緊張や不安の強い子の気持ちをほぐし、引き出す「コミュニケーションゲーム」

特集
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめ

筑波大学附属特別支援学校研究主任・教務主任

佐藤義竹

特別支援学校や支援学級ですっかり根づいたコミュニケーションゲーム。子供たちにどのような変化が表れているのでしょうか。特別支援教育のコーディネーターとして各地の特別支援学校や支援学級を巡回してアドバイスし、コミュニケーションゲームの開発者でもある佐藤義竹先生にお聞きしました。

お話を聞いた方/筑波大学附属大塚特別支援学校研究主任/教務主任・佐藤義竹

特別支援 写真

緊張と不安感の強い子の気持ちをほぐした「トーキングゲーム」

特別支援 写真

「コミュニケーションゲーム」でとても印象に残っている場面があります。

緊張感・不安感が強く、自分の思いを上手に伝えることの難しいAくん(当時中学1年生)の変化です。

「トーキングゲーム」というコミュニケーションゲームをしていたのですが、最初のうちは表情も固く、自分の番が回ってきてもたびたび言葉に詰まっていました。

でも、同じグループのメンバーで継続して何回かゲームを行ううちに、Aくんの表情が少しずつ柔らかくなり、自分のことを楽しそうに伝え、相手の話も興味深く聞くようになりました。

ゲームの最後の回で<クラスの良いところは?>という質問カードを引いたAくんは、迷わず「仲よくするところ」と答えました。それを聞いた担任の驚きとともにうれしそうにしていた表情が、今でも忘れられません。

コミュニケーションゲームは、安心して話せる場であることが重要です。

ゲームをすることで、すぐに子供のコミュニケーション力が上がると考える人がいるかもしれません。でも実際には時間が必要です。

Aくんは自然と、自分の思いを伝えられるようになったのではありません。自分の発言がみんなに受け止められているという安心感の積み重ねがあったからです。安心感をベースに先生や友達との関係性が深まり、発言できるようになったのです。

トーキングゲーム
様々な種類の質問カードが用意されている「トーキングゲーム」

「すきなのどっち?」ゲームで自分の気持ちに気づいた子

知的障害のある子の中には、トーキングゲームのように、いかようにも答えられるオープンな質問が難しい子もいます。

そこで、知的障害の中度から重度の子のために選択肢のあるコミュニケーションゲームを考案しました。「えらんで・きめて・つたえるゲーム すきなのどっち?」(以下、「すきなのどっち?」)です。

質問カードに描かれたイラスト2つのうちのどちらが好きかを答えます。具体的な選択肢を示すことで、自分なりに考えて相手に伝えることができるようになるのです。

すきなのどっち?
選択肢で答えられる「すきなのどっち?」

今はアイスクリームが好きな気持ち

「チョコレートもアイスクリームも好きだけど……今はアイスクリームかな」と答えた子がいました。

自分なりにどちらも“同じ(ように好き)”だけど、さらに一歩先の「今」の視点に立ってどっちが好きかを、心の中で立ち止まって考えたと思うのです。その考える姿から、「すきなのどっち?」の奥深さを実感しました。

コミュニケーションゲームは子供から学ぶことが多いのですが、迷った時の視点の変え方もまた子供から学びました。さっそく、どちらも好きな場合、「今の気分ならどっちが好きかを答える」を「すきなのどっち?」のルールに加えました。

コミュニケーションゲームは、相手を理解するだけではなく、質問に答えることで、自分の今の気持ちに気づき、なぜそれを自分は好きなのかを言葉にすることで、自分自身の理解にもつながるのです。

選択肢のあるゲームは、いろいろな伝え方ができます

このゲームでは、いろいろな伝え方ができるという点も重要です。言葉で伝える子供もいれば、好きなほうを指で伝える子供もいます。もし手を動かすことができなければ、目だけで示すことだってできます。障害の程度に関係なく、みんなで一緒に取り組むことができるのです。

ある子は、友達を気遣って、指差しで選択しやすい位置にカードを置いて見せていました。この子供は普段から友達をよく見ていて、相手の視点に立って一緒に取り組もうとする思いやりを感じました。このような子供がいると、安心して伝えられる雰囲気になります。

「やりとりが楽しい」。これがコミュニケーションゲームの原点です。そのためには、子供が安心して話せる雰囲気であることが最も大切なことだと思います。

取材・構成/tobiraco編集室

 

佐藤 義竹(さとう・よしたけ)

筑波大学附属特別支援学校 研究主任/教務主任
福島大学教育学部卒業後、筑波大学大学院修士課程修了。福島県立特別支援学校に5年間勤務後、筑波大学附属大塚特別支援学校中学部担任を経て、 地域支援部。東京都文京区教育センター専門家、文京区特別支援教育相談委員会委員、筑波大学支援専門家チーム。社会性や自尊感情を育む教育プログラムを実践。自己選択・自己決定、意思表明の力を育む教材として「すきなのどっち?」を、コミュニケーションにおける傾聴の手立てとして「きもち・つたえる・ボード」を開発。著書に『今すぐ使える! 特別支援アイデア教材50』『1日1歩 スモールステップ時計ワークシート』(ともに合同出版)がある。

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめ

筑波大学附属特別支援学校研究主任・教務主任

佐藤義竹

学級経営の記事一覧

雑誌『教育技術』各誌は刊行終了しました