小学二年「指導要録」記入文例(1)教科等観点別記入文例

関連タグ

教員が児童に対して適切な指導を行うための基礎資料であるとともに、外部への証明となる公簿としても重要な役割をもつ「指導要録」。そのうち教科等観点別の具体的な記入文例を各教科ごとに紹介します。(収録教科:国語科、算数科、生活科、音楽科、図画工作科、体育科、特別の教科 道徳、特別活動)

教科等観点別記入文例

国語科

小二 指導要録教科等記入文例 国語科イラスト

観点:知識・技能

記入文例

  • アクセントで言葉の意味が違うことに気付き、音と文字、母音と子音の構成を理解した。
  • 送り仮名に気を付けながら、習った漢字を使って表す短文を作ることができた。
  • 伸ばす音やつまる音などの表記や「は」「へ」「を」の使い方、句読点の打ち方、かぎかっこの使い方を理解して文章の中で使うことができた。

観点:思考・判断・表現

記入文例

  • 物語文の登場人物の行動や気持ちを自分なりに文章に書いていた。
  • 自分の書いた文章を読み返し、内容や表現についてのよいところを見付けていた。
  • 「かさこじぞう」の学習では、物語の中で起こったできごとについて、場面の様子や変化に着目しながら思ったことを友達と共有していた。

観点:主体的に学習に取り組む態度

記入文例

  • 生活科での観察を生かし、気付いたことをメモに集め、記録する文章を書こうとしていた。
  • 「声やうごきであらわそう」では物語の内容を捉え、人物の行動を具体的に想像しながら、音読や動作で表そうとしていた。
  • 多くの昔話を読み、自分がおもしろいと感じたことについて、友達と伝え合おうとしていた。

算数科

小二 指導要録教科等記入文例 算数科イラスト

観点:知識・技能

記入文例

  • 箱の構成要素のつながりや位置を理解し、面や辺をつないで箱の形を作ることができた。
  • 身の回りにある数量を整理する学習では、重複したり抜けたりしないように、印を付けながら数え、表やグラフにまとめることができた。
  • 2位数の加法や減法の計算では、筆算の仕方について理解することができた。

観点:思考・判断・表現

記入文例

  • 数図ブロックをテープ図にかいて考え、そのよさや特徴に触れながら説明していた。
  • 囲んだ直線の数に着目して三角形や四角形の意味を考え、そのよさや特徴を取り上げながら具体的に説明していた。
  • 九九の式になる問題では、答えの求め方を式や絵・図にかいて考えて説明していた。

観点:主体的に学習に取り組む態度

記入文例

  • 紙テープを使って、身の回りにある1メートルのものをたくさん見付けようとしていた。
  • 大きい数のかけ算に関心をもち、九九を使って答えの求め方を考えようとしていた。
  • 折り紙で大きさの異なる長方形、正方形、直角三角形をたくさん作り、身の回りにある様々な形を仲間分けしようとしていた。

生活科

小二 指導要録教科等記入文例 生活科イラスト

観点:知識・技能

記入文例

構成/浅原孝子 イラスト/terumi

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号