• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【ぬまっち流】体育はできない子も楽しめるシステムに!

2019/9/5

運動神経のよい子供だけが活躍する体育の授業にならないように工夫するも、なかなか難しいのが実情かと思います。クラス全員が楽しく参加できる体育をめざす、沼田晶弘先生(ぬまっち先生)の授業のコツを教えてもらいました。「タッチバスケ」 「マット台上前転」など、体育が苦手な子でもどんどん取り組める指導法を紹介します。

体育イメージ
撮影/大庭正美

子供たちが得意分野で活躍できるシステムづくり

高学年になると、体育が苦手で嫌いな子も増えてきます。そこで、みんなが楽しめるためのシステムを考えます。

例えば、「タッチバスケ」。ゴールにボールを入れると得点が入るというルールはバスケットと同じですが、ドリブルなし。ボールを持って走ってOK。敵にタッチされたらストップというルール(仲間にパスはOK)。

このルールを考えた理由は、ドリブルをさせると、経験者ばかりが活躍するようになるから。でもボールを持って走ったり、タッチするだけならみんなができます。それでもゴールは難しいので、得点を決めたら、控えの子と選手交代するというルールをプラス。そうすると上手な子は交代したくないので、ゴール下までボールを持ち込み、ゴールは他の子に譲ります。上手な子はゲームメイクする役割に回り、上手ではない子が得点を決めて、笑顔で選手交代するのです。このように、できる子もできない子も、楽しめるようなシステムに変えるのです。

跳び箱は「恐怖」を取り除く工程を

跳び箱も実力差が出やすい種目。できない理由は「怖い」から。

そこで、台上前転は、まずマットを二つ折りにして、跳び箱と同じ高さまで積み重ねます。そして跳び箱の幅にテープを貼ってその上を前転させます。するとほとんどの子ができるのです。なぜなら横に体がそれてもマットが広くて落ちないのを知っているから。

次に、跳び箱の横にエアマットを置き、落ちても痛くないことをわからせてやらせると、やはり成功するのです。

跳び箱の練習
イラスト/明野みる

跳び箱を跳ぶ場合も、苦手な子は跳び箱に手をついて腰を上げた後、ぶつかるのが怖くて顔が立ってしまい、お尻が落ちてしまいがちです。そこで、腰が上がった瞬間に、僕はお尻を前に押し込んであげます。するとそのままビューンって前に勢いで跳んでいきますよね。でも着地の場所にエアマットを置いてあるので、顔から落ちても怖くありませんし、大抵の子は跳び箱を越えると自然と着地できます。

まずは恐怖を取り除くシステムを考え、しっかり手をついて腰を上げて跳ぶ感覚を覚えさせるのが大切なのです。

ちなみに僕は体育時間に、子供たちにお手本を見せる指導はしません。僕がやると、子供たちが見て喜ぶだけ。でも上手な子がみんなの前でお手本を見せれば、周りの子が喜ぶだけでなく、上手な子は自信がつき、やる気も出ます。つまり一石二鳥の効果が出るからです。

沼田晶弘先生
沼田晶弘先生 写真/下重修

「できない理由を考え、その課題を取り除くシステムを考えよう!」

沼田晶弘:1975年東京都生まれ。国立大学法人東京学芸大学付属世田谷小学校教諭。東京学芸大学教育学部卒業後、アメリカ・インディアナ州立ボールステイト大学大学院にて修士課程を修了。2006年から現職。著書に『「変」なクラスが世界を変える』(中央公論新社)他。

『小五教育技術』2018年10月号より

関連する記事

授業記事一覧

【構造的板書】 国語「古文を声に出して読んでみよう」 「日常を十七音で」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「古文を声に出して読んでみよう」「日常を十七音で」を…

ゲーム要素を取り入れた九九アイディア指導【前編】

二学期から九九の単元が始まります。全員が九九をすらすら言えるようにするには、子供たちの「九九を覚えたい」という気持ちを引き出すのが近道です。ゲーム要素を取りいれ…

2019/9/19

【先生のための学校】「音読」でクラスをつくる

今回は、 14回も二年生を担任し一年生で難儀になったクラスの立て直しを何度も実現された、「先生のための学校」に所属される、ある講師の先生のお話を紹介しましょう…

【指導計画】6年理科 土地のつくりと変化①

地面の下の様子を想像して絵や言葉で表現したり、ボーリング資料や崖の写真を見るなどして気づいたことを話し合ったり調べたりする活動を通して、土地のつくりや変化につい…

2019/9/17

子どもたちを変える!魔法の音読指導

日々の音読がいつの間にか惰性化し、易きに流れていませんか? 身体を使って音読する「あいうえ音読」などの実践で知られる佐藤隆史先生の音読指導を手本にすれば、子ども…

【指導計画】1年算数 「3つの かずの けいさん」

数量の関係に着目し、挿絵と半具体物などを関連付けて考える活動を通して、3つの数の加法の式の意味を理解し、その計算をすることができるようにします。

2019/9/15

【教育技術小五小六10月号特典】「外国語の授業レポート」動画(本誌連動企画)

『教育技術 小五小六』10月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワードを入力し…

【指導計画】5年国語 日本の文化を考えよう

【教材名】「古典」を楽しむ(教育出版 五年下)の授業アイディアです。本単元では、「好きな古典作品を読んで感想をまとめる」言語活動を行います。感想には、「あらすじ…

2019/9/14

【教科調査官に聞く】国語科の新学習指導要領-改訂ポイントと授業改善の視点

小学校学習指導要領の改訂にあたり、国語科における授業改善の重要な点を、文部科学省・菊池英慈教科調査官にうかがいました。

【小六道徳】「ここを走れば」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小六の道徳「ここを走れば」の授業展開と板書の工夫…

もっと見る