• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

いじめが辛いときに読んでほしい「生きることだけはあきらめないで」

2019/5/5

よしもとクリエイティブ・エージェンシーの養成所「NSC」で講師を務め、さらに漫才作家として活躍されている本多正識さん。デビュー前のナインティナイン、キングコング、南海キャンディーズ、ウーマンラッシュアワーをはじめ、ほぼ1万人近い芸人研修生を指導してきた名物講師です。昨年12月に発売した著書「笑おうね 生きようね─いじめられ体験乗り越えて」を書かれた経緯と共に、いじめにあっている子たちに伝えたい思いもお聞きすることができたので、ご紹介します。

よしもとNSC講師・漫才作家 本多正識 さん
よしもとNSC講師・漫才作家 本多正識 さん

自身の経験から

― 「いじめ」に関する著書を書かれた経緯を教えてください。

本多 実は芸能人で、いじめを受けた経験のある人はとても多いんです。自分も実際にいじめや、親から言葉の虐待を受けた経験があり、17歳から25歳までは家と病院しか知らない青春でした。それでも自分は死を選ばず、しぶとく生きています。

しかし、残念なことですが、近年いじめで自殺する子供が増えています。この本で一番伝えたいのは、「絶対に死なないで」ということ。私は今年で60歳になります。知識や実績は私のほうがあるかもしれないけれど、可能性・夢・チャンスは若い子のほうが圧倒的に多い。まず生きてさえいればチャンスは必ずあります。

でも命を断ってしまうと、そのチャンスすら手にすることはできません。何をあきらめてもいいから、生きることを絶対にあきらめないでほしいということを伝えたいです。

テーマは「いじめ」ですが、マンガを入れたり、教え子でもあるキングコングの西野(亮廣)、南海キャンディーズ山里(亮太)、ウーマンラッシュアワー村本(大輔)の3人との対談を盛り込むなど、手に取りやすい本になっていると思います。

いじめられている子に伝えたい

―いじめに対して、学校現場では何ができるでしょうか。

本多 私は教育に関して素人なので、偉そうなことは言えませんが、私ならいじめられているたちに「君はこの世界に一人しかいない存在なのだから、自分を認めて『今日までよく頑張ったね』とほめてあげよう。今の現実が全てではない。ちょっと横を見れば全く違う世界が広がっている。君の前にある無限の可能性を信じて、いろんなことにチャレンジしてみよう!」と伝えたいですね。

NSCに来る芸人志望の子たちも、表面的には自信満々に見えますが、実は「講師や同期生からどう見られているんだろう?」と、とても気にしています。そんな彼らに、「今は周囲の評価を気にしなくていい、自分たちが面白いと思うことを精一杯にやることが大切」と伝えています。いま活躍している生徒たち、ナインティナイン、キングコング、友近…数え上げたらきりがありませんが、みんなそういう葛藤を経てお笑いの世界で生き残っています。

「A君はできるのに、どうしてあなたはできないの?」という叱り方をする親御さんが多いように思いますが、我が子はA君ではありません。違っていて当たり前です。ですから何よりも「あなたはこの世の中で唯一無二の存在なんだよ!だから自分を大切にしようね」と伝えてあげてほしいと思います。

先生方には逆に、「子供たちから自分はどう見られているのか?」ということをしっかり意識していただきたいです。一人ひとりの違いが分かれば、自ずとかける言葉も変わってくるでしょう。

言われて嬉しい言葉もNGワードも一人ひとり違います。どうぞ、しっかりと見極めてあげてください。


笑おうね 生きようね いじめられ体験乗り越えて
著/本多正識   定価:1300円+税
ISBN 978-4-09-388662-8
試し読みはこちら

著者の教え子でもある一流芸人や、著者自身のいじめられ体験と、それに負けずに生き抜いたことを、今、いじめに直面し辛い思いを抱えている人たちに伝えたい。そして、あなたは決して一人ではないということを知ってほしい。笑うことで生きる力を取り戻せるなら・・・。笑おうね。そして、生きようね。一人ひとりに明るい未来はあるはずです。

 『教育技術』2019年 2/3 月号より

取材・文:加藤舞(EDUPEDIA) まとめ/出浦文絵 撮影/編集部
●これと関連したインタビュー記事が「EDUPEDIA」でも配信されます。

関連する記事

その他記事一覧

【ブックレビュー】『こわ~い漢字ドリル 小学1・2年生』

単調な漢字学習は、子どもにとって楽しいものではありませんよね。そこで近頃は、おもしろおかしい例文を使った漢字ドリルが流行しているわけですが、満を持してこの度、子…

2019/5/21

小宮信夫さん

子どもを犯罪から守る「景色解読力」とは

子どもたちに「襲われたらどうするのか」ではなく、「襲われないためにどうするのか」ということを教える必要がある――これが立正大学教授・小宮先生の教える「犯罪機会論…

2019/5/18

【ブックレビュー】『何が変わるの?教科等の要点が簡潔にわかる!新学習指導要領ここがポイント』

2017年3月に告示された新学習指導要領。『教育技術』各誌でも何度となく取りあげられ解説されている新学習指導要領ですが、解説を隅から隅まで読んだとしても、心にス…

デキる教師は「手」が違う!

教壇に立つ時、自分がどんなふうに見えているかを意識していますか?相手に何かを伝えたい時、〝身ぶり手ぶり〟はとても重要です。学びの意欲を高め、楽しい授業をするため…

2019/5/17

村上康成

表紙の絵本画家リレーエッセー 村上康成さん

雑誌『教育技術  小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本画家に表紙用のイラストの作画をお願いしていきます。本コーナーでは、その絵…

2019/5/15

脱「暗い先生」の具体策

「学校って面倒だったり、たくさん嫌なこともあったりするけど、先生の笑顔を思い出すと“明日も行くか~”と思う」、「どんな先生も怒ることはあるし、それは仕方ないと思…

2019/5/7

いじめが辛いときに読んでほしい「生きることだけはあきらめないで」

よしもとクリエイティブ・エージェンシーの養成所「NSC」で講師を務め、さらに漫才作家として活躍されている本多正識さん。デビュー前のナインティナイン、キングコング…

5月のぬり絵こいのぼり

心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】5月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。5月はチューリップと鯉のぼりのぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご活用くだ…

森田直樹さん

不登校児童を救う、教師と保護者連携の言葉がけ

森田直樹さんスクールカウンセラーKIDSカウンセリング寺子屋主宰 不登校に悩む保護者をサポートし、不登校解消の高い実績をもつスクールカウンセラーの森田直樹さん。…

4月のぬり絵

心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】4月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。4月は新入生と春の花壇をモチーフにしたぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

もっと見る