• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

道徳授業「相互理解・思いやり」に使える!学級図書に置きたい児童書

2019/3/28

低学年の教室にそろえておくのにぴったりな本を、 児童書専門店「こどもの広場」代表の横山眞佐子さんが選んでくれるシリーズの第2談(第1弾記事は、https://kyoiku.sho.jp/1191/をご覧ください)。ここで紹介された児童書は、道徳の授業にも役立つものを厳選。今回は、道徳の内容項目「B 主として人との関わりに関すること」について、子どもが自然と何かを感じ取れるような6冊を紹介します。

『はせがわくんきらいや』

長谷川集平/作・絵  (復刊ドットコム)

<本の内容>

長谷川くん泣かんときいな。わろうてみいな。もっと太りいな。長谷川くんだいじょうぶか。長谷川くん…。乳児の頃ヒ素ミルクを飲んだ著者が、幼少のときのことを思い出しながら描いた絵本。

<横山さんのおすすめポイント

「きらいや」と言いながら、はせがわくんを支えている少年。言葉だけにとらわれず、簡単にはわからない人間の気持ちの基本は「なぜ?」から始まります。この本を読むと子供たちは「なぜ?」という顔に。そこから始まる絵本です。

学習指導要領「道徳」内容項目……
 B 親切、思いやり
 B 友情、信頼
 B 相互理解、寛容



『はなのすきなうし』

マンロー・リーフ/文  ロバート・ローソン/絵  光吉 夏弥/訳  (岩波書店)

<本の内容>

他の牛たちは闘牛場で勇敢に闘うことを夢見ている中、フェルジナンドだけは花の匂いを静かにかいでいた。偶然のなりゆきから闘牛場へと連れられて行っても、自分を崩さずにいた。

<横山さんのおすすめポイント>

自分は他の人と違うということを、認めてもらうのは難しいことです。多数派が正しいということでもないのに。闘うことよりも花を見ている方が好きという牛は、とんでもない苦労をしてもなお、自分を貫きとおします。

学習指導要領「道徳」内容項目…… B 相互理解、寛容


『だれの ちが でた?』

スティーナ・ヴィルセン/作  ヘレンハルメ美穂/訳  (クレヨンハウス)

<本の内容>

のこぎりやかなづちを手に、集まってきた“やんちゃっ子”たち。楽しそうに、なにかを作っている。でも、なんだかあぶなっかしい手つき…。共同作業をとおして子どもたちの協調性が育まれていく様子が描かれる。

横山さんのおすすめポイント

子どもの心の成長は登り坂。一気にはいきません。いつもいつも“清く正しく”ではなく、悩み迷い、経験することで学び、成長していきます。

学習指導要領「道徳」内容項目…… B 友情、信頼


『どんなかんじかなあ』

中山千夏/文 和田誠/絵 (自由国民社)

<本の内容>

友達のまりちゃんは目が見えない。それで考えたんだ。見えないってどんな感じかなあって。主人公ひろくんが、相手の立場になって考えることに気付く。

横山さんのおすすめポイント

相手の身になって考えるとは何か。想像だけではなく、体験してみることが大切です。すると、別の視点が開けてきます。子どもたちと読みながら体験してみると、書いてあることがよくわかりますよ。

学習指導要領「道徳」内容項目……
 B 親切、思いやり
 B 相互理解、寛容


『ふしぎな ともだち』

たじまゆきひこ/作  (くもん出版)

<本の内容>

島の小学校に転校してきたぼくのクラスには、いつも教室を出ていってしまう自閉症のやっくんがいた。障がいの有無をこえて「共に育ち、共に生きる」ことを描く絵本。

横山さんのおすすめポイント

子どもにとって障害があるとかないとかということは関係ありません。それぞれの個性を認めたら、ふさわしい関係をつくっていけものです。子どもの寛容さのすばらしさが伝わります。

学習指導要領「道徳」内容項目……
 A 個性の伸長
 B 相互理解、寛容


『どんなきもち?』

ミース・ファン・ハウト/作 ほんまちひろ/訳 (西村書店)

<本の内容>

わくわく、びくびく、もじもじ、むしゃくしゃ、どきん。カラフルで表情豊かな魚たちが、気持ちを表現するお手伝いをしてくれる絵本。

横山さんのおすすめポイント

自分の気持ちを言葉で伝えるのは難しいです。「わくわくしている」って、どんな感じ?と、言われても…。絵を見て、いろいろな表現を言葉にしてみたら、とても面白いと思います。

学習指導要領「道徳」内容項目…… B 相互理解、寛容


本を紹介してくれたのは…

横山眞佐子さん

横山 眞佐子 さん

㈱こどもの広場 代表取締役。1979年、山口県下関市に子どもの本の専門店「こどもの広場」をオープン。本の販売のかたわら、講演会や教育シンポジウム、絵本の文化を紹介する展覧会などを企画・運営している。学校の図書室を活性化し、子どもたちと本を結ぶために「本を選ぶ会 選書会」を企画・実践。下関市内の小中学校を中心に、年間で約50校を訪問し活動を続けている。1996年下関市芸術文化振興奨励賞を受賞。現在、下関市子ども・子育て審議会委員、下関市立美術館運営委員。元梅光学院幼稚園園長。子どもの本、子どものための本の翻訳もする。2013年、久留島武彦文化賞を受賞。編集・執筆・翻訳図書に、『人生ではじめて出会う絵本100』(平凡社)、『かがくする心の絵本100』(平凡社)、『ぼくのライトとたんぽぽ』(ブックグローブ社)などがある。

『小二教育技術』2018年10月号より

関連する記事

その他記事一覧

保護者会で信頼を得る話の聴き方、進め方

小学校の保護者会で、相手のことを思いやるあまり援助的・指導的な話し方になると、かえって自分の話をしっかり聴いてもらっていないと保護者は感じてしまいます。個人面談…

2019/7/16

おじぎ 分離礼
正式な礼の仕方「分離礼」を指導しましょう

一学期が終わるころ、4月から始まった新しい学級はシステムが定着し、安定してくる時期です。高学年は、委員会活動、クラブ活動や異年齢交流活動など、学級の外で頑張るこ…

夏の研修会
ベテラン教師直伝!夏の研修会200%活用術

夏休み期間は、各地で「研修会」が目白押し。どの研修会に行き、どのように学び、どう活用すればよいのか、そのハウツーをご紹介します。

2019/7/13

プラスチック色鉛筆 自由課題
想像力と創造力を鍛える自由課題「色鉛筆ドロップス」

「プラスチック色鉛筆」は、ちょっとした空き時間と相性抜群の文房具です。芯が折れにくい、手が汚れにくい、などの特長があり、片付けも容易。机の中に常駐させ、いつでも…

2019/7/12

映画『風をつかまえた少年』で、学びの本質を考える

学校にも行けず、食べるものもない。アフリカの貧しい地域での過酷な状況の中、14歳の少年が一冊の本と出会い、独学で作り上げた風力発電で飢饉から村を救い未来を切り開…

2019/7/11

中野信子
「キレる」をスキルに!戦略的活用でコミュニケーションに活かそう!

「キレる」という感情は、人間にそもそも備わっているものーーそう語るのは『「キレる!」脳科学から見た「メカニズム」「対処法」「活用術」』の著者である脳科学者の中野…

この夏、注目の研究会(2019年7月下旬から4本)

まもなく夏季休業、教師力アップのために有効に使いたいですね。7、8月は研究会も多数開催されるので、参加して自らの学びにつなげてはいかがでしょうか。そこで7月下旬…

2019/7/3

菊池先生と林先生
この夏、見ておきたい「学ぶこと」の本質を映し出す教育映画2作品

教育の本質とは何なのか?を考えるよい機会となる教育映画『ニッポンの教育 挑む(第二部)』『林竹二の授業 ビーバー』の上映イベントを紹介します。教師の力量をどう高…

EQイメージ
保護者も気にする「教師のEQ、高いか低いか」【保護者座談会】

昨今、注目されている教師のEQ(Emotion Intelligence Quoient/心の知能指数)。EQが高い先生でよかったこと、反対に低い先生で残念だっ…

2019/7/2

ぬり絵
心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】7月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。
7月は朝顔や花火など夏にぴったりなぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

もっと見る