• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

いじめが辛いときに読んでほしい「生きることだけはあきらめないで」

2019/5/5

よしもとクリエイティブ・エージェンシーの養成所「NSC」で講師を務め、さらに漫才作家として活躍されている本多正識さん。デビュー前のナインティナイン、キングコング、南海キャンディーズ、ウーマンラッシュアワーをはじめ、ほぼ1万人近い芸人研修生を指導してきた名物講師です。昨年12月に発売した著書「笑おうね 生きようね─いじめられ体験乗り越えて」を書かれた経緯と共に、いじめにあっている子たちに伝えたい思いもお聞きすることができたので、ご紹介します。

よしもとNSC講師・漫才作家 本多正識 さん
よしもとNSC講師・漫才作家 本多正識 さん

自身の経験から

― 「いじめ」に関する著書を書かれた経緯を教えてください。

本多 実は芸能人で、いじめを受けた経験のある人はとても多いんです。自分も実際にいじめや、親から言葉の虐待を受けた経験があり、17歳から25歳までは家と病院しか知らない青春でした。それでも自分は死を選ばず、しぶとく生きています。

しかし、残念なことですが、近年いじめで自殺する子供が増えています。この本で一番伝えたいのは、「絶対に死なないで」ということ。私は今年で60歳になります。知識や実績は私のほうがあるかもしれないけれど、可能性・夢・チャンスは若い子のほうが圧倒的に多い。まず生きてさえいればチャンスは必ずあります。

でも命を断ってしまうと、そのチャンスすら手にすることはできません。何をあきらめてもいいから、生きることを絶対にあきらめないでほしいということを伝えたいです。

テーマは「いじめ」ですが、マンガを入れたり、教え子でもあるキングコングの西野(亮廣)、南海キャンディーズ山里(亮太)、ウーマンラッシュアワー村本(大輔)の3人との対談を盛り込むなど、手に取りやすい本になっていると思います。

いじめられている子に伝えたい

―いじめに対して、学校現場では何ができるでしょうか。

本多 私は教育に関して素人なので、偉そうなことは言えませんが、私ならいじめられているたちに「君はこの世界に一人しかいない存在なのだから、自分を認めて『今日までよく頑張ったね』とほめてあげよう。今の現実が全てではない。ちょっと横を見れば全く違う世界が広がっている。君の前にある無限の可能性を信じて、いろんなことにチャレンジしてみよう!」と伝えたいですね。

NSCに来る芸人志望の子たちも、表面的には自信満々に見えますが、実は「講師や同期生からどう見られているんだろう?」と、とても気にしています。そんな彼らに、「今は周囲の評価を気にしなくていい、自分たちが面白いと思うことを精一杯にやることが大切」と伝えています。いま活躍している生徒たち、ナインティナイン、キングコング、友近…数え上げたらきりがありませんが、みんなそういう葛藤を経てお笑いの世界で生き残っています。

「A君はできるのに、どうしてあなたはできないの?」という叱り方をする親御さんが多いように思いますが、我が子はA君ではありません。違っていて当たり前です。ですから何よりも「あなたはこの世の中で唯一無二の存在なんだよ!だから自分を大切にしようね」と伝えてあげてほしいと思います。

先生方には逆に、「子供たちから自分はどう見られているのか?」ということをしっかり意識していただきたいです。一人ひとりの違いが分かれば、自ずとかける言葉も変わってくるでしょう。

言われて嬉しい言葉もNGワードも一人ひとり違います。どうぞ、しっかりと見極めてあげてください。


笑おうね 生きようね いじめられ体験乗り越えて
著/本多正識   定価:1300円+税
ISBN 978-4-09-388662-8
試し読みはこちら

著者の教え子でもある一流芸人や、著者自身のいじめられ体験と、それに負けずに生き抜いたことを、今、いじめに直面し辛い思いを抱えている人たちに伝えたい。そして、あなたは決して一人ではないということを知ってほしい。笑うことで生きる力を取り戻せるなら・・・。笑おうね。そして、生きようね。一人ひとりに明るい未来はあるはずです。

 『教育技術』2019年 2/3 月号より

取材・文:加藤舞(EDUPEDIA) まとめ/出浦文絵 撮影/編集部
●これと関連したインタビュー記事が「EDUPEDIA」でも配信されます。

関連する記事

その他記事一覧

保護者会で信頼を得る話の聴き方、進め方

小学校の保護者会で、相手のことを思いやるあまり援助的・指導的な話し方になると、かえって自分の話をしっかり聴いてもらっていないと保護者は感じてしまいます。個人面談…

2019/7/16

おじぎ 分離礼
正式な礼の仕方「分離礼」を指導しましょう

一学期が終わるころ、4月から始まった新しい学級はシステムが定着し、安定してくる時期です。高学年は、委員会活動、クラブ活動や異年齢交流活動など、学級の外で頑張るこ…

夏の研修会
ベテラン教師直伝!夏の研修会200%活用術

夏休み期間は、各地で「研修会」が目白押し。どの研修会に行き、どのように学び、どう活用すればよいのか、そのハウツーをご紹介します。

2019/7/13

プラスチック色鉛筆 自由課題
想像力と創造力を鍛える自由課題「色鉛筆ドロップス」

「プラスチック色鉛筆」は、ちょっとした空き時間と相性抜群の文房具です。芯が折れにくい、手が汚れにくい、などの特長があり、片付けも容易。机の中に常駐させ、いつでも…

2019/7/12

映画『風をつかまえた少年』で、学びの本質を考える

学校にも行けず、食べるものもない。アフリカの貧しい地域での過酷な状況の中、14歳の少年が一冊の本と出会い、独学で作り上げた風力発電で飢饉から村を救い未来を切り開…

2019/7/11

中野信子
「キレる」をスキルに!戦略的活用でコミュニケーションに活かそう!

「キレる」という感情は、人間にそもそも備わっているものーーそう語るのは『「キレる!」脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』の著者である脳科学者の中野…

この夏、注目の研究会(2019年7月下旬から4本)

まもなく夏季休業、教師力アップのために有効に使いたいですね。7、8月は研究会も多数開催されるので、参加して自らの学びにつなげてはいかがでしょうか。そこで7月下旬…

2019/7/3

菊池先生と林先生
この夏、見ておきたい「学ぶこと」の本質を映し出す教育映画2作品

教育の本質とは何なのか?を考えるよい機会となる教育映画『ニッポンの教育 挑む(第二部)』『林竹二の授業 ビーバー』の上映イベントを紹介します。教師の力量をどう高…

EQイメージ
保護者も気にする「教師のEQ、高いか低いか」【保護者座談会】

昨今、注目されている教師のEQ(Emotion Intelligence Quoient/心の知能指数)。EQが高い先生でよかったこと、反対に低い先生で残念だっ…

2019/7/2

ぬり絵
心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】7月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。
7月は朝顔や花火など夏にぴったりなぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

もっと見る