• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【異動あるある】新しい学校に早く馴染むための5つの工夫

2019/3/29

教職員の異動がある春。誰でもやってしまいがちなトホホなエピソードをもとに、異動先の学校でのスタートをスムーズするための知恵を、東京都江戸川区立公立小学校主任教諭の佐々木陽子先生に教えていただきました。特に初めて異動される先生は必見です!

困っている先生
イラスト/河合さち子

持っていった菓子折りが、同じ異動者とかぶった !

職員数が多い場合、手頃な値段で個数が多く入っている定番のお菓子を選ぶと、かぶってしまうことがあります。なんだか気まずいですよね。

そうならないように、前任校の地域にしかないお菓子を探してみましょう。会話のきっかけづくりにもなるかも。

★工夫その1★
菓子折りは、前任校の地域ならではのお菓子を選ぶ!

1か月経っても職員の顔と名前が覚えられない!

職員数が多いと、よくあることです。職員会議で司会を担当するときに、手を挙げている先生の名前が出てこなくて当てることができず、申し訳ないことに…など、困りものです。

職員室の座席表を、机上の見えるところに貼っておくと覚えやすいですよ。

★工夫その2★
職員の名前を覚えるには、机に職員室の座席表を貼る!

電話に出るときに前の学校名を名乗ってしまう!

異動したてのうちは、無意識に出てしまうものです。慣れって怖いですね。

新しい学校名を連呼して、体に染み込ませましょう!

★工夫その3★
新しい学校名を連呼して早く慣れる!

学校内で迷子になる!

大規模校だと、校舎が広くて迷ってしまうことがあります。逆に、狭くても校舎の作りがややこしかったり。

自分の方向感覚に自信の無い方は、自分の教室から職員室までのルートで、目印になるものを見付けておくようにしましょう!

★工夫その4★
自分の教室から職員室までのルートで、目印を見付ける!

パソコンや印刷機などを使いこなせない!

パソコンや印刷機などの電子機器は、今まで使用してきたものとメーカーが違うだけで操作方法や取り扱いに手こずってしまうものです。

忙しい中、周囲の先生に何度も教えてもらうのは申し訳ないので、聞いたことは都度メモをして覚えるようにしましょう!

★工夫その5★
印刷機などの操作方法は、都度メモをして覚える!

笑顔で話す先生
イラスト/河合さち子

『教育技術 小五小六』2019年4月号より

関連する記事

職員室記事一覧

明日からできる!働き方改革のヒント

世界中の教師の中でもっとも労働時間が長いと言われている日本の先生。効率化できる仕事は少しでも時間を短縮して、笑顔で子どもたちと向き合う時間をできるだけ長く確保し…

2019/9/12

慌ただしく働く先生
NO残業で成果あり「とっておき時短術」Q&A

行事が多く、何かと気ぜわしい二学期。教材の準備、テストの丸付けやノートのチェック、保護者への対応などに追われ、今日も残業…という先生も多いようです。残業の原因を…

2019/9/7

習熟度別指導─効果的に機能させるには集団づくりから

学力の格差問題を長年研究してきた大阪大学大学院の志水宏吉教授に、格差を縮小するために学校ができること、習熟度別指導を導入する際の注意点などを聞きました。

「新時代の学びを支える先端技術活用推進」で見えてきた本格的なICT教育

2018年11月に文部科学省から公表された「柴山・学びの革新プラン」。その方向性に、教育再生実行会議などの議論の結果等も踏まえ、2019年6月25日に最適な先端…

2019/8/10

〈学校環境整備〉特別支援学校と普通校の校舎合築で子ども・教師の心が育つ

設計から6年をかけて完成。小学校と特別支援学校を合築した、新潟県糸魚川市立糸魚川小学校と 糸魚川市立ひすいの里総合学校を紹介します。インクルーシブや地域との交流…

2019/8/9

「小・中学校施設整備指針」改訂で見えた、これからの学校に求められる役割

平成31年3月、文科省は「これからの小・中学校施設の在り方について~児童・生徒の成長を支える場にふさわしい環境づくりを目指して~」として報告書をまとめ、これをも…

教材や校内掲示に! ポケモンのフリー素材サービスがスタート

学校教育・保育の場で使用できるポケモンの公式イラストを無償提供するサービスがスタートしました。著作権の関係でこれまで使用するのが難しかったポケモンたちのイラスト…

【教師の働き方改革】残業時間を減らす45分単位の時短テクニック

【働き方改革】質を落とさずに効率よく働くため、授業と同じく45分単位の残業時間割を作って働きましょう。その他にも、効率的に働くためのアイデアをご紹介します。業務…

2019/7/23

【教師の働き方改革】「年・月・週・日」で仕事の全体像を把握しよう

先生自身が毎日機嫌よく、笑顔で子どもたちの前に立ち続けることは、実は、教育における大切な前提条件です。自分の時間を大切にしながらも、子どもに向き合う時間の確保と…

2019/7/19

【教師の働き方改革】教室仕事を効率的にこなす2つのアイディア

自分自身の時間や家庭での生活を大切にしながら、楽しそうに働く先生は、その姿を見ている子どもにとって実は、それだけで大きな教育効果を生みます。教師という仕事を輝か…

2019/7/15

もっと見る