• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

中学年の学級会~みんなで話し合って合意形成を図ろう~

2019/4/25

学級会とは…

学級会は、子供たちが学級の生活上の諸問題を見いだし、その解決策を学級のみんなで話し合い、合意形成を図る活動です。

「クラスの友達ともっと仲良くなりたいな」「仲良し集会をしようよ」

日頃の学級生活から出てくる子供の困り感や、「こうしたい」という思いを取り上げ、クラス全体で共有します。

「集会の遊びは、〇〇がよいと思います。」「△△さんの意見に賛成で……」

学級会で互いの意見を出し合い、合意形成を目指します。

クラスの友達ともっと仲良くなった。話し合ってよかったな。

子供が自分たちの力で、学級がよりよくなることを実感できます。

話し合うこと(議題)を取り上げる

上の絵のように、みんなで話し合うこと(議題)は、子供たちの「○○したい」「困ったな」という思いから生まれます。学校生活の中でこのような子供の思いがどう表れるか、教師は子供の様子をよく見とりましょう。

はじめのうちは、教師がその思いの中からみんなで考えるべき問題を取り上げ、議題にします。学級会の経験を重ねるうちに、だんだんと子供たちで議題を決められるようにしていくとよいでしょう。

その時に、議題を見つけた子供を大切にしましょう。みんなの問題を見つける「目」というのは、最初から全ての子供に備わっているわけではありません。問題(=議題)を見つけることができた子供を大いに称賛し、グッドモデルにすることで、周りの子供たちもだんだんと問題発見の力を身に付けていきます。

みんなが喜ぶことを見つけられたね。

では、どのように話合い活動が行われていくのか、例を基に見ていきましょう。

〈例〉みんな仲よし集会をしよう

①活動の立ち上げ

「新しいクラスになったけれど、まだみんなのことをよく知らないな。」
「運動会もあるし、もっとみんなと仲良くなりたいな。みんなで仲良くなれる集会をしようよ」

教師が子供のつぶやきを取り上げることも大切です。生活をよりよくする工夫はないか、子供と一緒に考えるとよいでしょう。

②話し合うこと(議題)を決める

みんな仲よし集会 プログラム
①はじめの言葉(○○係)
②歌「にじ」(○○係)
③仲よしゲーム(○○係)
④感想(みんな)
⑤先生の話
⑥終わりの言葉(○○係)
「仲良しゲームでは何をしたら、みんなが仲良くなれるうかな」「みんなで相談して決めようよ」

活動の中で困ったことを取り上げます。プログラムのことを話し合ったり、ゲームのことを話し合ったりすることが考えられます。

③学級会で話し合う

「手つなぎ鬼がよいと思います。わけは……」「手つなぎ鬼もよいけれど、もうじゅうがりのほうがよいと思います。わけは……」

実態に合わせて、教師が司会をしてもよいでしょう。輪番で、全員が司会や記録などの役割を務められるようにしましょう。

④集会当日

手つなぎ鬼で遊ぶ子どもたち

⑤ふり返り

「みんなで話し合って決めたから、みんなともっと仲良くなれたよ」

「話合い活動をしたことで、活動がよりよいものになった」と気付くことができるようにしましょう。

学級会で意見を出し合い、納得を目指す

学級会では、子供たちの意見を出し合い、「これならよいと思う」「これでやろう!」と、最後に子供が納得できるようにしましょう。

〈例〉A案とB案の二つが出ている場合

①互いの意見の理由を出し合う

「A案がいいです。理由は……」「B案に賛成です。理由は……」

複数の意見が出ている場合は、まず、どうしてその意見がよいと思うのか、理由を出し合うようにします。同じ意見でも、「楽しいから」「安全だから」「時間がかからないから」「みんなが仲よくなれるから」など、様々な理由が出てくることがあります。この理由が、提案理由や話合いのめあてに合っているかを判断します。時には、A案とB案のどちらも理由は同じというときもあります。

②その意見のよいところを比べ合う

学級会で話し合うと、相手を言い負かそうとして、相手の意見のマイナスの部分ばかりを指摘する子供の姿が見られることがあります。そんな場合、互いの意見を認めたうえで、どんなよいところがあるのかを比べ合うように指導します。そうすることで、共感的な話合いを行うことができます。「意見を言ってよかったな」と子供が思えるようにしましょう。決める際にはよいところを出し合い、最終的によいところの数が多い意見を選ぶ方法も考えられます。

③学級としてどの意見にするかを決める

互いの意見の理由やよいところを出し合ったうえで、学級としてどうするのかを決めます。この時、一方的に決めるのではなく、意見が選ばれなかった側も含めて、みんなが納得することを目指します。選ばれるのがA案とB案のどちらか一方だけではない場合があることを示します。

  • 二つの案のよいところを併せて、新しい案をつくる。
  • A案をメインにして、その中にB案のよいところを入れてまとめる。
  • 今回はA案を行い、B案は次回行うことにする。
  • どちらの案も採用する。
A案+B案⇒新しい案
よいところを合体!
「いいと思います」


執筆/神奈川県横浜市小学校教諭 山本恭兵
イラスト/山本郁子
『教育技術 小三小四』 2019年5月号より

関連する記事

クラス記事一覧

サンマをきれいに食べるためPDCAサイクルを回す
サンマをきれいに食べて学ぶこと【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。10月は旬のサンマをキレイ食べ…

2019/9/21

芸名を考えてみる
想像力と創造力を鍛える自由課題★自分の別名を考えてみよう

『自分の別名』なるものを、テストや宿題の氏名欄に書いて出す子に出会ったことはありませんか。テストに違う名前を書くこと自体は確かに問題ですが、その豊かで面白い発想…

2019/9/19

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

もっと見る