• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

道徳授業「相互理解・思いやり」に使える!学級図書に置きたい児童書

2019/3/28

低学年の教室にそろえておくのにぴったりな本を、 児童書専門店「こどもの広場」代表の横山眞佐子さんが選んでくれるシリーズの第2談(第1弾記事は、https://kyoiku.sho.jp/1191/をご覧ください)。ここで紹介された児童書は、道徳の授業にも役立つものを厳選。今回は、道徳の内容項目「B 主として人との関わりに関すること」について、子どもが自然と何かを感じ取れるような6冊を紹介します。

『はせがわくんきらいや』

長谷川集平/作・絵  (復刊ドットコム)

<本の内容>

長谷川くん泣かんときいな。わろうてみいな。もっと太りいな。長谷川くんだいじょうぶか。長谷川くん…。乳児の頃ヒ素ミルクを飲んだ著者が、幼少のときのことを思い出しながら描いた絵本。

<横山さんのおすすめポイント

「きらいや」と言いながら、はせがわくんを支えている少年。言葉だけにとらわれず、簡単にはわからない人間の気持ちの基本は「なぜ?」から始まります。この本を読むと子供たちは「なぜ?」という顔に。そこから始まる絵本です。

学習指導要領「道徳」内容項目……
 B 親切、思いやり
 B 友情、信頼
 B 相互理解、寛容



『はなのすきなうし』

マンロー・リーフ/文  ロバート・ローソン/絵  光吉 夏弥/訳  (岩波書店)

<本の内容>

他の牛たちは闘牛場で勇敢に闘うことを夢見ている中、フェルジナンドだけは花の匂いを静かにかいでいた。偶然のなりゆきから闘牛場へと連れられて行っても、自分を崩さずにいた。

<横山さんのおすすめポイント>

自分は他の人と違うということを、認めてもらうのは難しいことです。多数派が正しいということでもないのに。闘うことよりも花を見ている方が好きという牛は、とんでもない苦労をしてもなお、自分を貫きとおします。

学習指導要領「道徳」内容項目…… B 相互理解、寛容


『だれの ちが でた?』

スティーナ・ヴィルセン/作  ヘレンハルメ美穂/訳  (クレヨンハウス)

<本の内容>

のこぎりやかなづちを手に、集まってきた“やんちゃっ子”たち。楽しそうに、なにかを作っている。でも、なんだかあぶなっかしい手つき…。共同作業をとおして子どもたちの協調性が育まれていく様子が描かれる。

横山さんのおすすめポイント

子どもの心の成長は登り坂。一気にはいきません。いつもいつも“清く正しく”ではなく、悩み迷い、経験することで学び、成長していきます。

学習指導要領「道徳」内容項目…… B 友情、信頼


『どんなかんじかなあ』

中山千夏/文 和田誠/絵 (自由国民社)

<本の内容>

友達のまりちゃんは目が見えない。それで考えたんだ。見えないってどんな感じかなあって。主人公ひろくんが、相手の立場になって考えることに気付く。

横山さんのおすすめポイント

相手の身になって考えるとは何か。想像だけではなく、体験してみることが大切です。すると、別の視点が開けてきます。子どもたちと読みながら体験してみると、書いてあることがよくわかりますよ。

学習指導要領「道徳」内容項目……
 B 親切、思いやり
 B 相互理解、寛容


『ふしぎな ともだち』

たじまゆきひこ/作  (くもん出版)

<本の内容>

島の小学校に転校してきたぼくのクラスには、いつも教室を出ていってしまう自閉症のやっくんがいた。障がいの有無をこえて「共に育ち、共に生きる」ことを描く絵本。

横山さんのおすすめポイント

子どもにとって障害があるとかないとかということは関係ありません。それぞれの個性を認めたら、ふさわしい関係をつくっていけものです。子どもの寛容さのすばらしさが伝わります。

学習指導要領「道徳」内容項目……
 A 個性の伸長
 B 相互理解、寛容


『どんなきもち?』

ミース・ファン・ハウト/作 ほんまちひろ/訳 (西村書店)

<本の内容>

わくわく、びくびく、もじもじ、むしゃくしゃ、どきん。カラフルで表情豊かな魚たちが、気持ちを表現するお手伝いをしてくれる絵本。

横山さんのおすすめポイント

自分の気持ちを言葉で伝えるのは難しいです。「わくわくしている」って、どんな感じ?と、言われても…。絵を見て、いろいろな表現を言葉にしてみたら、とても面白いと思います。

学習指導要領「道徳」内容項目…… B 相互理解、寛容


本を紹介してくれたのは…

横山眞佐子さん

横山 眞佐子 さん

㈱こどもの広場 代表取締役。1979年、山口県下関市に子どもの本の専門店「こどもの広場」をオープン。本の販売のかたわら、講演会や教育シンポジウム、絵本の文化を紹介する展覧会などを企画・運営している。学校の図書室を活性化し、子どもたちと本を結ぶために「本を選ぶ会 選書会」を企画・実践。下関市内の小中学校を中心に、年間で約50校を訪問し活動を続けている。1996年下関市芸術文化振興奨励賞を受賞。現在、下関市子ども・子育て審議会委員、下関市立美術館運営委員。元梅光学院幼稚園園長。子どもの本、子どものための本の翻訳もする。2013年、久留島武彦文化賞を受賞。編集・執筆・翻訳図書に、『人生ではじめて出会う絵本100』(平凡社)、『かがくする心の絵本100』(平凡社)、『ぼくのライトとたんぽぽ』(ブックグローブ社)などがある。

『小二教育技術』2018年10月号より

関連する記事

その他記事一覧

【ブックレビュー】『こわ~い漢字ドリル 小学1・2年生』

単調な漢字学習は、子どもにとって楽しいものではありませんよね。そこで近頃は、おもしろおかしい例文を使った漢字ドリルが流行しているわけですが、満を持してこの度、子…

2019/5/21

小宮信夫さん

子どもを犯罪から守る「景色解読力」とは

子どもたちに「襲われたらどうするのか」ではなく、「襲われないためにどうするのか」ということを教える必要がある――これが立正大学教授・小宮先生の教える「犯罪機会論…

2019/5/18

【ブックレビュー】『何が変わるの?教科等の要点が簡潔にわかる!新学習指導要領ここがポイント』

2017年3月に告示された新学習指導要領。『教育技術』各誌でも何度となく取りあげられ解説されている新学習指導要領ですが、解説を隅から隅まで読んだとしても、心にス…

デキる教師は「手」が違う!

教壇に立つ時、自分がどんなふうに見えているかを意識していますか?相手に何かを伝えたい時、〝身ぶり手ぶり〟はとても重要です。学びの意欲を高め、楽しい授業をするため…

2019/5/17

村上康成

表紙の絵本画家リレーエッセー 村上康成さん

雑誌『教育技術  小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本画家に表紙用のイラストの作画をお願いしていきます。本コーナーでは、その絵…

2019/5/15

脱「暗い先生」の具体策

「学校って面倒だったり、たくさん嫌なこともあったりするけど、先生の笑顔を思い出すと“明日も行くか~”と思う」、「どんな先生も怒ることはあるし、それは仕方ないと思…

2019/5/7

いじめが辛いときに読んでほしい「生きることだけはあきらめないで」

よしもとクリエイティブ・エージェンシーの養成所「NSC」で講師を務め、さらに漫才作家として活躍されている本多正識さん。デビュー前のナインティナイン、キングコング…

5月のぬり絵こいのぼり

心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】5月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。5月はチューリップと鯉のぼりのぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご活用くだ…

森田直樹さん

不登校児童を救う、教師と保護者連携の言葉がけ

森田直樹さんスクールカウンセラーKIDSカウンセリング寺子屋主宰 不登校に悩む保護者をサポートし、不登校解消の高い実績をもつスクールカウンセラーの森田直樹さん。…

4月のぬり絵

心が落ち着く★飾れる 【プリント配付OKぬりえ】4月

ちょっとした隙間時間にも活用できる低学年向けのぬり絵をご紹介します。4月は新入生と春の花壇をモチーフにしたぬり絵です。PDFとしてダウンロードもできます。ぜひご…

もっと見る