• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

中学年の学級会~みんなで話し合って合意形成を図ろう~

2019/4/25

学級会とは…

学級会は、子供たちが学級の生活上の諸問題を見いだし、その解決策を学級のみんなで話し合い、合意形成を図る活動です。

「クラスの友達ともっと仲良くなりたいな」「仲良し集会をしようよ」

日頃の学級生活から出てくる子供の困り感や、「こうしたい」という思いを取り上げ、クラス全体で共有します。

「集会の遊びは、〇〇がよいと思います。」「△△さんの意見に賛成で……」

学級会で互いの意見を出し合い、合意形成を目指します。

クラスの友達ともっと仲良くなった。話し合ってよかったな。

子供が自分たちの力で、学級がよりよくなることを実感できます。

話し合うこと(議題)を取り上げる

上の絵のように、みんなで話し合うこと(議題)は、子供たちの「○○したい」「困ったな」という思いから生まれます。学校生活の中でこのような子供の思いがどう表れるか、教師は子供の様子をよく見とりましょう。

はじめのうちは、教師がその思いの中からみんなで考えるべき問題を取り上げ、議題にします。学級会の経験を重ねるうちに、だんだんと子供たちで議題を決められるようにしていくとよいでしょう。

その時に、議題を見つけた子供を大切にしましょう。みんなの問題を見つける「目」というのは、最初から全ての子供に備わっているわけではありません。問題(=議題)を見つけることができた子供を大いに称賛し、グッドモデルにすることで、周りの子供たちもだんだんと問題発見の力を身に付けていきます。

みんなが喜ぶことを見つけられたね。

では、どのように話合い活動が行われていくのか、例を基に見ていきましょう。

〈例〉みんな仲よし集会をしよう

①活動の立ち上げ

「新しいクラスになったけれど、まだみんなのことをよく知らないな。」
「運動会もあるし、もっとみんなと仲良くなりたいな。みんなで仲良くなれる集会をしようよ」

教師が子供のつぶやきを取り上げることも大切です。生活をよりよくする工夫はないか、子供と一緒に考えるとよいでしょう。

②話し合うこと(議題)を決める

みんな仲よし集会 プログラム
①はじめの言葉(○○係)
②歌「にじ」(○○係)
③仲よしゲーム(○○係)
④感想(みんな)
⑤先生の話
⑥終わりの言葉(○○係)
「仲良しゲームでは何をしたら、みんなが仲良くなれるうかな」「みんなで相談して決めようよ」

活動の中で困ったことを取り上げます。プログラムのことを話し合ったり、ゲームのことを話し合ったりすることが考えられます。

③学級会で話し合う

「手つなぎ鬼がよいと思います。わけは……」「手つなぎ鬼もよいけれど、もうじゅうがりのほうがよいと思います。わけは……」

実態に合わせて、教師が司会をしてもよいでしょう。輪番で、全員が司会や記録などの役割を務められるようにしましょう。

④集会当日

手つなぎ鬼で遊ぶ子どもたち

⑤ふり返り

「みんなで話し合って決めたから、みんなともっと仲良くなれたよ」

「話合い活動をしたことで、活動がよりよいものになった」と気付くことができるようにしましょう。

学級会で意見を出し合い、納得を目指す

学級会では、子供たちの意見を出し合い、「これならよいと思う」「これでやろう!」と、最後に子供が納得できるようにしましょう。

〈例〉A案とB案の二つが出ている場合

①互いの意見の理由を出し合う

「A案がいいです。理由は……」「B案に賛成です。理由は……」

複数の意見が出ている場合は、まず、どうしてその意見がよいと思うのか、理由を出し合うようにします。同じ意見でも、「楽しいから」「安全だから」「時間がかからないから」「みんなが仲よくなれるから」など、様々な理由が出てくることがあります。この理由が、提案理由や話合いのめあてに合っているかを判断します。時には、A案とB案のどちらも理由は同じというときもあります。

②その意見のよいところを比べ合う

学級会で話し合うと、相手を言い負かそうとして、相手の意見のマイナスの部分ばかりを指摘する子供の姿が見られることがあります。そんな場合、互いの意見を認めたうえで、どんなよいところがあるのかを比べ合うように指導します。そうすることで、共感的な話合いを行うことができます。「意見を言ってよかったな」と子供が思えるようにしましょう。決める際にはよいところを出し合い、最終的によいところの数が多い意見を選ぶ方法も考えられます。

③学級としてどの意見にするかを決める

互いの意見の理由やよいところを出し合ったうえで、学級としてどうするのかを決めます。この時、一方的に決めるのではなく、意見が選ばれなかった側も含めて、みんなが納得することを目指します。選ばれるのがA案とB案のどちらか一方だけではない場合があることを示します。

  • 二つの案のよいところを併せて、新しい案をつくる。
  • A案をメインにして、その中にB案のよいところを入れてまとめる。
  • 今回はA案を行い、B案は次回行うことにする。
  • どちらの案も採用する。
A案+B案⇒新しい案
よいところを合体!
「いいと思います」


執筆/神奈川県横浜市小学校教諭 山本恭兵
イラスト/山本郁子
『教育技術 小三小四』 2019年5月号より

関連する記事

クラス記事一覧

小一担任のホンネ11月荒れ
11月が荒れるホントの理由

11月はクラスが乱れがちになる時期と言われます。なぜ11月になるとクラスが荒れるのか、子どもたちの指導にどんな困難が生じやすいのか、小一担任経験者の先生方に伺い…

2019/11/13

学級崩壊立て直しのワークフロー

小学校の11月は1年で最も荒れやすい時期。学級崩壊はどの先生にも起こりうることです。もし、あなたの学級が崩壊してしまったら、どのように立て直しを図るべきでしょう…

「11月の荒れ」を日々の授業の工夫で防ぐ

人間関係が深まる二学期は、いじめやトラブルも起こりやすい時期。クラスの荒れを予防できるような授業づくりの工夫について、ベテランの先生から教えていただきました。

「11月の荒れ」を防ぐ!子供とのコミュニケーション~授業編~

クラスが乱れがちな11月。今年度の後半を子供たちと楽しく過ごすために、クラスを落ち着かせる「子供との関わり方」について考えます。この記事では、授業での子どもとの…

子ども同士の絆を強化するミニゲーム&アクティビティ図鑑

「子どもたち同士の絆を強めたい!」しかし、一朝一夕にはいかないもの。絆は仲間と目的を共有しながら繰り返し活動する中で、少しずつ強まっていくものです。そこで、10…

【11月荒れ】どうしても無理なときの緊急避難法

11月は1年で最も荒れやすいといわれています。その兆候はどんなものでしょうか? 荒れてしまってから立て直す方法はあるのでしょうか? ベテラン教師である多賀先生か…

2019/11/9

《二学期の学級経営》「10歳の壁」について考えよう

「10歳の壁」(文部科学省は「9歳の壁」としています)とは、子どもが大人に成長するために乗り越えなければならないハードルです。今回はこの「10歳の壁」について考…

学級崩壊の原因と3つの対策

11月は1年で最も学級崩壊しやすいといわれています。その原因や兆候にはどのようなものがあるのでしょうか? 荒れてしまってから立て直す方法はあるのでしょうか? ベ…

2019/11/7

【11月荒れ】荒れの原因と、もっとも有力な初期対応
【11月荒れ】荒れの原因ともっとも有力な初期対応

11月は1年で最も荒れやすいといわれています。その兆候はどんなものでしょうか? 荒れてしまってから立て直す方法はあるのでしょうか? ベテラン教師である赤坂先生か…

2019/11/6

暴言を吐く子、暴れる子へのケア

クラスの環境に慣れ自己主張をしだす子や、保育園や幼稚園時代と違い、自由にやりたいことができない環境に我慢の限界が来てしまう子も出てくる小一の11月。もしかしたら…

もっと見る