ピース(PEACE)! 笑って納得の仲裁指導法【動画】

連載
松下隼司の笑って!!エヴリディ
関連タグ

松下隼司

劇団俳優を経て、公立小学校の教壇へ。得意のダンス指導で日本一になったり、絵本作家にチャレンジしたりと、精力的な毎日を過ごす松下隼司先生。その教育観の底には、子どもも指導者も毎日楽しく、笑顔でありたいという願いがあるそうです。そんな松下先生から、笑顔のおすそわけをしてもらう本コーナー。

ケンカやトラブルが絶えない教室では、子どもたちは落ち着いて過ごすことができません。その都度教師が厳しく押さえつけても、雰囲気は悪くなるばかり……。そこで今回は、みんながハッピーな気持ちになれる、ピースサインを使った仲裁指導法のアイデアをお届けします。

指導:大阪府公立小学校教諭/松下隼司

松下先生バナー 笑って!! エヴリデイ 松下隼人

あなたもあなたも、同じ人間やで♪

子ども同士でも人間関係のトラブル、よくありますよね。休み時間のケンカ、SNSのトラブル、ゲームの貸し借り……。

陰口やいじめ。子どもは傷つきます。保護者も先生方も、大人だって傷つくでしょう。

いろいろな人間がいます。

(子どもたちに向けて手のひらを見せる)

(ピースサインをつくり、指の根本は片方の手で隠す)

例えばよく揉めるAさん(人差し指)とBさん(中指)。もうバチバチですよ。

「別々に見えるけども、同じ人間ちゃうん?」

(指の根本を隠している手を下げていき、ピースサインの全貌を見せる)

「ほら、つながってるやん! バチバチやってる違う人間に見えても、同じ人間やねんで。よう見たらほら、ピースやん!」

PEACE!!!!

「平和やん!」

話のオチにいかがでしょうか?

子どもというのは、話を聞くだけでは言葉が入りにくいけれども、視覚的に目で見ると分かりやすいので、よく聞いてくれます。

さらに、子どもたちにも同じように手を動かしてもらうと、さらに効果てきめん!

体を使って短い言葉で、目で見て分かる、動いて分かる。

事前指導でやってもいいし、トラブルがあったときに、キメ台詞としてやるのもオススメですよ。

松下隼司先生

松下隼司(まつした じゅんじ)
大阪府公立小学校教諭。第4回全日本ダンス教育指導者指導技術コンクールで文部科学大臣賞、第69回(2020年度)読売教育賞 健康・体力づくり部門で優秀賞を受賞。さらに、日本最古の神社である大神神社短歌祭で額田王賞、プレゼンアワード2020で優秀賞を受賞するなど、様々なジャンルでの受賞歴がある。小劇場を中心に10年間の演劇活動をしていた経験も。著書に、『むずかしい学級の空気をかえる 楽級経営』(東洋館出版社)絵本『ぼく、わたしのトリセツ』(アメージング出版)絵本『せんせいって』(みらいパブリッシング)がある。

イラスト/したらみ

【関連記事】
松下隼司の笑って!!エヴリディシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・宿泊学習の前説に! 睡眠を邪魔するNGワードランキング5【宿泊学習の面白対応術 #3】
・宿泊学習で、子どもの就寝時間の見回りを楽しく【宿泊学習の面白対応術 #2】
・教師が子どもたちと一緒に入浴するメリット4つ【宿泊学習の面白対応術 #1】
・犬猿の仲は、実は仲良し⁉ 干支を使ったケンカ対応法【動画】
・コラッ!? コアラ!? 子どものケンカを止める楽しい叱り方指導法【動画】
・雨の日は、教室に「走っていいゾーン」をつくる
・衝突事故しない!させない!廊下の安全な曲がり方指導法【動画】
・ピース(PEACE)! 笑って納得の仲裁指導法【動画】
・子供同士のトラブルを楽しく防ぐ!“チュウ”はあかんよ~
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
松下隼司の笑って!!エヴリディ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号