小6国語「君たちに伝えたいこと/春に」指導アイデア

教材名:「君たちに伝えたいこと/春に」東京書籍

指導事項:〔知識及び技能〕(1) ケ〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)オ・カ 
言語活動:ア

執筆/京都府公立小学校教諭・深田知子
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈、京都市総合教育センター研修主事・藤本鈴香

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

小学校生活最後となる本単元は、小学校六年間で培ってきた力を確かめるとともに、その力を活用して文章を読んでいくようにします。そして、中学校へ、未来へと向かっていく気持ちを友達と共有し、次のステージへと向かう意欲を高めていきたいものです。

まず、文章と詩を読み、自分の経験や小学校生活を振り返ることで、自分の考えを広げたり深めたりすることを目指します。そして、文章を読んでそれぞれが考えたことを友達と伝え合って共有する力の育成を目指します。

②言語活動とその特徴

本単元では、文章と詩を読んで考えたことを共有することで、さらに自分の考えを深めることを目指しています。そのため、文章と詩を読んで自分の考えをもつという活動を位置付けます。

考えを共有するためには、自分の考えをもつことが必要です。文章のどこに自分が心惹かれたのかを明らかにした上で友達と交流することにより、互いの意見や感想の違いを明らかにしたり、互いの意見や感想のよさを認め合ったりすることを大切にします。そして、共有したことを一人一人の考えを広げたり深めたりすることにつなげていきましょう。

単元の展開(4時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①これまでの学習を振り返って学習課題を明確にし、学習の計画を立てる。
→アイデア1 対話的な学び

【学習課題】これまで身に付けた力を振り返って文章を読み、考えたことを友達と伝え合って考えを深めよう

第二次(2・3時)

②「君たちに伝えたいこと」を読み、筆者のメッセージについて考え、考えたことを友達と伝え合う。
→アイデア2 主体的な学び

③「春に」を読み、作品からどのようなことを感じたり考えたりしたかを確かめる。

第三次(6時)

④二つの作品を読んで考えたことを文章にまとめて伝え合い、単元の学習を振り返る。
→アイデア3 深い学び

アイデア1 これまでの国語の学習で印象に残っていることを話し合おう

対話的な学び

はじめに、これまでの学習で身に付いた力を振り返り、その力を自覚的に活用していくことが大切です。六年生最後の単元ですので、身に付いた力を活用して学習に向かうことを目指しましょう。これまでのノートやワークシート、作品などを見直しながら、対話を通して学習を振り返ることで、自分たちの学びを自分たちで確かめられるようにします。

話し合う子ども

このとき、一年間でどのようなことを学習してきたかを振り返ることができるように、教科書巻頭の目次を活用します。身に付いた力やできるようになったこと、印象に残ったことなどを話しながら付箋紙に書き出し、目次に貼っていくようにします。

▼教科書目次の活用例

教科書目次の活用例

「世界に目を向けて意見文を書こう」の学習では、資料を使って意見文を書いたね。説得力のある文章を書くためには、どの資料をもとにどう考えたか、事実と意見を明確にして書くことが大事だったよ。

そうだったね。根拠をはっきりさせることは、考えを伝えるときに大事だったね。わたしは「海のいのち」の学習で、友達と考えを伝え合うことで自分の考えが変わっていくのが分かって、印象深かったな。

アイデア2 文章と対話しながら、感じたことを書き出し、一番心に残る言葉を選ぼう

主体的な学び

「君たちに伝えたいこと」は、筆者の日野原さんが語り掛けるように書かれた文章です。筆者とじっくり対話しているように読みながら、自分の思いや考えを醸成できるようにしましょう。そのとき、どこが心に残るか、どうしてそこが心に残るか、自分自身と向き合いながら読んでいくことが大切です。

教科書や全文シートに書き込む、付箋紙に書いて貼るなどして、筆者と話しているように自分の思いや考えを創出していきます。そして、繰り返し文章と対話することで、考えが確かにもてるようにしましょう。このように繰り返し文章と対話する姿勢が、主体的に学びに向かう姿につながります。

▼教科書や付箋紙を活用する

教科書や付箋紙を活用する

「春に」は、相反する感情の間で揺れ動く気持ちが表現されていて、「この気持ちは何だろう」という問い掛けが繰り返されます。思春期の子供たちには、このような気持ちに共感する部分があるのではないでしょうか。
表現の工夫、題名に込められた意味など、これまでに学んできたことを活用して読み、読んだことを表現するためにはどのように声に表すかを考えて表現してほしいものです。

アイデア3 友達と考えたことを伝え合うことで、自分の考えを深めよう

深い学び

本単元では、「共有」が指導事項の重点です。文章と詩を読んでまとめた意見や感想を共有し、自分の考えを広げることを目指します。文章と詩のどちらに心惹かれるか、どの言葉に心惹かれるか、どうしてそこに心惹かれたのかは、子供たち一人一人の経験やものの見方・考え方によって異なります。

互いの考え方を尊重しながら、相手との違いを考えることで、自分自身の考え方の特徴に気付いたり、違う視点を知ったりすることにつながります。より多くの友達の考えに触れることができるように、工夫しましょう。

【グループの交流を複数回行う方法】
・グループでの交流を、メンバーを替えて2~3回行う。
・誰かの考えに対する、自分以外の反応を知ることができる。

【二人組での交流を繰り返す方法】
・二人での対話を繰り返し行う。
・じっくりと相手の意見に耳を傾けることができる。

【グループA→グループB→グループAに戻る方法】
・一つ目のグループで交流後、別のグループで交流する。
・その後、再度はじめのグループに戻って、深まった考えを共有する。
・考えの変容を確かめ合うことができる。

学級の実態や、これまでの学習経験を生かした方法で交流することで考えを共有し、一人一人の学びが深まるようにしましょう。

イラスト/斉木のりこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2021年3月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号