• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

子どもに「学びの心地よさ」を与える魔法の言葉とは【先生のための学校】

2020/1/24

学力研(学力の基礎をきたえどの子も伸ばす研究会)では「快適な情動」のもとに、 うんと子どもを鍛えることをテーゼとして研究を進めています。では「快適な情動」―― 学びの心地よさとはどんなことなのでしょう。  

執筆/「先生のための学校」校長・久保齋

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 8da081691abc7b7313fc1cf46098da95-200x300.jpg です

くぼ・いつき●1949年、京都府京都市生まれ。京都教育大学教育学部哲学専攻卒業。教育アドバイザー。40年以上にわたり「学力の基礎をきたえどの子も伸ばす研究会(学力研)」において《読み書き計算》の発達的意義について研究するほか、どの子にも均質で広範な学力をつける一斉授業のあり方を研究・実践し、現在も講演活動を中心に精力的な活動を続けている。

魔法の言葉 《バヒーン》とは


いつの頃からか、私は《バヒーン》という言葉を使うようになりました。指を2本突き出して《バヒーン》と言うのです。子供がちょっと悪いことをしていると、《バヒーン》と言ってやります。すると、子供はビックリして喜ぶのです。

バヒーンと言われた子どもが、なぜ叱られたのか自分で考えることも大切です

子供には、注意されているということがわかれば、それでいいのです。本人もよくないことをしているということはわかっているのですから、それより注意されたことをどう受け止めるかなのです。

「反対通行してはダメでしょう。六年生なんだから、学校のルールを守りなさい」

こう注意されれば確かにそうですが、不快な感情が残ります。「なんやねん。いちいちうるさいな。先生だって反対通行しているとき、あるやんか」と心の中で思っているかもしれません。これは、注意しているけど、教育的効果は上がらず、不快な感情だけが残るという例です。

私が反対通行している高学年の女の子に《バヒーン》と言ってやると、ビックリして、そしてクスッと笑って通り過ぎます。「おもしろい先生、注意されちゃった」、こんな感じでしょうか。周辺には《快適な情動》が漂います。

《バヒーン》が「快適な情動」を作り出す理由

なぜ《バヒーン》は周りを心地よくするのでしょうか。

子供に理由をきっちりと説明して、納得させなければならないときもあります。しかし、そんなことばかりしていたら、息が詰まり、心地よくありません。学校は心地よいところでなければ、教育は成り立たないのです。《バヒーン》で済ませることができるときは、それでいいのです。

注意するためにやっていた《バヒーン》ですが、いつの間にか、かかわりをもちたいときにも使う言葉になっていました。やんちゃな子供たちが私に《バヒーン》と言って注意されるのが嬉しくて、自慢になってきたのです。

「久保先生に《バヒーン》て言われた」

こんな感じです。それで、これを続けていると、いつの間にか、私は学校中で《バヒーン》先生と言われるようになったのです。

日本には、アメリカの「ハーイ」やイタリアの「チャオ」というようなあいさつ言葉がありません。昼間、廊下ですれ違っても、かける言葉がないのです。「こんにちは」ではちょっと違和感があります。どうもなじみません。それで、子供たちが私にかかわりたいとき、《バヒーン》を使うようになったのです。

《バヒーン》は魔法の言葉です。中身は何もありませんが、人を心地よくする言葉です。そして、私と子供たちを「快適な情動」でつないでくれる言葉なのです。

「先生のための学校」
学力研(学力の基礎をきたえどの子も伸ばす研究会)の仲間たちと大阪で10年以上続けてきた活動が、<教師力を磨くために教師が集まって学ぶための学校>です。
どんな初歩的なことでも質問できて、それをなぜそうするのかがしっかり学べて、自分の実践をみんなに聞いてもらえて、みんなでワイワイしゃべれて『教育とは何か』『授業とは何か』という本質的なところまで深められる・・・。
そんな「教師の学ぶ場」をつくろうよ!という呼びかけのもとに始まりました。本記事は、そこで培われた知見を紹介する連載企画です。

イラスト◎イワイヨリヨシ

『小二教育技術』2018年9月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

子供を見取るルーティン③~宿題ノートによる定点観測と「森を見て木を知る」作戦~
子供を見る目を鍛える|定点観測+集団分析!2面作戦

「子供たちを『見る』ために、毎日していること」「場面場面で気になる子の見取りとアプローチ」「子供を見る目の鍛え方 若手へのアドバイス」といったテーマで、百戦錬磨…

赤坂真二教授
学校力向上のために今、学級経営を改善しなければならない理由

新学習指導要領の全面実施を前に、学力向上や学校力向上がますます叫ばれるようになり、その土台となる学級経営力の向上も強く求められています。これからの時代に求められ…

いつも保護者とうまくいくあの先生がしていること【♯三行教育技術】

なぜかいつも多くの保護者を味方につけている、あの先生はどんなことをしているのでしょう?
♯三行教育技術(Twitterで【技の名前+3行程度の箇条書き説明】に…

忘れ物の指導をやめてみませんか?かわりにできる2つの代替案とは?

教師をしていて最も悩むことの一つに、「児童が忘れ物をしたときの対応」があるのではないでしょうか。クラスに必ず一人はいるであろう、頻繁に忘れ物をする子。この子にど…

九九の先取り、ピラミッド、迷路…一年生が喜ぶ自由課題のつくりかた

もっとも忙しい年度末。テスト後の課題に、補欠で入ったときの課題に、自分が休んだときの自習用に、自由課題をたくさんストックしておきましょう。
一年生の三学期は、…

思いついたらすぐできる!室内カンタン学級レク15【♯三行教育技術】

雨で外に出られない日。突然できた待ち時間。ちょっと空気を変えたい時。先生の身を助けてくれるのは・・・学級レク! ♯三行教育技術(Twitterで【技の名前+3行…

新学習指導要領時代に求められる学級経営力とは?

どんな大規模校も、あるいは小規模校も、学校は一つひとつの学級の集合体として成り立っています。ゆえに、学校をよくするということは、それぞれのクラスの運営状況を向上…

ふりかえりながら”寄せ””詰め”の三学期「学級仕舞い」

一学期の「学級開き」に対して、三学期は「学級仕舞い」。「学級仕舞い」で大切にしたいのは、「もう一歩の成長」のための再確認です。その再確認は、どういうものか。生活…

子どもの悩みを解き去る「教師の心」で立ち向かえ【4年3組学級経営物語23】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。児童同士で起きたケンカトラブルで、口を閉ざす子どもたち。ケンカの解決には、ケンカ…

最高の学年末を迎えるための話し合いと掲示物のアイディア【3分動画】

2月のこの時期、「なんだが学級経営がうまくいかない」と悩んだり、「もうすぐ学年末なのにトラブルが続いている」と、焦っている先生はいませんか? そこで、本誌でもお…

もっと見る