東西南北の方位が一発で覚えられる教え方【動画】

関連タグ

奈良県公立小学校教諭

土作彰

地図の学習に使えるネタです。3年生になって地図の学習が始まるとき、4つの方位を勉強しますが、子供たちがつまずきやすいのは「東」と「西」。ツッチー先生こと土作彰先生が、東西南北を一発で正しく覚えられる方法を紹介します。

上は「北」、下は「南」

上は北、下は南

地図では、4つの方位を最初に学習します。
そのときに、上は「北」、下は「南」、と習いますが、子供たちはどこでつまずくでしょうか。

どっちがどっち??「東」と「西」

どちらが東でどちらが西か

どちらが「東」で、どちらが「西」かがわからなくなります。
そこで、子供たちには次のように教えましょう!

「北」に注目!

「北」にご注目!

「西か東か迷ったら、次のように考えるんだよ」

「上を見てごらん。『北』という漢字だよね。この漢字の真ん中に線を入れよう」

中心に線を入れる

カタカナの「ヒ」のある右側が「東」!

カタカナの「ヒ」

「そして、入れた線の右側、ここに何かカタカナが見えませんか…?」

「そう!『ヒ』だね!」

「ヒ」のある右側が…東

「ヒ」のある右側が「ヒガシ=東」です!

残った左側が「西」

左側が…西

そして、残った方(左側)が「西」となります。

・  ・  ・

このように、子供たちが迷ったときに使えるヒントを教えることで、超簡単に正しい東西南北が覚えられます。

・  ・  ・

・  ・  ・

土作彰教諭

土作彰(つちさくあきら)●1965年生まれ。奈良県公立小学校教諭。「学級づくり」改革セミナー主宰。『マンガでわかる 学級崩壊予防の極意: 子どもたちが自ら学ぶ学級づくり』(小学館)、『知っているだけで大違い!授業を創る知的ミニネタ45」(黎明書房)他多数。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号