1つの方法です。

6年生と1年生は蜜月の関係

6年生が1年生のお世話をする活動も、よく行われている活動です。6年生から1年生までで構成される異年齢の班の組み合わせは、6年間変えない方が望ましいと思います。一緒に過ごす時間、回数を増やすことによって、より深くつながる異年齢交流活動を行うことができるからです。

例えば、6年生が修学旅行に出発する日には、1年生はいつもお世話になっている相手の6年生それぞれに、てるてる坊主をつくって贈るという出来事が起きたことがあります。

気持ちのつながりが生まれるような、異年齢交流活動を目指しましょう。

異年齢交流
撮影/金川秀人

『教育技術 小五小六』2019年6月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『働き方の知恵』の記事一覧

学年会
理想の研修・研究・学年会:10 のアイディア【♯三行教育技術】

Twitterで募集している♯三行教育技術(Twitterで【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュタグをつけてつぶやくだけ!詳しくは…

「苦手な子どもがいる」そう感じてしまう自分を否定しないで

教師たるもの、全ての子どもを好きでいなくてはならない。と思う人が多いことと思います。しかし、「苦手」と感じてしまう、その感じ方まで否定する必要はないのではないで…

特別対談「若手女性教師を育てるために大切なこと」

若手教師の指導・育成に日々取り組む女性教諭のお二人、樋口綾香先生と岡本美穂先生のスペシャル対談企画! 若手教員の現状や指導の苦悩に触れて、効果的なアドバイスやN…

仕事術 働き方改革
教師の名もなき仕事を効率化!自分でできる26技【♯三行教育技術】

「みんなの教育技術」をご覧いただいている先生方からTwitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュ…

主任の仕事術&職員室コミュニケーションの技17【♯三行教育技術】

「みんなの教育技術」をご覧いただいている先生方からTwitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュ…

いつやるの?今でしょ!即実践可能な働き方改革のススメまとめ

日本の教師は世界でもっとも労働時間が長いと言われています。働き方改革については『教育技術』でもいろいろ紹介してきました。これまでの記事のまとめを参考にしながら、…

管理職がいますぐ取り組むべき学校改革・学校経営7大まとめ

「学校改革」や「学校経営」をテーマにしたこれまでの記事をまとめて紹介します。全国学力・学習状況調査で実力を上げた北海道の小学校や、「すべての子どもが安心して共に…

1分でわかる仕事術|教師が持つべき3つの視点と2つのアプリ

働き方改革は周りが変えてくれるのを待つのではなく、「自分でできる」ことから進めていくのが一番の近道!! 一日15時間労働+土日も仕事をしていた小学校教諭が、いか…

学校に客としての対応求める「ユーザー化する保護者」どう対応すべき?

令和時代の保護者対応とは――? 来年度から新学習指導要領が小学校で全面実施。教育現場には、保護者や地域との連携も求められますが、現実には難しい面が多くあります。…

2019/12/17

大地震から子どもたちを守る!学級担任のための防災指導のイロハ

今年立て続けに各地の小学校で起こった事件や事故。もし万が一自らの学校に降りかかった場合、学級担任はどのような対応をすべきなのか。ここでは、防災のポイントについて…

2019/12/15

もっと見る