小4国語「感動を言葉に」指導アイデア

教材名:「感動を言葉に」(光村図書四年下)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)オ 〔思考力、判断力、表現力等〕B(1)ア・ウ
言語活動:ウ

執筆/神奈川県公立小学校指導教諭・荒木昭人
編集委員/文部科学省教科調査官・大塚健太郎、大妻女子大学准教授・樺山敏郎

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、詩を書くことを通して、自分自身が感じたことを読み手に伝えることを意識し、伝えたいことを明確にし、書き表し方を工夫する力を付けます。様子や行動、気持ちや性格を表す語句の量を増し、語彙を豊かにすることも重要です。

心の動きを言葉にする際の書き表し方の工夫と、語彙を豊かにすることを関連的に指導することを意識しましょう。

感想や考えは、同じ文章を読んでも、文章のどこに着目するか、どのような思考や感情、経験と結び付けて読むかによって、一人ひとりに違いが出てきます。相互の考えを交流することを通して、互いの感じたことや考えたことを理解し、他者の感じ方などのよさに気付くことが大切です。

②言語活動とその特徴

詩は、子供たちがふだんから触れている文章とは違い、独特な改行形式や連による構成などが特徴です。表現の技法については、高学年の指導事項としており、感じたことや想像したことを豊かに表現することができるように指導します。

ここでいう技法とは、例えば、同じ言葉を繰り返し強調する「リフレイン」、イメージが具体的になるだけでなくリズム感も生み出す「オノマトペ」、様子や動きについて読み手に強い印象を与える「比喩」などです。

しかし、技法が活用できるからといってよい詩になるとは限りません。単元名や教材名にもあるように、「心の動き」や「感動」を言葉で表現することが大切なのです。短い言葉や文でそのときの思いを言葉にする詩だからこそ、伝えたいことを明確にし、表現の工夫をすることにつながるのです。

単元の展開(時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①学習の見通しをもつ。
・これまでに詩を読んだり書いたりしたことをふり返ったり、毎日の生活のなかで感動したことなどを想起したりする。

【学習課題】心の動きを言葉にして、詩を書こう

②詩に書きたいことを決める。
→アイデア1
・最近心を動かされたことのなかから、最も伝えたい題材を選ぶ。

第二次(3~6時)

④⑤⑥言葉を選んで、詩を書いたり表現を確かめたりする。
・心を動かされたときのことをたくさん書き出し、どの言葉がよいかを検討する。
→アイデア2

・言葉と言葉を組み合わせたり、順序を入れ替えたりして、書き表し方を工夫する。
→アイデア3
・書いた作品を読み返し、心が動かされたときのことが伝わる表現かどうかを確かめ、整える。

第三次(7時)

⑦友達の詩の工夫を見付ける。
・友達と詩を読み合い、よさを伝え合う。
・学習をふり返る。

アイデア1 体験を想起し、伝えたい題材を選ぶためのウェビング

詩を書くために重要なことの一つに「題材の選択」があります。子供が「伝えたい」と思えるような題材を選択するために、まずはこれまでの自分自身の体験を広く想起させるようにしましょう。その際に有効なのが「ウェビング」です。

下の図のように、「心が動いたこと」などのキーワードを中心に置き、自分自身の体験を一枚の地図のように広げていくイメージです。ある程度広げることができたら、「友達や先生に詩にして伝えたいことや気持ちはどれか」という視点で、題材の候補を絞っていくのです。

▼ウェビング

ウェビング①

↑自分の体験やそのときに感じたことなどを、地図を広げていくように書き込んでいきます。

ウェビング②

↑体験などが十分に広げられたところで、「詩にして伝えたいこと」という視点で、詩の題材にするものを選びます。

アイデア2 気持ちを表す語句を増やすために、複数の候補から選択する

現行の学習指導要領において、「国語科の改訂の趣旨及び要点」のなかに、「学習内容の改善・充実」として「語彙指導の改善・充実」が挙げられています。このように語彙指導の重要性が再確認されるなか、詩を書くという言語活動は、語彙の拡充の機会と捉えることができます。

本単元を語彙拡充につなげるためには、思いつくままに詩を書かせるだけでは不十分です。詩を書く言語活動を通して、気持ちを表す語句を増やすことも重要です。

例えば、「うれしい」という気持ちを表現する際に、「うれしい」という言葉だけでなく、「ごきげん」「幸せ」「快適」「晴れ晴れしい」などの言い換えられる言葉を調べ、感動や心の動きを表現するのにふさわしい言葉を選ぶことが考えられます。

体験での感動や心の動きを表現するために、複数の候補からどの言葉を選択するか吟味する活動を通して、気持ちを表す語句を増やすことが大切です。

アイデア3 言葉と言葉を組み合わせたり順序を入れ替えたりする「詩の設計図」

本単元では、目的を意識し、書き表し方や構成などを確かめる力を育成することが重要です。このような力を育成するためには、いわゆる「下書き」段階の活動をいかに充実させるかがポイントになります。

そこで、一枚の紙に直接詩を書きだすのではなく、付箋のような紙に単語や一文程度の文量を書き出し、それを並べる形で詩の形を作っていきます。並べていく過程で言葉の順序を入れ替えたり、同じ意味でも違う言葉に置き換えたりすることが、書き表し方や構成を確かめる力の育成につながっていくのです。

この活動をする際、学びを深めるために友達との交流も有効です。「自分の思いが読む人にも伝わるか」という視点で確認してもらうことで、修正する箇所や修正の方向性も見えてきます。

▼詩の設計図

詩の設計図①
やじるし
詩の設計図②

せっかく「音」って書いてあるから、どんな音だったか知りたいな。それと、「おいしい」という言葉だけだと、ちょっと気持ちが伝わらないかもね。

ありがとう。音については「ジュージュー」という言葉を入れてみたよ。それと、「おいしい」という気持ちが伝わるように、「おいしさ言うことなし」という言葉に変えて、文章の順番も入れ替えてみたんだ。順番を入れ替えるだけで印象が変わるんだ。

イラスト/横井智美

『教育技術 小三小四』2021年12/1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

授業改善の記事一覧

雑誌最新号