小1国語「たぬきの 糸車」指導アイデア

教材名:「たぬきの 糸車」(光村図書 一年下)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)ク 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)イ、エ
言語活動:C(2)イ

執筆/茨城県公立小学校教諭・松田桂子
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈、茨城県公立小学校校長・橋本浩志

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元は、「やくそく」「くじらぐも」(登場人物の行動を中心に読む)、「おむすびころりん」「おおきなかぶ」(音読)に続く文学的文章の教材となります。これまでの学習を通して、「場面の様子に着目して、登場人物の行動を具体的に想像すること」を経験してきています。

本単元では、その経験を生かして、〔知識及び技能〕では、「語のまとまりや言葉の響きなどに気を付けて音読すること」を、〔思考力、判断力、表現力等〕では、「場面の様子に着目して、登場人物の行動を具体的に想像すること」を学習します。

②言語活動とその特徴

この時期の一年生は、さまざまな学習の積み重ねを通して、人前での発表などに少しずつ慣れ、発表の喜びを実感する子も増えてきます。そこで本単元では、「好きなところ発表会」を言語活動として設定し、子供たち一人ひとりがお話のなかの「好きなところ」を見つけて伝え合います。お話のなかから「好きなところ」を決めることは主体的な学びにつながるでしょう。

また、一人ひとりが「好きなところ」が異なるからこそ、なぜそこを選んだのかについて、子供たちどうしで対話する必然性が生まれます。さらに、物語の叙述を基に、登場人物の行動や気持ちを想像しながら、その理由を説明できるようにしていくことが深い学びにもつながります。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

①「たぬきの糸車」を読んで、話の大体をつかみ、学習課題を確かめる。
・いつ
・どこで
・誰が 
・話の展開

【学習課題】「ここが すき はっぴょうかい」を ひらこう。

②話の構造と内容をまとめながら、たぬきの心情の変化の理由を読み取る。
→アイデア1 主体的な学び

第二次(3~5時)

③好きなところに線を引きながら読む。

④⑤モデルを確認しながら、好きなところカードを作る。
→アイデア2 深い学び

第三次(6~8時)

⑥同じ好きなところを選んだ友達どうしで、「ここがすきはっぴょうかい」を行う。

⑦違う好きなところを選んだ友達どうしで、「ここがすきはっぴょうかい」を行う。

⑧学習のふり返りをする。
→アイデア3 対話的な学び

アイデア1 たぬきの心情の変化を読み取る

主体的な学び

お話の面白さは、いたずらもののたぬきがいたずらをやめて、おかみさんのために糸車を回して糸を紡ぐところにあります。読み聞かせをしながら、たぬきになりきって動作化していくと、心情の変化に気付くことができるでしょう。

毎晩のようにたぬきがやって来て、いたずらをしました。

いじわる

石を投げて驚かせてやろう。

たぬきは毎晩やってきて、糸車を回す真似を繰り返しました。

楽しいな

くるくる回って楽しいな。本当にやってみたいな。

あれ? たぬきの気持ち、変わってきてない?

この後には、おかみさんが罠にかかったたぬきを助けるところがあります。そこも動作化しながら、たぬきの心情を読み取っていきましょう。

アイデア2 「糸車図」に好きなところをまとめる

深い学び

ワークシート「糸車図」を使い、好きなところとその理由を書きます。1枚目は、グッドモデルを参考に「すきなところ」を、本文から正しく書き抜くよう伝えましょう。

「わけ」は、どうしてそう思ったのかを、お話の内容をもとに、自分の言葉で書きます。2枚目以上まで書ける子供には次のシートを渡し、好きなところをさらにまとめていけるようにしましょう。

▼ワークシート「糸車図」記入例

ワークシート「糸車図」記入例

アイデア3 好きなところが同じ・違う友達と交流する

対話的な学び

「糸車図」に好きなところや理由を書き終わったら、まずは好きなところが同じ友達どうしで交流をします。グループは二人から四人とし、ペアを交換しながら複数の相手と交流できるようにします。

友達どうしで交流

交流を通して、子供たちは、カードを修正したり書き加えたりしていきます。そのうえで、好きなところが違う友達どうしでの交流(好きなところ交流会)をします。好きなところが同じ友達との交流を事前に行っておくことで、子供たちは自信をもって交流会に臨むことができるでしょう。

好きなところが同じグループ

ああ、そこもいいと思ったよ。たぬきがおかみさんのために、優しいよね。

同じところが好きなのに、わけがぜんぜん違ってびっくりしたよ。

好きなところが違うグループ

そんなふうに思ったんだね。私とは違って面白いね。

違うところだけど、おかみさんが優しいと思ったところが同じだったよ。不思議だね。

意見交流で大切なのは、聞きっぱなしにしないことです。友達の考えを聞きながら、自分の考えと比べて、同じところや違うところを伝え合えるようにしましょう。

「たぬきの糸車」というお話に対する意見や感想が、たくさん出ることの面白さやよさを感じさせられるとよいですね。

イラスト/川野郁代 横井智美

『教育技術 小一小二』2021年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号