• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

異年齢交流活動で子どもは育つ

2019/5/12

違う学年同士の交流は、子どもの成長に欠かせないものです。特別活動を柱にした教育活動によって、子どもの自尊感情を高め学級崩壊のない学校づくりを実現している東京都八王子市立公立小学校校長の清水弘美先生に、異年齢交流活動(縦割り班活動)のポイントについて教えていただきました。

異年齢交流の様子
写真/高瀬康志

異年齢間での話合い活動

学級会で鍛えられた話合いの技術を使って、異年齢間でも話合いをしましょう。異年齢交流活動(以下、縦割り班活動)では、1年生から6年生までの発達段階が大きく異なる子供たちが集まり、遊んだり話し合ったりする活動を行います。前任校では、1つの縦割り班は各学年2~3人ずつの約15人体制で構成し、週1回朝学習の15分間は縦割り班で遊び、月1回放課後の45分間は話合い活動を行いました。班を固定したまま、これを6年間行い続けます。

6年間固定する効果は、
①お互いのことがよくわかる、
②下学年の子に、自分の次の学年の姿がはっきり見える、
③自分の居場所になる、
④特別支援が必要な子をフォローすることができるようになる

など、たくさんあります。

高学年が育つのはもちろんのこと、下の学年の子供たちの話合い活動の技術もとても高まります。ダイバーシティが重視されつつある世の中で生きていく術を身につけることができます。

縦割り班を成功させるための手順

縦割り班は、6年生がリーダーです。慣れないうちは高学年に負荷がかかります。そこで、縦割り班で話合い活動をする前に、リーダーだけの企画会議を行い、高学年に自信をつけさせます。その企画会議では、まず教師がリーダーとしての心構えを教えます。

その後、6年生同士で、
①異年齢間での話合いの進め方、
②縦割り班で話し合う議題の確認(すべての班で統一して決めておく)、
③6年生の中での役割分担、
④座席のつくり方、
⑤うまく話せない子への配慮の仕方、
⑥リーダー会議の台本をつくること

などを指導します。

例えば、役割分担では、話合いで1年生が発言するとき、「こういうことが言いたいの?」とフォローしたり、話し方を教えたりする担当者を決めたりします。

威年流交流_話合い
写真/高瀬康志

学校をリードする自覚を育てる

高学年になると、クラブ活動・児童会活動・学校行事等、全校を対象にした集団活動において、リーダーとしての振る舞いを期待されます。同時に、集団で活動する中でブレーンだったり、メンバーだったりするときの振る舞いも見せていかなければなりません。つねに背中で、下学年の視線を感じながら行動することになります。そのことに子供たちが気づかないときは、教師が「しっかりやらないとダメ」ではなく、「かっこいいところを見せようね」と前向きに背中を押してあげましょう。

取材・文/高瀬康志

『教育技術 小五小六』2019年5月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

子どもに「学びの心地よさ」を与える魔法の言葉とは【先生のための学校】

学力研(学力の基礎をきたえどの子も伸ばす研究会)では「快適な情動」のもとに、 うんと子どもを鍛えることをテーゼとして研究を進めています。では「快適な情動」―― …

「自分を笑顔にしてくれた人を好きになる」鉄板メソッド【教師の人気学】

教師という仕事は、子供や保護者から嫌われているよりも好かれている方が、圧倒的に楽しく、そして効率的に仕事ができるものです。
そこで、今回はザ・めちゃモテ教師、…

一年生の自由課題に「大字(だいじ)」を指導する意図とは

準備やマル付けがいらない、ちょっとした空き時間にも使える課題をご紹介します。漢数字「一・二・三」などの代わりに使われる、「壱・弐・参」などの漢字、「大字(だいじ…

SNS時代の学級活動(2)で重視する話合い活動の4つの思考過程とは

学級活動(2)の多くは、「つかむ→さぐる→見つける→決める」の流れで活動させます。特に大切にしたい「つかむ」のつくり方です。ここでは、SNSを使う上での課題に気…

説明簡単&盛り上がる!ゲーム・レクのアイディア【♯三行教育技術】

Twitterで募集している♯三行教育技術(Twitterで【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュタグをつけてつぶやくだけ!詳しくは…

話合い活動:司会ノートと学級会ノートで合意形成の作法を身につける

小学校の学級会において、「教師主導になってしまう」「子ども任せにすると、実現不可能なアイディアが出てきてしまう」「意見が出ない」「司会がグダグダになる」「途中で…

教室の空気をあたたかく変えたい時に使える技24【♯三行教育技術】

Twitterで募集している♯三行教育技術(【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に ♯三行教育技術 のハッシュタグをつけてつぶやくだけ!詳しくはこちら)。今回は…

今年度のうちに解決!小一担任の【学校生活編】悩み解決室
小一担任の9つのモヤモヤにベテラン教師がスカッとお答え!【生活編】

子どもが発言しやすい空気のつくりかたがわからない。教室にいつもゴミが落ちている……そんな、今年度のモヤモヤは今年度のうちにスカッと解決しちゃいましょう! 小学一…

2020/1/20

子供を「よく見る」とは? いつ、どこで?~5つの場づくりと3つの視点~

小学校教師は「子供をよく見よう」とよく言われます。しかし、教師の日常は非常に忙しく、ちょっとした休憩時間をとることも難しい状況。一方、「子供を見取る」ことが不十…

2020/1/18

保幼小連携&情報共有 おさえておきたい大切なポイントとは

幼稚園・保育所・こども園と小学校との引継ぎ会、情報共有会で取り入れたい実践法を俵原正仁先生が提案。お役立ちアドバイスやポイントを参考に、子どもへの愛を共有した有…

もっと見る