• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

異年齢交流活動で子どもは育つ

2019/5/12

違う学年同士の交流は、子どもの成長に欠かせないものです。特別活動を柱にした教育活動によって、子どもの自尊感情を高め学級崩壊のない学校づくりを実現している東京都八王子市立公立小学校校長の清水弘美先生に、異年齢交流活動(縦割り班活動)のポイントについて教えていただきました。

異年齢交流の様子
写真/高瀬康志

異年齢間での話合い活動

学級会で鍛えられた話合いの技術を使って、異年齢間でも話合いをしましょう。異年齢交流活動(以下、縦割り班活動)では、1年生から6年生までの発達段階が大きく異なる子供たちが集まり、遊んだり話し合ったりする活動を行います。前任校では、1つの縦割り班は各学年2~3人ずつの約15人体制で構成し、週1回朝学習の15分間は縦割り班で遊び、月1回放課後の45分間は話合い活動を行いました。班を固定したまま、これを6年間行い続けます。

6年間固定する効果は、
①お互いのことがよくわかる、
②下学年の子に、自分の次の学年の姿がはっきり見える、
③自分の居場所になる、
④特別支援が必要な子をフォローすることができるようになる

など、たくさんあります。

高学年が育つのはもちろんのこと、下の学年の子供たちの話合い活動の技術もとても高まります。ダイバーシティが重視されつつある世の中で生きていく術を身につけることができます。

縦割り班を成功させるための手順

縦割り班は、6年生がリーダーです。慣れないうちは高学年に負荷がかかります。そこで、縦割り班で話合い活動をする前に、リーダーだけの企画会議を行い、高学年に自信をつけさせます。その企画会議では、まず教師がリーダーとしての心構えを教えます。

その後、6年生同士で、
①異年齢間での話合いの進め方、
②縦割り班で話し合う議題の確認(すべての班で統一して決めておく)、
③6年生の中での役割分担、
④座席のつくり方、
⑤うまく話せない子への配慮の仕方、
⑥リーダー会議の台本をつくること

などを指導します。

例えば、役割分担では、話合いで1年生が発言するとき、「こういうことが言いたいの?」とフォローしたり、話し方を教えたりする担当者を決めたりします。

威年流交流_話合い
写真/高瀬康志

学校をリードする自覚を育てる

高学年になると、クラブ活動・児童会活動・学校行事等、全校を対象にした集団活動において、リーダーとしての振る舞いを期待されます。同時に、集団で活動する中でブレーンだったり、メンバーだったりするときの振る舞いも見せていかなければなりません。つねに背中で、下学年の視線を感じながら行動することになります。そのことに子供たちが気づかないときは、教師が「しっかりやらないとダメ」ではなく、「かっこいいところを見せようね」と前向きに背中を押してあげましょう。

取材・文/高瀬康志

『教育技術 小五小六』2019年5月号より

関連する記事

クラス記事一覧

学級レク≪後半≫

荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」【パート2】

6月はの学級は、荒れが出てくる時期です。「荒れ始めたかな」と感じることがあったら、学級レクリエーションで子ども同士の信頼関係を温めましょう。前号記事大好評につき…

クラスにリーダーは必要か?

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 誰もが活躍できる「場面リーダー制」を あるベテラン教師が、職員室に入って来るなり、次のような愚痴をこぼしまし…

「清掃活動をゲーミフィケーション」で主体的なお掃除に

文/フリーランスティーチャー・田中光夫 「ゲーミフィケーション」ってなんだ? あなたはゲーム好きですか? 僕は大好き。テレビゲーム、カードゲーム、ボードゲーム、…

朝の会・帰りの会

朝の会・帰りの会で学級に活気と潤いを

忙しい時期はついつい、朝の会・帰りの会が疎かになっていませんか? 子どもたちの1日の始まりをスムーズにしたり、学級への帰属意識を高めたりするためにも、朝の会・帰…

学級レク≪前半≫

荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」5選

「最近、指導が入りにくくなった」「荒れ始めているかも」と感じたら、すぐ対策に打って出なくてはなりません。荒れ防止に有効なのは、何と言ってもクラスの信頼関係。その…

熊アート

指導の型で見失う『子どもありき』の視点

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 金太郎飴的な指導方法の気味悪さ ある中学生の保護者が次のような話をしてくれました。 「中学校一年生の文集を見…

2019/5/19

支援が必要な子どものトラブル解決法

ゴールデンウィーク明け、1年生は入学してそろそろ一か月が過ぎ、子どもたちも学校生活に慣れ始めてきたころでしょうか。今回はそんな時期だからこその視点で、考えていき…

異年齢交流活動で子どもは育つ

違う学年同士の交流は、子どもの成長に欠かせないものです。特別活動を柱にした教育活動によって、子どもの自尊感情を高め学級崩壊のない学校づくりを実現している東京都八…

沼田晶弘先生

ぬまっち流「アナザーゴールで子どもの学ぶ意欲を引き出す!」~計トレ編~

高学年になったら、自ら学ぶ子どもになって欲しいと期待しますが、子どもは興味がないことはやりたがりません。子どもたちが学ぶようになる仕掛け「アナザーゴール」を編み…

教室で輪になる子どもたち

一年生一学期のクラス会議初期指導のコツ

子どもたちが輪になって座り、議題箱に投じられた学級の課題、個人の課題を、対等な関係性のもとで話し合って解決していくクラス会議。学級に民主主義を育み、子どもたちに…

もっと見る