小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア

特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア  バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小3体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ゲーム(ネット型ゲーム)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・畠中圭太
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   秀明大学教授(元東京都公立小学校校長  元東京都小学校体育研究会会長)・橋本茂樹

単元名

みんなでつくろう!ミニテニス!

年間計画表 

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア 年間計画表

単元目標

●知識及び技能
ネット型ゲーム(ミニテニス)の行い方を知るとともに、基本的なボール操作とボールを操作できる位置に体を移動する動きによって、易しいゲームをすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
規則を工夫したり、簡単な作戦を選んだりするとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
ネット型ゲーム(ミニテニス)に進んで取り組み、規則を守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

中学年のゲームは、「ゴール型ゲーム」「ネット型ゲーム」及び「ベースボール型ゲーム」で構成され、主として、規則を工夫したり作戦を選んだり、集団対集団で友達と力を合わせて競い合ったりする楽しさや喜びに触れることができる運動です。

低学年のゲームの学習をふまえ、中学年では、ゲームの楽しさや喜びに触れ、その行い方を知るとともに、基本的なボール操作とボールを持たないときの動きによって、易しいゲームをすることができるようにし、高学年のボール運動の学習につなげていくことが求められます。

また、運動を楽しく行うために、自己の課題を見付け、その解決のための活動を工夫するとともに、規則を守り誰とでも仲よく運動をしたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることなどをできるようにすることが大切です。

ネット型ゲームは、その行い方を知るとともに、基本的なボール操作とボールを操作できる位置に体を移動するなどのボールを持たないときの動きによって易しいゲームを行い、集団対集団などで競い合う楽しさや喜びに触れることのできる運動です。

本単元では、テニスを基にした易しいゲームを取り上げて、ゲームにつながる運動や規則を工夫しながらゲームを行う時間を多く設定しています。

ゲームのなかで実際に体を動かしながら、基本的な技能を身に付けるとともに、自己やチームに適した規則でゲームに進んで取り組むことができる授業を展開するようにしていきます。

1人1台端末を活用したアイデア

単元前半では、1人1台端末を使って、ゲームの様相や動きのポイントを確認できるようにしていきます。

単元後半では、チームで撮影した動画をふり返りに活用したり、手本動画や学習資料と比較して気付いたことを伝え合ったりすることができるようにしていきます。

子供の必要感に応じて活用することで、自己の課題に合った活動を選択するための手助けになります。

単元計画(例)

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」指導アイデア 単元年間計画

※小学校のゲーム(第1学年から第4学年)では規則、ボール運動(第5学年及び第6学年)ではルールを工夫することが学習内容として示されています。誰もが楽しくゲームに参加できるように、プレイヤーの人数、コートの広さ、プレイ上の緩和や制限、得点の仕方などを工夫していきます。スポーツとの多様な関わり方、スポーツの意義や価値などに触れるとともに、個に応じた指導の工夫や共生の視点(第3学年以上)からも重要な学習内容となります。

本単元の第2時から第5時では、それぞれのゲームごとに規則を選びながら「マイゲーム」をつくります。ゲームの様相に合わせてコートごとに規則を選ぶことで、よりチームに合った規則でゲームを楽しむことができます。ゲームの特性を意識しながら、規則を決めたりゲームを通して考えたことを他者に伝えたりすることで、他者と協働しながら解決するために必要な「思考力、判断力、表現力等」が育成されます。

授業の流れと指導のポイント 

楽しく運動をしよう(第1~5時)

めあて

・ミニテニスの行い方を知り、ゲームをやってみよう。(第1時)
・規則を工夫しながら、いろいろなチームと楽しくゲームをしよう。(第2~5時)

授業の流れ

1 集合、整列、あいさつ、健康観察をする。
2 本時のねらいを知り、目標を立てる。
3 場や用具の準備をする。    
4 準備運動をする。
5 ゲームにつながる運動をする。 
6 規則を選んでゲームをする。
7 本時をふり返り、次時への見通しをもつ。
8 整理運動、場や用具の片付けをする。 
9 集合、整列、健康観察、あいさつをする。

授業のポイント

「ミニテニス」は、攻守一体でプレイするネット型ゲームです。

ソフトバレーボールやキャッチバレーボールなどの連携タイプのネット型ゲームに比べ、相手からきたボールを直接返球したり、同じ動きを繰り返し行ったりすることからゲームの様相が理解しやすい特徴があります。

また、少ない人数で行うことができるため、少人数の学級でも取り組みやすい特徴もあります。

相手からきたボールを、用具を使って返球し、ラリーを続けるなかで、特性である攻防を楽しむことができます。

ミニテニスを楽しむためには、「用具を使ってボールを返球できること」と「ある程度ラリーが続けられること」が必要となります。ボールを片手で打ちつけることやボールを操作しやすい位置に体を移動することなどの技能を身に付けることができるようにしていきます。

また、誰もが楽しくゲームに参加できるように規則を工夫していくことも大切なポイントになります。

 


(1)2年生までの運動遊びとの関連

低学年では、相手コートにボールを投げ入れるゲームで、ボールを落とさないように捕ったりはじいたりするゲームなどをして遊んでいます。

中学年では、ボールを片手で打ちつけること、ボールを操作しやすい位置に体を移動することができるようにします。

中学年のはじめでは、ボールを打ちつける機会が多くなる運動や、移動する範囲が広くない運動をゲームにつながる運動として取り入れていくことで、基本的なボール操作とボールを操作できる位置に体を移動する動きを繰り返し行うようにしましょう。

 


(2)ミニテニスの行い方の例(基本の場の設定、はじめの規則など)

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

●コートの広さ(横5m、縦10m)

校庭でも、体育館でも実施することができます。体育館で実施する場合は、バドミントンコートとほぼ同様の大きさのため、既存のラインを活用することもできます。

コートを狭くするとノーバウンドでの応酬になりやすく、ゲームが早い展開になります。また、よりボールをコントロールすることが必要となります。

コートを広くすると、返球が前後左右に散らばりやすくなります。そのため、ボールを操作しやすい位置への体の移動が必要になります。授業のねらいに応じてコートの広さを設定します。

●ネットの高さ(80

ネットが高いと山なりの返球が増え、スピードが遅くなり打ち返しやすくなります。

ネットが低いと速い返球を打つことができるようになり、より素早くボールを操作しやすい位置へ体を移動させることが必要になります。ネットの高さも、授業のねらいに応じて設定します。

ネットは、カラーコーンにバーやゴム紐をかけることでも代用することができます。

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

●用具の工夫

スポンジテニスボールを使用すると、ボールがよく弾み、打球速度が遅くなり、比較的ラリーが続くようになります。

ラケットは、縦と横が約20㎝で、手にはめる形のものを使用することで、ボールを操作しやすくなります。また、ラケットが両面使えることで操作の幅が広がります。

・段ボールラケット

学校で作ることができます。自分専用のラケットにすることで意欲が高まります。

※市販されているものもあります。

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

・ミニラケット

強い打球を打つことができます。段ボールラケットに比べ、用具を操作する力が必要です。

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

●はじめの規則(チーム編成、ゲームの時間など)

はじめの規則を決める際には、ゲームの理解がしやすく、楽しく行えるよう、必要最低限のものとしましょう。

ボールに触れる機会を保障し、運動の楽しさや特性に触れることができるようにしていくとよいです。

また、ダブルスにすることで、友達に言葉をかける必然性が生まれます。

はじめの規則の例
・1チーム:3~4人  
・1ゲームの時間:6分(前半3分 後半3分)
・2対2のダブルス(前半・後半で交代して総得点で勝敗を決める)
・サービスは、相手が打ち返しやすい場所にワンバウンド(山なり)するように打ち入れる。
・サービスの後は、ノーバウンドまたはワンバウンドのボールを1回で相手コートに打ち返す(2人のうちどちらが打ち返してもよい)。
・打ち入れたボールが相手コート内に入らない、自コートに打ち入れられたボールをワンバウンド以内に相手コートに打ち返すことができない場合は、相手チームに得点が入る。

 


(3)安全のポイント(準備や片付け、見合いなどの約束事など)

安全に学習を進めることができるように学習のきまり、場や用具の準備と片付けの仕方などを確認しましょう。

【学習のきまりの例】
・用具は正しく使いましょう。
・周囲を見て、場の安全を確かめましょう。
・フェアなプレイを大切にしましょう。
・ゲームの規則を守り、誰とでも仲よくしましょう。
・チームの友達の考えを認めましょう。

【場や用具の準備と片付けのきまりの例】
・運動をする場所に危険物がないか確かめ、見付けたら取り除きましょう。
・運動に使う用具などは、友達と一緒に、決まった場所から安全を確かめて運びましょう。
・安全に運動ができるように、服装などが整っているか、確かめましょう。

【ゲーム中の留意点】
・安全のため、ネットに触ったりネットを越えて相手コート側に手を伸ばしたりしないようにしましょう。

また、フェアなプレイを守ることができるようにしていくことも大切なポイントになります。

【フェアなプレイを守る指導の例】
・ゲーム前に「お願いします」「ありがとうございました」のあいさつを行う。
・ゲーム前にゲームができる感謝の握手、ゲーム後の互いの健闘を称える握手を行う。
・「がんばろうね」「ナイスプレイ」などの言葉がけをしている個人やチームを称賛する。
・チームで円陣を組む、かけ声をかけるなどを行い、チームの意識を高められるようにする。

 


(4)ゲームにつながる運動

ラリーを続けることで、ミニテニスのゲームの楽しさに触れることができます。

ラリーを続けるためには、ボールを片手で打ちつけることやボールを操作しやすい位置に体を移動することなどの技能を身に付ける必要があります。

ゲームにつながる運動では、個人でボールを上に打ち上げてキャッチする「打ち上げポン」やキャッチせずに連続で打ち続ける「打ち上げポンポン」を行ったり、ペアやチームでラリーを続けられるような「ペアラリー」を行ったりしていきます。
 

○打ち上げポン

ラケットで上に打ち上げ、落ちてきたボールをラケットともう片方の手で挟んでキャッチします。

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト
小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

○打ち上げポンポン

ラケットで上に打ち上げ、落ちてきたボールをラケットで上に打ち上げることを連続で続けます。

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト
小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

できるようになったら、打ち上げる高さやラケットを使う面を工夫します。

・低い球で連続して打ち上げる   

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

・高い球で連続して打ち上げる  

・ラケットの使う面を工夫する   

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

など

 

○ペアラリー

チームの友達と2m程度の間隔で向かい合い、ワンバウンドで易しいボールを送り合ってラリーを続けます。

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト
小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

できるようになってきたら、返球の勢いや返球の位置を工夫します。

・返球の勢いの工夫

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト
小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

・返球の位置の工夫

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト
小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

 


(5)「楽しく運動をしよう」での運動内容(1人1台端末の活用含む)

●規則の工夫

第1時では、ラリーを続けることをめざしてゲームをするように伝えます。

ゲームをして楽しかったことや難しかったことなど、気付いたことや考えたことをふり返り、みんながミニテニスを楽しめるように、規則を工夫して「マイゲームづくり」をしていくことを伝えましょう。

第2時からは、みんなが楽しくゲームを行うことができるように規則の工夫を選んだり考えたりしながら、オリジナルの規則である「マイゲームづくり」を行っていきます。

それぞれのゲームの様相に合わせ、規則を工夫することで、子供が主体的にゲームづくりを行い、ゲームの理解が深まります。

 

規則の工夫の例
サービスは緩やかに打つ。ボールは優しく下から打つ。

 
サービスとサービスの返球までは、失敗しても失点にせずにやり直す。

 
ツーバウンドまでは返球できることとする。

小3体育「ゲーム(ネット型ゲーム)」 イラスト
 

○1人1台端末の活用

感覚つくりの運動の行い方やゲームの行い方、打ち方のお手本動画などを学習資料として準備しておくと、それぞれのタイミングで確認することができます。

また、規則の工夫の仕方について動画を示しておくと、規則を選ぶ際の参考になります。

小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト
小3体育「ゲーム(ネット型)」 イラスト

工夫してもっと楽しく運動をしよう

めあて

・相手チームを決めて、簡単な作戦を選んで楽しくゲームをしよう(第6・7時)
・勝つための方法を考えながら、ミニテニス大会を楽しく行おう(第8時)

授業の流れ

1 集合、整列、あいさつ、健康観察をする。
2 本時のねらいを知り、目標を立てる。
3 場や用具の準備をする。    
4 準備運動をする。
5 ゲームにつながる運動をする。 
6 簡単な作戦を選んでゲームをする。
7 本時をふり返り、次時への見通しをもつ。
8 整理運動、場や用具の片付けをする。 
9 集合、整列、健康観察、あいさつをする。

イラスト/高橋正輝

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」

授業改善の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました