小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小4体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」の単元を扱います。

執筆/札幌市立公立小学校教諭・大薮真也
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   札幌市立公立小学校校長 ・大牧眞一

単元名

ティーボール 〜静止したボールを打つ易しいゲーム〜

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
ベースボール型ゲームの行い方を知るとともに、打つ、捕る、投げるなどのボール操作と得点をとったり防いだりする動きによって、易しいゲームをすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
ベースボール型ゲームの規則を工夫したり、ゲームの型に応じた簡単な作戦を選んだりするとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
ベースボール型ゲームに進んで取り組み、規則を守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

中学年の「ベースボール型ゲーム」は、その行い方を知るとともに、ボールを蹴ったり打ったりする攻めや捕ったり投げたりする守りなどの基本的なボール操作と、ボールの飛球方向に移動したり、全力で走塁したりするなどのボールを持たないときの動きによって、攻守を交代して行う易しいゲームの楽しさや喜びに触れることができる学習です。

本事例は、三年生で学習したボールを蹴って行うベースボール型ゲームでの経験をふまえ、静止したボールを手や用具で打つ易しいゲームを取り扱います。

6時間の単元計画とし、単元の前半では、ボールを打つなどのボール操作の技能を段階的に高めるとともに、向かってくるボールの正面に入るなどのボールを持たないときの動きを理解し、それらをゲームのなかで実現できるようにすることをめざします。

用具を使って打つだけでなく、ボールをフェアゾーンに投げてもよいことにするなど、攻め方に選択の幅をもたせることで、運動が苦手な子供もゲームの楽しさや喜びに触れられるように配慮します。

単元の後半は、チームで攻め方や守り方の簡単な作戦を選んでゲームを行います。友達と打つ方向や守備位置について考えたり、アドバイスし合ったりしながらチームで協力してゲームを行う楽しさや喜びに触れられるようにします。

なお、運動中はマスクを外すようにするとともに、地域の感染状況に応じて不必要に大声を出さないようにするなど、感染予防にも配慮しましょう。

 

動画①「小学校中学年体育〜14 ベースボール型ゲーム」文部科学省

単元計画(例)

小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア 単元

楽しもう

攻めや守りの動きを身に付け、規則を工夫しよう

単元の前半では、ゲームの行い方を知るとともに、ゲームを通して基本的なボール操作とボールを持たないときの動きを身に付けられるよう、毎時間、ゲームにつながる運動に取り組みます。その際、実際のゲームで役立つ「打つ」「捕る」「投げる」の3つの動きを取り入れ、慣れてきたら、誰もが楽しくゲームに参加できるよう、規則を工夫できるようにします。

例えば、攻めのときに大きなボールや軽いボールを用いたり、大きなバット、軽いバット、ラケットなどの用具を用いたりできるようにすると、運動が苦手な子供もゲームで得点する喜びに触れることができます。また、守りのときのアウトのしかたを変えることで、得点できるかできないかのドキドキ感が増して、よりゲームの楽しさを味わえるようになります。

 


データ資料①「ゲームにつながる運動の例」
※ダウンロードはこちら

 

動画②「規則の工夫例」(札幌市教育委員会)

【規則や場の設定例】(本塁、1塁、2塁の三角ベースの場)

・1チーム4〜5人。
・打者は、ティーに置いたボールをバットやラケットでフェアゾーンに打つ。
 ※単元の前半で、打つことが苦手な場合はボールを投げてもよい。
 ※フェアゾーンに入るまで、何回でもやり直すことができる。
・「アウト」のコールがかかるまで進塁し、進んだコーンの数が得点となる。
・チーム全員に打順が回ったら攻守交代し、それぞれ2回ずつ行う。
・守備は捕ったボールをアウトゾーンにいる友達に投げる。
 ※捕球した人以外は3つのアウトゾーンのうち、どこか1つに集まる。
・アウトゾーンは内野に1つ、外野に2つ、合計3つ置く。

〈安全面への配慮〉
・守備は内野のアウトゾーンより前に出て守備をしないようにする。
・打者が振った用具がほかの子供に当たらないように指導するとともに、待機ゾーンを設けて、打者に近付きすぎないようにする。
・打った後に用具を置く場所を確保する。

小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア イラスト

 

小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア②
「もっと楽しもう」はこちら

 

イラスト/斉木のりこ

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小6 国語科「大切にしたい言葉」全時間の板書例&指導アイデア
・小3 国語科「三年とうげ」全時間の板書&指導アイデア
・小6外国語 Unit 7「My Best Memory」の指導アイデア②
・小6外国語 Unit 7「My Best Memory」の指導アイデア①
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア①
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・小6 国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」板書例&全時間の指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 7「This is for you.」指導アイデア
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号