小2算数「時こくと時間」指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小二算数タイトル「時こくと時間」

執筆/東京都目黒区立碑小学校教諭・大村英視
監修/文部科学省教科調査官・笠井健一
 東京都目黒区立八雲小学校校長・長谷 豊

単元の展開

第1時 時刻と時間の意味の違いを考える。簡単な場合の時刻と時間を読む。

第2時(本時)午前・午後の意味、1日は24時間であることを知る。簡単な時間の求め方を考える。

本時のねらい

午前・午後の意味や1日が24時間であることを理解し、時間の求め方を考える。

評価規準

時間の単位に着目し、図などを用いて時間の求め方を考え、説明している。

皆さんは、昨日の6時は何をしていましたか。

まだ寝ていました。

え、朝の6時のことなの。夕方にも6時があります。

図1

※上図を提示

一日に6時が2回あるのですね。朝の6時のことを午前6時、夕方の6時のことを午後6時と言います。一日は、なん時間ありますか。

午前が12時間あって、午後が12時間あるので、一日は24時間です。

ある日のまりさんの一日のようす

図2

これは、まりさんの一日の生活の様子です。まりさんは、なん時に何をしていますか。午前○時、午後○時と、午前や午後を付けて言いましょう。

午前6時に起きました。

午後9時に寝ました。



まりさんがおきた時こくから、出かける時こくまでは、なん時間でしょう。

まりさんは、なん時に起きて、なん時に出かけましたか。

まりさんは、午前6時に起きて、午前10時に出かけました。

自力解決の様子

自力解決に入る際、1人1台端末で文字盤や時刻を数直線上に表したものを配付し、マークアップ機能を利用して図をかき込めるようにします。時計の模型も自由に使ってよいことを伝え、子供が自分に必要なものを選んで考えられるようにする。

A つまずいている子

それぞれの時刻を読むことはできるが、時刻と時刻の間の時間を考えることはできない。


B 素朴に解いている子

時計の模型の針を動かしながら考えている。

写真1

C ねらい通り解いている子

文字盤や数直線を使って考えている。

写真2、3

学び合いの計画

1人1台端末で配付した文字盤にかき込んだ図、数直線にかき込んだ図の順に子供に提示し、それぞれの意味を全体で解釈していきます。その際、図をかいた本人が説明するのではなく、ほかの子供に説明をさせます。また、一人では時間を求められなかった子供を中心に、図の説明と同時に時計の模型を操作する活動も行い、時刻と時刻の間の時間についての理解を促します。

「10−6=4」と計算で考える子供がいた場合には、数直線などの図を用いて式の意味を確かめ、「大きい時刻から小さい時刻を引く」というような、形式的な処理にならないようにします。午前0時から午前10時までの10時間と、午前0時から午前6時までの4時間の差を求めているという説明は、二年生の子供には難しい説明ですが、「違いはいくつ」の学習を想起させることで、「時刻」と「時間」の区別がより明確になります。

写真4

授業の後半では、子供に自分の生活に関する時間や時刻についての話をさせます。全体で1人か2人の子供に発表させたあと、2〜3人の小グループで、「午後6時に夕飯を食べた」「午後7時から午後8時まで1時間テレビを見た」など、一人ひとりが自分の生活に関係する時刻や時間についてお話しする活動を行い、時刻や時間を自分の身近なものとして捉えられるようにします。

ノート例

A つまずいている子

ノート1

C ねらい通りに解いている子

ノート2

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

文字盤を使って考えた人がいますね。文字盤を使わなかった人も、どうやって考えたかお話しできますか。

午前6時から午前10時は、短い針が6のところから10のところまで動きます。7時までで1時間、8時までで2時間、9時までで3時間、10時までで4時間です。

写真5

数の線を使って考えた人はどうですか。数の線で考えた人の図も見てみましょう。

数の線を見ると、午前6時から午前10時の間は4個で、1個が1時間だから4時間と分かるので、文字盤と同じです。

写真6

今の説明に合わせて、数の線を指せる人はいますか。

※説明することも図を指さすことも、はじめに説明した子供とは違う子供が行うようにして、できるだけ多くの子供が活躍できるよう配慮する。

午前6時から午前10時の間は、4個だから4時間です。

まりさんは、午後7時にお風呂に入っていますね。皆さんは昨日の午後7時に、何をしていましたか。

僕もお風呂に入っていました。

テレビを見ていました。

テレビは、なん時まで見ていましたか。

午後8時までです。

テレビを見ていた時間は、なん時間でしょう。

1時間です。

「午後7時から午後8時まで、1時間テレビを見ました」というお話ができましたね。みんなも、自分の一日の生活を時刻や時間を使って、隣の人にお話ししましょう。昨日のことでなくてもいいですよ。

午前6時に起きて、午前8時に家を出て、学校に来ました。

午後3時から午後5時まで2時間、公園で遊びました。

皆さん、自分の生活の時刻や時間のお話ができましたか。自分がなん時に何をしているかや、何をどれくらいの時間やっているかをお話しできなかった人もいたと思います。自分の生活の時間や時刻を調べて、図を使ってお話ししましょう。

私は、学校に午前8時に来ました。午後3時に帰りました。学校にいた時間は、7時間です。

私は、朝7時に起きました。午後9時に寝ました。起きていた時間は14時間です。



まとめの場面では、時間の求め方を考える際に、子供がかいた図をふり返り、時刻と時刻の間が時間であることを再度確認します。また、二年生の段階では自分の日常生活の時刻や時間を把握していない子供も少なくないので、この学習を生かして、自分の生活時間について調べてみようと投げかけましょう。そして、単元の学習後の学校生活のなかでも、時刻や時間について積極的に取り上げ、子供が時刻や時間を日常生活に生かせるようにします。

評価問題

まりさんが家に帰った時こくから、ねた時こくまでは、なん時間ですか。

子供に期待する解答の具体例

6時間

本時の評価規準を達成した子供の姿

数直線などを使って考えている。

感想

時刻と時刻の間を数えれば、なん時間か調べられることが分かった。自分がなん時に何をしているか、あまり分からなかった。自分の生活の時刻や時間を調べてみたいと思う。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小6外国語Unit3「旅行代理店でおすすめの国を紹介しよう」指導アイデア①
・小6外国語Unit3「旅行代理店でおすすめの国を紹介しよう」指導アイデア②
・小6 国語科「情報と情報をつなげて伝えるとき」ワークシート・端末活用例&全時間の指導アイデア
・小5外国語 Unit 3 「夢に近づく時間割を紹介しよう」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 3 「夢に近づく時間割を紹介しよう」指導アイデア①
・小6 国語科「たのしみは」端末活用例&全時間の指導アイデア
・小2生活「どきどき わくわく 町たんけん」指導アイデア
・小1生活「きれいに さいてね」指導アイデア
・小4算数「2けたで割るわり算」指導アイデア
・小3算数「長さ」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号