• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

中学年の学級会~みんなで話し合って合意形成を図ろう~

2019/4/25

学級会とは…

学級会は、子供たちが学級の生活上の諸問題を見いだし、その解決策を学級のみんなで話し合い、合意形成を図る活動です。

「クラスの友達ともっと仲良くなりたいな」「仲良し集会をしようよ」

日頃の学級生活から出てくる子供の困り感や、「こうしたい」という思いを取り上げ、クラス全体で共有します。

「集会の遊びは、〇〇がよいと思います。」「△△さんの意見に賛成で……」

学級会で互いの意見を出し合い、合意形成を目指します。

クラスの友達ともっと仲良くなった。話し合ってよかったな。

子供が自分たちの力で、学級がよりよくなることを実感できます。

話し合うこと(議題)を取り上げる

上の絵のように、みんなで話し合うこと(議題)は、子供たちの「○○したい」「困ったな」という思いから生まれます。学校生活の中でこのような子供の思いがどう表れるか、教師は子供の様子をよく見とりましょう。

はじめのうちは、教師がその思いの中からみんなで考えるべき問題を取り上げ、議題にします。学級会の経験を重ねるうちに、だんだんと子供たちで議題を決められるようにしていくとよいでしょう。

その時に、議題を見つけた子供を大切にしましょう。みんなの問題を見つける「目」というのは、最初から全ての子供に備わっているわけではありません。問題(=議題)を見つけることができた子供を大いに称賛し、グッドモデルにすることで、周りの子供たちもだんだんと問題発見の力を身に付けていきます。

みんなが喜ぶことを見つけられたね。

では、どのように話合い活動が行われていくのか、例を基に見ていきましょう。

〈例〉みんな仲よし集会をしよう

①活動の立ち上げ

「新しいクラスになったけれど、まだみんなのことをよく知らないな。」
「運動会もあるし、もっとみんなと仲良くなりたいな。みんなで仲良くなれる集会をしようよ」

教師が子供のつぶやきを取り上げることも大切です。生活をよりよくする工夫はないか、子供と一緒に考えるとよいでしょう。

②話し合うこと(議題)を決める

みんな仲よし集会 プログラム
①はじめの言葉(○○係)
②歌「にじ」(○○係)
③仲よしゲーム(○○係)
④感想(みんな)
⑤先生の話
⑥終わりの言葉(○○係)
「仲良しゲームでは何をしたら、みんなが仲良くなれるうかな」「みんなで相談して決めようよ」

活動の中で困ったことを取り上げます。プログラムのことを話し合ったり、ゲームのことを話し合ったりすることが考えられます。

③学級会で話し合う

「手つなぎ鬼がよいと思います。わけは……」「手つなぎ鬼もよいけれど、もうじゅうがりのほうがよいと思います。わけは……」

実態に合わせて、教師が司会をしてもよいでしょう。輪番で、全員が司会や記録などの役割を務められるようにしましょう。

④集会当日

手つなぎ鬼で遊ぶ子どもたち

⑤ふり返り

「みんなで話し合って決めたから、みんなともっと仲良くなれたよ」

「話合い活動をしたことで、活動がよりよいものになった」と気付くことができるようにしましょう。

学級会で意見を出し合い、納得を目指す

学級会では、子供たちの意見を出し合い、「これならよいと思う」「これでやろう!」と、最後に子供が納得できるようにしましょう。

〈例〉A案とB案の二つが出ている場合

①互いの意見の理由を出し合う

「A案がいいです。理由は……」「B案に賛成です。理由は……」

複数の意見が出ている場合は、まず、どうしてその意見がよいと思うのか、理由を出し合うようにします。同じ意見でも、「楽しいから」「安全だから」「時間がかからないから」「みんなが仲よくなれるから」など、様々な理由が出てくることがあります。この理由が、提案理由や話合いのめあてに合っているかを判断します。時には、A案とB案のどちらも理由は同じというときもあります。

②その意見のよいところを比べ合う

学級会で話し合うと、相手を言い負かそうとして、相手の意見のマイナスの部分ばかりを指摘する子供の姿が見られることがあります。そんな場合、互いの意見を認めたうえで、どんなよいところがあるのかを比べ合うように指導します。そうすることで、共感的な話合いを行うことができます。「意見を言ってよかったな」と子供が思えるようにしましょう。決める際にはよいところを出し合い、最終的によいところの数が多い意見を選ぶ方法も考えられます。

③学級としてどの意見にするかを決める

互いの意見の理由やよいところを出し合ったうえで、学級としてどうするのかを決めます。この時、一方的に決めるのではなく、意見が選ばれなかった側も含めて、みんなが納得することを目指します。選ばれるのがA案とB案のどちらか一方だけではない場合があることを示します。

  • 二つの案のよいところを併せて、新しい案をつくる。
  • A案をメインにして、その中にB案のよいところを入れてまとめる。
  • 今回はA案を行い、B案は次回行うことにする。
  • どちらの案も採用する。
A案+B案⇒新しい案
よいところを合体!
「いいと思います」


執筆/神奈川県横浜市小学校教諭 山本恭兵
イラスト/山本郁子
『教育技術 小三小四』 2019年5月号より

関連する記事

クラス記事一覧

学級レク≪後半≫

荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」【パート2】

6月はの学級は、荒れが出てくる時期です。「荒れ始めたかな」と感じることがあったら、学級レクリエーションで子ども同士の信頼関係を温めましょう。前号記事大好評につき…

クラスにリーダーは必要か?

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 目次 誰もが活躍できる「場面リーダー制」を そのグループ学習は学び合いになっているかスポーツ以外の学級集会を…

「清掃活動をゲーミフィケーション」で主体的なお掃除に

文/フリーランスティーチャー・田中光夫 目次 「ゲーミフィケーション」ってなんだ?ゲームに内在する素敵な力ゲーミフィケーションを教室に 「ゲーミフィケーション」…

朝の会・帰りの会

朝の会・帰りの会で学級に活気と潤いを

忙しい時期はついつい、朝の会・帰りの会が疎かになっていませんか? 子どもたちの1日の始まりをスムーズにしたり、学級への帰属意識を高めたりするためにも、朝の会・帰…

学級レク≪前半≫

荒れ対策に!今すぐできる「学級レク」5選

「最近、指導が入りにくくなった」「荒れ始めているかも」と感じたら、すぐ対策に打って出なくてはなりません。荒れ防止に有効なのは、何と言ってもクラスの信頼関係。その…

熊アート

指導の型で見失う『子どもありき』の視点

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 目次 金太郎飴的な指導方法の気味悪さタイマーで時間管理する授業への疑問多数決によらない集団決定とは? 金太郎…

2019/5/19

支援が必要な子どものトラブル解決法

ゴールデンウィーク明け、1年生は入学してそろそろ一か月が過ぎ、子どもたちも学校生活に慣れ始めてきたころでしょうか。今回はそんな時期だからこその視点で、考えていき…

異年齢交流活動で子どもは育つ

違う学年同士の交流は、子どもの成長に欠かせないものです。特別活動を柱にした教育活動によって、子どもの自尊感情を高め学級崩壊のない学校づくりを実現している東京都八…

沼田晶弘先生

ぬまっち流「アナザーゴールで子どもの学ぶ意欲を引き出す!」~計トレ編~

高学年になったら、自ら学ぶ子どもになって欲しいと期待しますが、子どもは興味がないことはやりたがりません。子どもたちが学ぶようになる仕掛け「アナザーゴール」を編み…

教室で輪になる子どもたち

一年生一学期のクラス会議初期指導のコツ

子どもたちが輪になって座り、議題箱に投じられた学級の課題、個人の課題を、対等な関係性のもとで話し合って解決していくクラス会議。学級に民主主義を育み、子どもたちに…

もっと見る