小4算数「がい数」指導アイデア

執筆/福岡教育大学附属久留米小学校教諭 廣木伸幸
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、福岡教育大学教授・清水紀宏

本時のねらい(本時6/8時 単元展開)

四捨五入をして概数にする前の、元の数の範囲を求めることができる。また、「以上」「未満」「以下」の意味を知る。

評価規準

四捨五入して求めたい位までの概数にしたときに、ある概数になる整数の範囲を求め、「以上」などの言葉を使って表すことができる。(知識・技能)

問題
今週の図書館の利用者数を四捨五入して、十の位までのがい数にすると、約630人でした。約630になる整数について考えましょう。

図書委員会からの放送で、今週の図書館の利用者は約630人ということでしたね。正確には何人でしょうね。

632人かな。

625人とか。

625人は約630人になるのかな。

なるほど。では今日は(問題場面を提示して)、約630と言えるのは、どのような数か調べてみましょう。

学習のねらい

四捨五入して、求めたい位までのがい数になる整数について調べよう。

見通し

  • 十の位の数や一の位の数に目を付けるとよい。〔着眼の見通し〕
  • 数直線を使って調べる。〔方法の見通し〕
  • 625から635までではないかな。〔結果の見通し〕

自力解決の様子

A つまずいている子
B 素朴に解いている子
C ねらい通り解いている子

学び合いの計画

A、B、Cの解決方法を板書上で提示して、どの範囲が「正しいのか」という観点で、4人組による話合いをさせます。この学び合いによって、Aの子供には、十の位が2の場合にも目を向けさせます。また、Bの子供には、635が四捨五入すると640になることに気付かせます。

ノート例

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

(板書上のA、B、Cの解決方法を示して)どの範囲が正しいと考えましたか。

625から634までの範囲です。

なぜ、ほかの2つは正しくないと思いましたか。

(Aについて)この範囲は、十の位が2のときを考えていないからです。

(Bについて)635は十の位までの概数に四捨五入すると640になるからです。

なるほど。では、この2つ(BとCを示して)は似ていますが、同じところと違うところはなんですか。

620と630の中間から、630と640の中間を考えているところが同じです。

635を入れていないところが違います。

※この後、「以上」「以下」「未満」の言葉の意味を教えてまとめる。

学習のまとめ

四捨五入して十の位の概数にすると、約630になるのは、625以上635未満の範囲。

学習のまとめ

評価問題
四捨五入して百の位までのがい数にしたときに、2800になる整数のはん囲を表しましょう。

子供に期待する解答の具体例
2750以上 2849以下
2750以上 2850未満

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿
2750と2850に目を付けて、2850を含まないように表している。

感想例

四捨五入するためには、求めたい位の1つ下の位に目を付けることが大切だ。

『教育技術 小三小四』2021年8/9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号