小5小6体育 器械運動「マット運動」指導アイデア

体育の授業では、感染症拡大防止を踏まえながら、友達との協力や話合い活動を工夫して学習を進めることが求められます。ここでは、マット運動を取り上げます。マット運動は、すべての子供が楽しさや喜びに触れることができるように、やさしい場や条件のもとで段階的に取り組めるようにしましょう。

執筆/福岡県公立小学校教諭・那須孝之

体育 器械運動「マット運動」

マット運動でめざす子供の姿

  • この技のポイントはこうだな。
  • こんな技ができるようになった。
    (知識及び技能)
  • 練習をこのように取り組もう。
  • 組み合わせ技のここを工夫しよう。
  • (友達に)もっとこうしたらいいよ。
    (思考力、判断力、表現力)
  • 協力して取り組もう。
  • 安全に気をつけよう。
  • 準備や片付けがしっかりできた。
    (学びに向かう力、人間性)

発達の段階を踏まえた学習指導のポイント

高学年では、マット運動を楽しく行うために、次のようなことが大切です。

  • 自分の課題を見つけ、活動を工夫する。
  • 約束を守り、安全に気を配る。
  • 助け合ったり、考えや取組を認めたりする。

単元計画

単元計画

技は近接学年で確認し合い、何を指導するのかを明確にしましょう。また、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、学習の前後に手洗い、うがいをさせ、子供同士の感覚が近づきすぎないようにしましょう。

学習カード

学習の流れや技のポイント、毎時間の学習プリントをまとめた学習カードを作
成し、配付しましょう。学習内容の確認や評価に役立てることができます。

マット運動

技のポイント

技の連続図

技の連続図を載せましょう。技のポイントを書いておくと、子供たちが意識しながら取り組むことができます。

技一覧

技一覧

学習する技を載せましょう。見通しを持って学習に取り組んだり、できるようになった技がいくつあるか確認したりできます。

感想カード

感想カード

学習する技を載せましょう。見通しを持って学習に取り組んだり、できるようになった技がいくつあるか確認したりできます。

発表カード

発表カード

発表会で行う連続技を書き込みます。何通りか書き込む欄をつくっておくと、意欲的に取り組むことができます。

楽しく活動するための場づくりの工夫

技のこつをつかんだり、苦手な子も楽しく取り組んだりできるように、場を工夫しましょう。

傾斜をつける

傾斜をつける

マットの下にロイター板を入れて、傾斜をつくります。勢いをつけて技の練習をすることができます。

(効果的な技)
・開脚前転
・開脚後転
・伸膝後転

手形や足形を置く

手形や足形を置く

マットの上に手形と足形の紙を置いて、手や足のつく位置を練習することができます。

(効果的な技)
・側方倒立回転 
・ロンダート

落差をつける

落差をつける

マットを重ねて落差をつくり、技のこつの練習をすることができます。

(効果的な技)
・開脚前転
・開脚後転
・伸膝後転

跳び箱や丸めたマットを置く

跳び箱や丸めたマットを置く

跳び箱や丸めたマットを置くことで、遠くに手をつく練習をすることができます。

(効果的な技)
・跳び前転
・倒立ブリッジ

感覚づくりの運動

感覚づくりの運動は、基礎的、基本的な動きの感覚を身につけるための有効な運動であり、授業の前半に取り組みましょう。また、感覚づくりの運動が、それぞれの技の動きにつながるため、子供の課題解決の手段となります。

動きのポイントを説明しながら取り組ませましょう。

安全への配慮もしっかりと行いましょう。

ゆりかご

ゆりかご
目線はおへそにして、体を丸めましょう。

手は指先からマットにつけるようにします。

ブリッジ

ブリッジ
手と足をできるだけ近づけてみましょう。

1人で行うのが難しいときには、教師が補助したり、丸めたマットの上で行ったりします。

かえるの足打ち

かえるの足打ち
手はパーにして、手と手の間を見ましょう。空中で何回足をたたけるかな?

脚を上げすぎて、倒れないようにします。

前転・後転

前転
後転
前転も後転もおへそを見ながら取り組みましょう。

川跳び越し

川跳び越し
手と手の間を見ながら、足を上げてマットの反対側に跳びましょう。

両手を肩幅に、腕で体を支えるようにします。

壁登り逆立ち

壁登り逆立ち
手と手の間を見ながら、腕を伸ばし、体を支えましょう。

少しずつ手の位置を壁に近づけたり、ろく木を使って、1段ずつ足を上げたりします。

運動が苦手な子供に対しての配慮

自分の課題を解決できるよう技に応じた場の工夫や運動量を確保し、具体的にイメージできるような言葉かけを行いましょう。

また、高学年で取り組む技では、基本技で正しい感覚を身につけていることが大切です。動きのポイントや安全への配慮は、教師が説明することで、子供同士で見合うときの視点にもなります。

参考文献
小学校学習指導要領体育編」および『小学校体育まるわかりハンドブック
(文部科学省)

イラスト/高橋正輝

『教育技術 小五小六』2020年12月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号