• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

新学習指導要領移行期2年目。充実した校内研修とは

2019/5/8

新学習指導要領の理念・趣旨を周知し、その全面実施に向けての改善を図っていくために欠かせないのが校内研修の充実です。移行期2年目となる今年度、どのように校内研修を充実させ高め合う教師集団をつくっていけばよいのでしょうか。

職員室

新学習指導要領時代には教師の学びも主体的・協働的に

新学習指導要領の全面実施を迎えるにあたり、校内研修の充実は欠かすことのできない課題です。それは単に、新学習指導要領が求める理念や具体策──カリキュラム・マネジメントの推進や社会に開かれた教育課程の実現、主体的・対話的で深い学びによる授業改善──を実現するため、というだけでなく、教師自身の学び方や資質向上のあり方もまた新学習指導要領時代にあわせて変わっていかなければならないという意味も含んでいます。

2015年12月の中央教育審議会答申「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について〜学び合い、高め合う教員育成コミュニティの構築に向けて〜」において「研修そのものの在り方や手法も見直し、主体的・協働的な学びの要素を含んだ研修への転換を図る必要がある」と示されているとおり(資料1)、児童生徒の主体的・協働的な学びを実現するには、教師自身の学びがまず、主体的・協働的なものに変わっていく必要があります。

新学習指導要領に向けての校内研修においては、こうした点を強く意識しておく必要があるのです。

【資料1】教員研修に関する課題
◆国、教育委員会、学校、その他の関係者等が一体となって、学校における業務の精選や効率化、教職員の役割分担の見直しや専門家の活用、組織体制の強化、地域との連携などチームとしての学校の力の向上を図る措置を講じることによって、研修のための機会を確保することが不可欠である。
◆国、都道府県、市町村、学校等研修の実施主体が大学等を含めた関係機関との有機的連携を図りながら、教員のキャリアステージに応じ、教員のニーズも踏まえた研修を効果的・効率的に行う必要がある。
◆法定研修である初任者研修、10 年経験者研修については、実施状況や教育委員会・学校現場のニーズを把握し、制度や運用の見直しを図ることが必要である。
◆研修そのものの在り方や手法も見直し、主体的・協働的な学びの要素を含んだ研修への転換を図る必要がある。
◆新たな教育課題に対応した研修プログラムの開発・普及、研修指導者の育成、教育センターや学校内での研修体制の充実など、特に校内研修の充実・活性化を図りつつ、学校内外の研修を一層効果的・効率的に行うための体制整備が必要である。
◆教員が学び続けるモチベーションを維持するため、教員の主体的な学びが適正に評価され、学びによって得られた能力や専門性の成果が見える形で実感できる取組や制度構築を進めることが必要である。
◆研修の充実のため、独立行政法人教員研修センターがこれまで以上に積極的に役割を果たしていく必要がある。

中央教育審議会答申「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について〜学び合い、高め合う教員育成コミュニティの 構築に向けて〜」(2015年12月)より

PDCAサイクルを基本にさまざまな手法の導入を

実際の校内研修の進め方としては、PDCAサイクルを柱とした基本的な流れ(資料2)を踏襲するケースが多いことと思われます。しかし、その中で用いる研修手法については、新学習指導要領時代の学びを意識したものも積極的に取り入れていくのがよいでしょう。

授業づくりのアイディアを自由に出し合う場ではブレインストーミングやブレインライティング、課題を分析したりまとめたりする際にはKJ法やロジックツリー、実践や体験につなげるなら5W1Hやロールプレイング、研修の場を活性化するにはファシリテーションやアイスブレイクなど、研修の目的や課題に応じてさまざまな手法を取り入れ、工夫していくとよいでしょう。もちろん、こうした研修手法の改善にあたっては、それがかえって教員の負担感増加につながらないよう配慮することも必要です。特定の教員だけに負担が偏ったりすることのないよう、公平かつ明確な役割分担を示すことが求めらます。

新学習指導要領は全面実施を迎えるところがゴールではありません。その後もまた、カリキュラム・マネジメントや授業づくりにおける課題を見つけ出し、改善を図っていくための不断の研鑽を積み重ねていくことが必要です。そうした“全面実施後”までを見通した校内研修体制を築いていきましょう。

構成・文/葛原武史(カラビナ)

『総合教育技術』2019年5月号より

関連する記事

職員室記事一覧

【教師の働き方改革】教室仕事を効率的にこなす2つのアイディア

自分自身の時間や家庭での生活を大切にしながら、楽しそうに働く先生は、その姿を見ている子どもにとって実は、それだけで大きな教育効果を生みます。教師という仕事を輝か…

2019/7/15

新教師力
学習指導要領2020で求められる「新・教師力」

「主体的・対話的で深い学び」を子どもに求める上で、教師のレベルアップが必須となります。特にこれからの教師が、新学習指導要領に則った指導をするために必要な「教師力…

【教師の働き方改革】いつも笑顔でいるために、仕分けて任せる

毎日笑顔で、子どもたちの前に立つことができていますか? 日々の業務に忙殺されて自分の時間がほとんどもてないような状態では、自然な笑顔で子どもと接することはできま…

2019/7/9

岩瀬直樹
若手教員を育成できる学校組織のあり方とは

新学習指導要領全面実施を控えて教員の資質能力向上が急務です。一方、ベテラン教員の大量退職と若手教員の急増で学校の教育力の低下が危惧されており、社会や教育の形の…

2019/7/6

授業しているイメージ
外部の「指導員」が若手教員を育成 学校全体の教員スキルアップ!

埼玉県富士見市では、市独自の制度として2017年度より市内の全公立小学校に「若手教員育成指導員」を配置するなど、各校の若手教員育成を支援しています。なかでも、富…

悲しむ子供の後ろ姿
後を絶たない、虐待・いじめを苦にした自殺事件

子どもの虐待死や、いじめを苦にした児童生徒の自殺が相次いで発生しています。こうした痛ましい事件を防ぐために、学校に何ができるのか。教員はどう対応すべきなのか。虐…

2019/6/27

働き方改革
【教師の働き方改革】仕事を減らすための マインドセットと理論武装

学級の子どもたちはもちろん大切です。でも、だからこそ、教師がまず自分自身を大切にし、笑顔で子どもたちの前に立つことが必要です。担任のレベルで明日からできる「働き…

中学年の通知表
4つの視点に基づいて書く4年生の通知表

この時期から、新学習指導要領をふまえ、日頃から主体的・対話的な学習を意識し、創意工夫を生かした特色ある教育活動を進めていきましょう。学習指導要領の改訂にもあるよ…

2019/6/19

〈学校レポート〉「いじめのない学校づくり」に取り組む

「いじめのない学校づくり」を目標に掲げ、教員、児童、PTA、地域が一丸となって取り組み、着実に成果を上げている、神奈川県横浜市立白幡小学校の事例を紹介します。

「親による虐待がある」と感じたとき、学校・教師ができること

子どもへの虐待による事件が相次ぎ、深刻化している今、虐待やいじめを防止し、子どもを守るために、学校や行政は何をすべきで、教員にはどのような意識をもつことが求めら…

もっと見る