小6国語「サボテンの花」「生きる」指導アイデア

関連タグ

教材名:「サボテンの花」「生きる」(東京書籍)

指導事項:C読むこと エ、オ、カ

執筆/新潟県公立小学校教諭・井上幸信
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、新潟県公立小学校教諭・井上幸信

小6国語「朗読しよう」指導アイデア

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、物語文や詩を読んで自分の考えをまとめる力と、その考えを音声言語として表現する力とを育むことを目指します。

本単元で取り組む言語活動は朗読です。朗読とは、「自分が思ったことや考えたことを踏まえ、聞き手に伝えようと表現性を高めて、文章を声に出して読むこと(新『学習指導要領解説 国語編』)」です。したがって、朗読するためには、文章を読み、理解し、作品に対する自分なりの考えをもつことが必要となるのです。

②言語活動とその特徴

本単元では、物語文「サボテンの花」と詩「生きる」とを教材として扱います。4時間扱いの単元ですから、二つの作品の全文を朗読することはできません。 そこで、詩「生きる」の中から、生きることについての自分の考えを音声言語で表現できそうな部分をピックアップして、その部分だけを朗読します。

しかし、六年生になったばかりの子供が、「生きることについての考え」をもつことは容易ではありません。そこで、「サボテンの花」の中心人物であるサボテンの生き方・考え方について検討します。この検討を「生きることについての考え」を見いだすきっかけとしていきます。

単元の展開(4時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①詩「生きる」を読んで、「分からない」と感じた言葉や表現などを出し合う。
・詩「生きる」の一部を朗読するなら、どの部分をどのように読むかを問い、学習課題を設定する。
→アイディア1

【学習課題】自分にとっての「生きる」が伝わる朗読をしよう。

第二次(2~3時)

②「サボテンの花」を読み、内容の大体を捉える。
・時、場、登場人物、出来事などを確認する(確認しながら、子供の文学的な文章を読むことについての実態を見取ると、次の単元につながる)。

③中心人物であるサボテンの「生きる」ことについての考えを読み取る。
・サボテンの生き方を詩「生きる」の中に組み入れるとしたら、どのような言葉になるかを考える。
→アイディア2

第三次(4時)

④詩「生きる」を再読して読みたい部分を決め、どのように表現するかを考え、朗読する。
・なぜその部分を選ぶのか、どうしてそのように表現するのか、理由を自分なりの言葉で表現することができるようにする。
→アイディア3

アイデア1 「分からなさ」を共有し、「分かろう」とする意欲を引き出す

詩「生きる」は、子供たちにとって「分かる気がする部分もあるし、分からない部分もある」作品と感じられるでしょう。本時では、この「分からなさ」を大切にします。

「分からない」と感じる部分を理解する鍵は、作品の題名にあります。どんなに分からないと思う部分も「生きる」ことについて書いてあるのです。「この言葉は、表現はどのような『生きる』を表すのだろう?」と考えながら読んでいきます。

「分からなさ」を共有し、「分かろう」とする意欲を引き出す

本時では、「分からない」だから「分かりたい」という思いを育むことを目指します。その思いが学習への主体的参加の礎となるからです。また、4月に「分からない」を素直に言葉にし、共有し、協力して解決しようとする経験をすることは、学級の風土づくりとしても大切です。

アイデア2 「サボテンの花」と「生きる」を関連させながら読む

サボテンが喘ぎながら答える「僕があるから……」という台詞に込められた思いを、詩「生きる」のように表現するとしたら、どのような言葉になるかを問います。この働きかけによって、「生きる」という視点から2作品を関連させて読む状況を整えます。

「サボテンの花」と「生きる」を関連させながら読む

「生きる」ということを自分事として考えたことがある子供は、決して多くはないでしょう。この活動では、「サボテン」を通して「生きる」ということを考え、その考えを友達と交流することを通して、これまでの認識よりもよりクリアに、具体的に「生きる」ということを考えることを目指します。

アイデア3 「生きる」から部分を選び、朗読する

「サボテン」を通して「生きる」ことの目的や価値、意味付けなどについて考える観点をもった子供に、再度、詩「生きる」を読むように促します。そして、学習課題の達成のために、詩のどの部分を選んで、どのように読むか問います。

アイディア2の学習活動を経た子供は、単元導入時とは異なる視点から詩「生きる」を読むはずです。そして、作品中の言葉を自分なりに価値付けたり意味付けたりして、どこをどのように読むかを考えるでしょう。

ここで大切なのは、一人ひとりの「自分なり」の読みや表現を尊重することです。導入の段階の読みから変容があった。導入段階での考えがより確かになった。そのことを、その子なりに説明できている。工夫して表現しようとしている。そんな姿を、ここでは求めましょう。

教師側からはちょっと「?」と思ってしまう読みや表現であっても、その子なりに読み、考え、工夫して表現していることができていたなら、それを大いに認め、称賛しましょう。それが、今年度の国語の授業への主体的な参加の種となるはずです。

イラスト/畠山きょうこ 横井智美

『小五小六教育技術』2019年4月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号