小5体育「ボール運動(ベースボール型)」指導アイデア

特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」
小5体育「ボール運動(ベースボール型)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小5体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ボール運動(ベースボール型)」の単元を扱います。

執筆/神奈川県葉山町立小学校教諭・山口慎一郎
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   神奈川県立総合教育センター体育指導センター指導研究課長 ・斎藤祐介

単元名

楽しさホームラン!ルールを工夫し作戦選んで、パワフルティーボール‼︎

年間指導計画

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」指導アイデア 年間計画表

単元目標

●知識及び技能
ティーボールの行い方を理解するとともに、静止したボールを打つ攻撃と隊形をとった守備によって、簡易化されたゲームをすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
ルールを工夫したり、自己やチームの特徴に応じた作戦を選んだりするとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
ティーボールに積極的に取り組み、ルールを守り助け合って運動をしたり、勝敗を受け入れたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や用具の安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

ティーボールは、ボールを打ち、走塁をして得点をねらう攻撃と、仲間と連携して隊形をとり、捕球したり送球したりして相手の得点を防ぐ守備を交代しながら、簡易化されたゲームをして楽しむ運動です。

ティーの上に静止しているボールを打つため、バットの操作が苦手だったり経験が少なかったりする子供もボールが打ちやすく、ベースボール型の楽しさを味わいながら運動をすることができます。

授業では、ボールをフェアグラウンド内に打つ攻撃や捕球したり送球したりする守備などのボール操作と、チームで協力して隊形をとったり走塁をしたりするボールを持たないときの動きに関する「知識及び技能」、ルールや作戦を選ぶとともに自己や仲間の考えを他者に伝える「思考力、判断力、表現力等」、ティーボールに積極的に取り組み、仲間の考えや取組を認めたり、安全に気を配ったりして運動に取り組もうとする「学びに向かう力、人間性等」の資質・能力の育成をめざします。

子供は、ねらった方向に力強くボールを打ったり、仲間と連携して守備をしたりすることができるようになると夢中になって運動に取り組みます。

その一方で、うまくバットにボールを当てられなかったり、捕球や送球の動きが思い通りにできなかったりする子供は、運動への意欲がもてないことがあります。

そこで、本指導アイデアでは、ボールを仲間に投げたりバットで打ったりする「ゲームにつながる運動」を充実させ、子供が基本的なボール操作に自信をもって取り組めるようにします。

また、攻撃も守備も取り組みやすく簡易化されたゲームは、自己やチームに適した用具やルール、高得点をめざす作戦を選んで取り組むことで、子供が安心してゲームを楽しむことができるようにします。

練習やゲームでは、仲間の取組を認め、うまくできないことや負けてしまうことも受け入れ、仲間と助け合いながら技能の習得やゲームでの勝利をめざして積極的に取り組もうとすることができるようにします。

そして、単元全体を通して、子供が場や用具の安全に気を配ることができるようにするとともに、指導者も安全面に十分配慮した授業づくりを行うようにしましょう。

単元計画(例)

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」指導アイデア 単元計画

単元の評価規準
●知識・技能
①ティーボールの行い方について、言ったり書いたりしている。
②ボールを打つ攻撃と隊形をとった守備によって、簡易化されたゲームをすることができる。
●思考・判断・表現
①ルールを工夫している。
②自己やチームの特徴に応じた作戦を選んでいる。
③課題の解決のために自己や仲間の考えたことを他者に伝えている。
●主体的に学習に取り組む態度
①ティーボールに積極的に取り組もうとしている。
②ルールやマナーを守り、仲間と助け合おうとしている。
③勝敗を受け入れようとしている。
④仲間の考えや取組を認めようとしている。
⑤場や用具の安全に気を配っている。

楽しく運動しよう

第1時から第3時は、楽しく運動することを通して、基本的なボール操作やボールを持たないときの動き、簡易化されたゲームの行い方について理解するとともに、その動きに慣れたりできるようになったりすることをねらいとします。

そのため、主として基本的なボール操作を取り上げた「ゲームにつながる運動」の活動を充実させ、その活動で慣れたりできるようになったりした技能を発揮して、簡易化されたゲームに取り組みます。

 

ゲームにつながる運動

バットでボールを打ったり、ボールを捕ったり投げてつないだりする動きが思い通りにできないことで、運動に意欲的に取り組めないことがないように、ゲームにつながる運動を工夫します。

楽しく取り組むことができる活動にすることで、ボール操作やボールを持たないときの動きを繰り返し行い、それらの動きに慣れたり、動きを身に付けたりすることができるようにします。

 

①キャッチボール

捕球や送球の動きに慣れるために、キャッチボールを行います。

はじめは、投げやすく捕りやすい距離で、相手が捕りやすいように胸のあたりをねらって緩やかにボールを投げること、両手でしっかり捕ることを〈課題〉として、繰り返し行います。

1球1球落ち着いて、互いに投げる・捕る準備ができるように、間を取りながら行うようにすることで、安心して取り組めるようにします。その動きに慣れたり動きができるようになったりしたら、距離を遠くする、すばやく送球する、いろいろな球種を捕るなど、〈課題〉と行い方を選びます。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

○はじめの課題と行い方

〈課題〉
相手が捕りやすい送球/両手でしっかり捕球
〈行い方〉
・投げやすく捕りやすい距離を2人で決めて離れて向かい合う。
・互いに投げる・捕る準備ができるように間を取り、声をかけ合う。
・胸のあたりをねらって、緩やかなボールを投げる。

○進んだ課題と行い方

〈課題〉
離れた相手が捕りやすい送球/離れた相手からの送球の捕球
〈行い方〉
・課題として取り組めそうな距離を2人で決める。
・ノーバウンドで届くように投げる。

〈課題〉
捕球したら相手にすばやく送球
〈行い方〉
・投げやすく捕りやすい距離で行う。すばやく行うため、近すぎると動きの準備が難しくなることに注意する。
・捕球したらできるだけ早く送球する。送球したらできるだけ早く捕球の準備をする(構える)。

〈課題〉
いろいろな球種を捕球(打球の捕球を想定)
〈行い方〉
・取り組みたい球種が投げやすい距離で行う。
・ワンバウンド、フライ、ゴロなど取り組みたい球種で行う。
・正面での捕球ができるようになったら、少し前後左右に移動して捕球する場所に投げる。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

 

●ボールを投げる動きが苦手な子供には

・サイドステップで数歩移動してから投げます。そうすることで、体全体や上半身のひねりの力を使って投げられるようになります。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

・ボールの代わりに新聞紙などを巻いて作った棒を投げます。この練習をすることで、しっかりと腕を振り、手首のスナップを効かせて投げられるようになります。

※しっかり腕を振り、手首のスナップを効かせることができれば、棒は縦に回転して飛んでいく。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

 


②ティーバッティング

バットでボールを打つ動きに慣れるために、ティーバッティングを行います。

バットでボールを打つ動きは、難しさを感じる子供もいますが、それ自体が楽しく取り組むことができる運動でもあるため、たくさん打つ経験ができるようにすることが大切です。1回ずつ打ちながら交代していくのではなく、1人が1回に5球程度打ってから交代するようにすることで、取り組みながら打ち方を確認したり工夫したりすることができるようにします。

バットは、通常のものと少し太いものを用意します(長さが異なるものがある場合はそれも用意する)。

ボールも様々な大きさのボールを用意し、徐々にティーボールのゲームで使用するボールを打つことができるようにします(大きくても、ティーの上で安定させることができるものを用意する)。

・用意するバットの例

・用意するボールの例

ここでは、飛距離は関係なく前に打つことができるようにします。そのため、運動をする場所は、ティーボールのコートではなくても取り組むことができます(打球が飛んでも危険ではないことに配慮する)。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

●バットでボールを打つ動きが苦手な子供には

・はじめは、大きなボールを太いバットを使って打ちます。慣れてきたら、バットやボールの種類を変えて、使いやすいもので繰り返し取り組みます。

・ティーを他の人が使っている間は素振りをします。素振りはできばえが分かりづらいので、仲間に1人1台端末を使って撮影してもらい、動きを見返しながら取り組むとよいです。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

★安全面の注意

バットを振るときは、ボールを打つときも素振りのときも、振り終わった後にバットから手を離さないことを徹底します。両手とも離さないように指導するとともに、万が一両手から離れてバットが飛んでも誰にも当たらないように、バットを振り終える方向に人がいない状況で運動することを徹底します。

 


③ターゲットバッティング

ティーバッティングを行って、バットでボールを打つ動きに慣れてきたら、打ちたい方向をねらって打つために、ターゲットバッティングを行います。

はじめは、右・中央・左のそれぞれの方向をねらって打ったり、打つのが得意な方向を見付けたりすることができるように、ティーから右側・中央・左側のそれぞれ5m程度離れた位置に、三角コーンなどの的となるものを置いて、それに当てるようにボールを打つティーバッティングを行います。

○はじめの課題と行い方

〈課題〉
フェアグラウンド内に打つ(ゴロ)
〈行い方〉
・近い距離(5m程度)においた三角コーンなどの的に、ボールを当てることをねらって打つ。
・三角コーンに当たらなくても、ねらって打ったり、打ったボールがどの的のほうに転がったか確認したりする。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

近い距離に打つことに慣れたり、できるようになったりしたら、置いた三角コーンなどの的に当てるのではなく、その上を飛び越すような打ち方にも挑戦します。

三角コーンなどの的からさらに10m程度離れた位置にチームの仲間が構え、その仲間の方向をねらって打つようにします。

距離の近い三角コーンなどの的をねらったときは、打つときにバットを止めてしまう子供もいることが考えられますが、遠くに打つためには、力強く最後までしっかりとバットを振り抜くことを指導します。

また、打球方向で構えてボールを待つ役目をするときは、打球の方向に動いたり、飛んできたボールを捕ったりする練習をすることができることも、子供たちにしっかりと伝えます。

 

○進んだ課題と行い方

〈課題〉
フェアグラウンド内に打つ(ライナーやフライ)
〈行い方〉
・近い距離(5m程度)に置いた三角コーンなどの的を、ボールが飛び越えることをねらって打つ。
・ねらう方向を決めてしっかりとバットを振り抜き、より遠くにボールを打つ。
・打球方向に移動し、捕球する。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

 

ターゲットバッティングゲーム

的や方向に得点を付けてターゲットバッティングを行い、チームの合計点を競うチーム対抗のゲームをします。ゲームは実際のティーボールのコートを使います。遠い位置を高得点にするルールにすると、多くの子供が遠くにボールを飛ばすことに挑戦しようとします。

【基本のルール(例)】

・チームで打順を決め、1人1回打つ。
・対戦チームと交互に1人ずつ打つ。
(Aチーム1人目、Bチーム1人目、Aチーム2人目、Bチーム2人目……)
・全員が打ち終わったときの得点を合計して、勝敗を決める。

【得点のルール(例)】

・近くの的に当たったら2点。
・近くの的のうち、当てる的を宣言して、その通りに当たったら3点。
(宣言したのに別の的に当たったり、飛び越したりしてしまったら1点)
・近くの的の上を飛び越して打ったら4点。
・飛ばす方向を宣言して、的の上を飛び越してフェアグラウンド内に打ったら5点。
(宣言したのに的に当たったり、別の方向に飛んだりしてしまったら2点)
・ゴロで的に当たらなかったり、ライナーやフライをフェアグラウンドの外に打ってしまったりしたら0点。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

 

簡易化されたゲーム

ゲームにつながる運動で慣れたりできるようになったりした動きで簡易化されたゲームをします。

【基本のルール(例)】

・1チームは6人。1ゲームは2イニング(全員が2回打つ)。
・判定はセルフジャッジで行う。

【攻撃のルール(例)】

・打ちたいボール、使いたいバットを選んでティーバッティングをする。
・ティーバッティングでフェアグラウンド(コート内)に打つ(ヒット)。フェアグラウンドに入らなかったら(ファール)再度打ち直すが、3回連続でファールの場合、アウトとする。
・フェアグラウンドのティーから4m以内はファールゾーンとする。
・ヒットを打ったら、打者はバット入れにバットを入れてから一塁に走る。このときバット入れにバットを入れなかったらアウトとする。
・塁は一塁→二塁→三塁→本塁の順に走る。守備にアウトコールを受けるまでに進んだ塁の数が得点となる(一塁まで1点、二塁まで2点、三塁まで3点、本塁まで4点)。
・チーム全員に打順が回ったら攻守交代する。

【守備のルール(例)】

・守備は、6人全員で行う。守る位置はチーム内で相談して決めるが、打者がボールを打つまでは、内野線より後ろで守備の準備をする(打ったら内野に入ることができる)。
・打球を捕ったら、仲間に投げたり、持ったまま走ったりして、ボールをアウトベース(各塁の近くにある円)まで運び、そのなかで「アウト」と大きな声で言う(アウトコール)。
・アウトコールは走者が進もうとしている塁のアウトベースで行う。
※打者が一塁に到着する前までに一塁のアウトベースでアウトコールができれば打者の得点は0点。
※二塁のアウトベースでアウトコールをすると一塁までは進めるので打者の得点は1点。
※三塁や本塁のアウトベースでアウトコールをしても、打者はその前の塁までは進めてしまう。
※打者が通過してしまった塁のアウトベースでアウトコールをしても無効となる。
・打球をノーバウンドで捕った場合は、アウトコールをしなくてもアウトにできる。
・相手チーム全員の打順が終わったら攻守交代する。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

★安全面の注意

ゲームでは、ボールを打った後に走るため、バットを手から離さないといけませんが、このとき放り投げるようなことをすると大変危険です。そのため、ボールを打った後はバット入れにバットを入れることを徹底します。これをしないとアウトになるのは厳しいルールと捉えられてしまうかもしれませんが、安全に配慮するための方法の1つです。

 

1人1台端末の活用アイデア①

バッティング日誌をつけよう!

バッティング(素振りを含む)の動きを仲間と撮影し合い、映像を保存します。また、映像をスローやコマ送りで見たり、打つ前にバットを引いた時点、ボールを打った時点、バットを振り抜いた時点などで一時停止して画像で切り出したりします。

これを毎時間行い、映像や画像を保存するとともに、授業が進むに連れた自己の動きの変化を確認します。

このことで、単元を通して自己の成長を感じたり、次時の活動の〈課題〉を見付けたりすることができます。

また、仲間の動きを確認することで、行い方のアドバイスをしたり、仲間の取組やがんばりを認めたりすることができます。

小5体育「ボール運動(ベースボール型)」 イラスト

 

工夫して運動しよう

第4時から第6時は、簡易化されたゲームを楽しむなかで、ルールを工夫したり、自己やチームの特徴に応じた作戦を選んだりすることをねらいとします。

そのため、チーム練習やチームでの作戦タイムなどチームの特徴を確認する時間や、選んだルールや作戦で簡易化されたゲームを楽しむ時間を十分に取り、ティーボールの楽しさや喜びを存分に味わうことができるようにします。

チーム練習

チーム練習は、これまでの「ゲームにつながる運動」で行ったティーバッティングやキャッチボールを、自己やチームの特徴に応じて工夫して行います。

コートでの練習は、対戦する2チームで交互にできるように、行う順番を決めます。

①攻撃練習・守備練習のためのティーバッティング

バットでボールを打つ動きや塁間を走る動き、打球を捕って得点を与えないようにする動きを練習するのは、コートを使って簡易化されたゲームさながらに行うのが効果的です。

チーム内で順番に打者を交代しながら打つ練習をするとともに、打球を捕球し、仲間とつないで相手をアウトにする練習をします。

打者の進んでいる状況から、どのアウトベースでのアウトコールをするのかを考えて守ることも大切になります。

②守備練習のためのキャッチボール

キャッチボールは仲間への送球と仲間からの送球の捕球、打球の捕球を想定して、その動きを練習します。

送球は仲間の正面に投げますが、打球は正面に来るとは限りません。いろいろな球種の捕球を練習できるようにします。

また、相手をアウトにするためには、すばやく正確な捕球や送球が大切となりますので、「捕ったらすぐ投げる」などの動きにも着目できるようにします。

イラスト/佐藤雅枝

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
1人1台端末時代の「教科指導のヒントとアイデア」

授業改善の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました