小3らくらくUnit 1「Hello!」①【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】

連載
モトヨシ先生のスライドde外国語活動(小3・小4)~パワポで楽しくらくらくICT授業
小3【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】

ゆたかな言語活動を行うためにICTを活用した授業が求められる外国語活動。しかし、様々なツールや教材を切り替えながらでは、手惑う場面もしばしばでしょう。本好利彰先生がこれまでの授業で作成してきたパワーポイント(スライド)教材は、これひとつ、授業の導入から終末までモニターに映すだけで授業を組み立てられる”お助け教材”です。「モトヨシ先生のスライドde外国語活動」で外国語活動の授業を、らくらくクオリティアップ!
今回は、Let’s Try! 1 Unit1「Hello! あいさつをして友だちになろう」の第1時のらくらく授業の進め方です。

執筆/千葉県公立小学校教諭・本好利彰
監修/拓殖大学准教授・居村啓子

スライドは学級の実態にあわせて修正して使いましょう

小学校3年生の「Let’s Try! 1」の最初の単元「Hello! あいさつをして友だちになろう」全2時の1時目の授業の流れです。本時も、私が作成したパワーポイント(スライド)を使った授業を紹介します。学級の実態に合わせて修正し活用してください。

パワーポイント(スライド)を使った授業の進め方

この記事の最後で、パワーポイントのファイルをダウンロードできるようになっています。必要な教師の発話やイラスト、音源などを挿入してあり、この資料を使うことで1時間の授業を行うことができるように作成してあります。このスライドを活用して、クリックしながら授業を進めてみてください。

  • クリックでスライドを進めるだけで、スムーズに授業を行えます。
  • デジタル教科書を使用する場合は、パワーポイントから切り替えてください。

目標と授業の流れ

【目標】
世界の国々の挨拶の仕方を知る。
○世界にはさまざまな言語があることに気付くとともに、挨拶や名前の言い方に慣れ親しむ。(知識及び技能)
○名前を言って挨拶をし合う。(思考力、判断力、表現力等)
○相手に伝わるように工夫しながら、名前を言って挨拶を交わそうとする。(学びに向かう姿勢、人間性等)

【言語材料】
◎Hello.  Hi.  I’m (Hinata). Good bye.  See you.
◎挨拶(hello, hi, good bye, see you), friend, I, am

  1. 挨拶
  2. サイモンセズ
  3. 数字の歌を歌う(セブンステップス+リバース版)
  4. キーワードゲーム
  5. 世界の挨拶の仕方を知る→(デジタル教科書を活用する。Let’s Try!1 P2)→めあて
  6. 黒板に挨拶や国名を貼ろう
  7. ペアを探そう
  8. デジタル教科書P4
  9. ふりかえり

各活動の流れ

①挨拶

②サイモンセズ

前時の授業開きで行ったサイモンセズです。すぐにサイモンセズのアクティビティーを始めるのではなく、「Let’s practice!」もしくは「練習タイム!」と言って動作の確認をしましょう。できれば前回と同じではなく、新しい動作を1つでも2つでも加えるとよいです。ほんの少しの工夫や変化が大切です。

Touch your nose. 
Touch your mouth.

Open your textbooks.
Close your textbooks.

ここで扱っておくと本時の後半で Let’s Try! を使う時の支援となります。是非、意図的に扱ってみてください。この授業で新たに加えた文は赤文字にしてあります。動作の確認を復習として1分程度行ったらサイモンセズを行うとよいと思います。

③数字の歌を歌う

セブンステップス

セブンステップスの3と6の数字で手を叩く版。クリックで歌が流れます。
  1. ノーマル版
  2. 3の数字で手を叩く版
  3. 3と6の数字で手を叩く版
  4. リバース版

リバース版

7から1まで逆に歌うリバース版です。歌う前に1度聞かせてから、教師がまずゆっくりと歌ってあげるとよいと思います。歌が得意ではないという先生は、児童と一緒に歌ってもOKです。

セブンステップスのリバース版

④キーワードゲーム(数字)

数字の練習をしたら、キーワードゲームを行います。2人1組になった児童に12枚の数字カードを配ります。表向きでシャッフルさせて並べ、教師が言ったキーワードの数字のカードを先に取った方が勝ちです。

あらかじめキーワードとなる数字を決めて黒板に貼っておきます。黒板を使う場合、キーワードの数字を赤で囲ったりすると視覚的にも児童は理解しやすいと思います。

新しい活動を導入する時は、ALTや児童とデモンストレーションを実際に行って見せることがお勧めです。実際の活動をそのまま見せることで、だいたいの活動を児童に理解させることができます。児童とデモンストレーションを行う場合は、事前に教師と児童で練習しておくとよいでしょう。キーワードゲームのポイントは、キーワード以外の単語は必ずリピートをさせることです。

Let’s play the keyword game!
Keyword is number 8.
Hands on your head.

(教師はジェスチャーをする)

Three!

Three!

(児童にリピートするようにジェスチャーする)

Five!

Five!

Eight!

児童はキーワードが聞こえたらカードを取ります。先にカードを取れた方が勝ちとなります。

You can keep the card with you.
O.K. Next keyword is… .

※キーワードゲームは数字に限らず他の単元のどの単語でも活用できます。

⑤世界の挨拶の仕方を知る

→(デジタル教科書を活用する。Let’s Try! 1 P2)

世界の挨拶の仕方についてデジタル教科書を活用しながら学習していきます。

Look at this flag.
What country is this?

日本! Japan!

Yes, that’s right.
We say “konnichiwa” in Japanese.

→黒板に「日本の国旗」と「こんにちは」のカードをペアで板書、貼りましょう。

Look at this flag.
What country is this?

アメリカ!

Yes, that’s right.
How do you say こんにちは in English?

→黒板に「アメリカの国旗」と「ハロー」のカードをペアで板書、貼りましょう。

Look at this flag.
What country is this?

韓国? 中国?

The answer is China.
How do you say こんにちは in Chinese?

分からない。ニーハオ?

Let’s check today’s goal!

●めあてにつなげる
ここで分からないことと児童が感じたことをめあてにつなげるとよいと思います。パワーポイントにあるめあては例として記載してあるので、実態に合わせて変えてください。

Let’s watch the movie about China.

→ビデオで子どもたちがニーハオと言っているシーンを視聴させます。

中国の挨拶、何て聞こえたかな?

→指名して発表させても、全体で一斉に言わせてもよいかと思います。大切なポイントは聞こえたように言わせるということです。この後に出てくる初めて聞く挨拶の時の手立てとなります。

韓国語Korean、ケニア語Kenyan、ドイツ語German、インド語Indianについても、同じ流れで進めていきます。

Look at this flag.
What country is this?

(国の名前)

Yes, that’s right.
How do you say こんにちは in (その国の言語)?

(韓国語Korean、ケニア語Kenyan、ドイツ語German、インド語Indian)

⑥黒板に挨拶や国名を貼ろう

板書 国旗と挨拶

いろいろな国の挨拶をデジタル教科書の映像を通じて学んだところで、児童が国旗と挨拶を結びつける活動を行います。ちょっとした遊び心とALTの演技力で楽しみながら活動できると思います。

教師が児童たちと国名をリピートしている間に、ALTに挨拶のカードを黒板から取ってもらいます。リピートが終わった頃にALTがわざとらしく転んで、持っていたカードを教室の床にバラバラに落としてしまうというシーンを意図的に(演技力重要です!)行ってもらいます。ALTが例えばアメリカ出身ならば、こんな形で進めてはいかがでしょうか。

Oh, my god!
○○先生, what are you doing!!!!

Oh, I’m sorry.
I’m from America, so I know “hello’’.

と言って、アメリカの国旗の横にハローのカタカナのカードをALTに貼ってもらいます(1人で授業をする場合は、1人で2役でもできます)。

But, ニーハオ? I don’t know.
Please help me.

Hands up, please.

といって児童にカタカナの挨拶のカードを貼るように促します。他の挨拶のカタカナカードをすべて貼り終わるまで同じ流れで進めます。

黒板に国旗とすべての国の挨拶が貼られている状態になります。今度は挨拶のリピートを行います。その間に、ALT(教師)が国旗のカードを取っていきます。また、同じ転ぶ演技をします(笑)。2回目です。2回目になると児童は「わざとだ! またやった!」などと言いますが、聞き流しながら先程と同じことを行います。

Oh, my god! ○○先生, what are you doing!!!!

Oh, I’m sorry.
I’m from America, so I know ‘’ This is the American flag’’.

と言ってALTが、アメリカの国旗のカードをハローのカタカナのカードの横に貼ります(1人で授業をする場合は、1人で2役でもできます)。

But, this one is? (ケニアの国旗を見せながら) I don’t know.
Please help me.

Hands up, please.

と言って児童たちに国旗のカードを貼るように促します。

⑦ペアを探そう(2回)

本時の学習で習った挨拶のカードを使って、同じ挨拶カードを持っている児童を探します。ペア探しのアクティビティーです。まず教師とALT(児童)でデモンストレーションをします。

Hello.

Hello.

勝った人から自分の持っているカードの挨拶をします。

(例)教師が勝った場合

ジャンボ!

ニーハオ!

ここで教師が児童に Is this O.K.?Is this a pair? などと聞くとよいです。児童は No! などとリアクションをしてくれます。なるべく児童も巻き込みながらデモをすることも大切です。

Is this O.K.?

No!

See you.

See you.

今度は、ペアになった形を見せます。ペアのパターンとペアでないパターンを1回ずつ見せるとよいです。また、2回のデモンストレーション後に、児童と教師でもう1度やってみるのも効果的です。ペアを探そうの活動は、時間を見て、1回で終えてもよいと思います。

パワーポイントも準備しましたが、デモンストレーションで活動の仕方を見せる場合は、パワーポイントは非表示にしてもらえば大丈夫です。また、じゃんけんに関しては、特にじゃんけんをしなくても活動は成立しますので、やらないという選択をしてもよいと思います。会話のスタートが常にじゃんけんという形もナチュラルではないとも感じます。実態に合わせて変えていただければと思います。

⑧デジタル教科書P4

Let’s Try!1の4ページのリスニングを行います。全部で6問ありますが、3問をこの時間にやり、次時に3問やるとよいです。サイモンセズで Open your textbooks. を扱っておくとスムーズに児童も教科書を開けますが、初めて教科書を使うのでジェスチャーをしながらゆっくり行ってください。鉛筆と定規も見せながら準備するように伝えます。

(教科書を開くジェスチャーをしながら)

Open your textbooks to page 4.

(鉛筆や定規を実際に見せながら)

Get your pencils and rulers.

Please draw a line like this.

(と言って実際にスクリーンに線を引くことを見せるとよいです)

答え合わせの仕方は、指名してもよいでしょうし、全体で確認してもよいと思います。

評価については記録には残さない時でも名簿を使って、メモ程度に児童の学習状況を書き留めておくことも大切です。目標に向けて指導していきましょう。

⑨ふりかえり

本時のめあてを確認して、ふりかえりをさせるとよいと思います。ここで児童が「楽しかった」等を書いていることが悪いわけではないですが、めあてからの感想を書いている児童を意図的に指名して共有するとよいです。本時であれば、「いろいろな国の挨拶の仕方を初めて知った」等の感想を書いている児童を意図的に指名するとよいでしょう。

※外国語活動は教科ではないので、Let’s Try!は教科書ではなく教材という扱いになっていますがこの連載では、教科書、textbookと表示しています。

※外国語活動の授業の進め方やスピードは授業者によって違うと思います。パワーポイントをご覧になった時に、学級の実態からすべてはできないと感じたりする場合は、授業者の判断でとばすことも可能です。

居村啓子

居村啓子(いむらけいこ)
拓殖大学外国語学部英米語学科准教授。言語学博士。児童図書出版社、児童英語教育機関勤務、立教大学異文化コミュニケーション学部助教、上智大学言語教育研究センター嘱託講師を経て現職。2020年よりNHKラジオ「小学生の基礎英語」講師を務める。研究テーマは「子どもの第二言語習得」、「フレーゾロジー」。

本好利彰

本好利彰(もとよしとしあき)
千葉県公立小学校教諭。福島県小学校・中学校教諭として、また地区外国語教育推進リーダーを務め、その後、千葉県公立小学校教諭に。2018年より拓殖大学外国語学部で「小学校英語教育入門」を担当。2021年東京書籍アドバイザー。

パワーポイント(スライド)ダウンロード

下記ボタンをクリックして、データをダウンロードしてください。

構成/浅原孝子 イラスト/畠山きょうこ  アニメーション/鶴岡信治

【関連記事】
モトヨシ先生のスライドde外国語活動(小3・小4)~パワポで楽しくらくらくICT授業シリーズはこちら!
・小3らくらくUnit 6「ALPHABET」②【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】
・小4らくらくUnit 6「Alphabet」②【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】
・小3らくらくUnit 6「ALPHABET」①【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】
・小4らくらくUnit 6「Alphabet」①【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】
・小4らくらくUnit 5「Do you have a pen?」④【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】
・小4らくらくUnit 5「Do you have a pen?」③【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】
・小3らくらくUnit 5「What do you like?」⑤【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】
・小4らくらくUnit 5「Do you have a pen?」②【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】
・小3らくらくUnit 5「What do you like?」④【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】
・小4らくらくUnit 5「Do you have a pen?」①【モトヨシ先生のスライドde外国語活動】
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
モトヨシ先生のスライドde外国語活動(小3・小4)~パワポで楽しくらくらくICT授業

授業改善の記事一覧

雑誌最新号