小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭・大庭勇気、福岡県公立小学校主幹教諭・前田哲宏
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、福岡県公立小学校校長・安元裕彦、福岡県公立小学校教頭・鈴木大聖

授業づくりのポイント

中学年の幅跳びでは、運動の楽しさや喜びに触れ、その行い方を知るとともに、基本的な動きや技能を身に付けて、高学年の陸上運動の学習につなげていくことが求められます。

運動を楽しく行うために、いろいろな場を使って個人の課題の発見やその解決のための活動を工夫したり、グループで競争をしながら個人の目標に挑戦したりすることが大切です。また、学習カードやふり返りの時間などで運動のポイントや友達の動きのよさなどを伝える活動を取り入れることで、子供どうしが関わる機会を増やすようにします。

今回の授業では、踏み切りと着地に焦点を当てた学習を展開し、四年生では、短い助走からの幅跳びを扱っていきます。

単元計画(例)

単元計画(例)

楽しむ① フワッとしたジャンプの心地よさを味わおう

いろいろな場での幅跳びを通して、前方へ跳ぶことの心地よさを味わわせながら、「前方への強い踏切り」「両足での着地」といった幅跳びにおける基本的な動きを身に付けていきます。

「踏切り」では、跳び箱や踏切り板を使った跳躍のなかから、踏み切りやすい足を見付け、踏切り足を決めます。楽しみながら、踏切りのタイミングや力強い跳び出しの感覚をつかむことができるようにします。

「着地」では、いろいろな場からフワッと高くジャンプし、膝を柔らかく曲げて、両足で着地ができるようにしていきます。着地姿勢が「ん」の字になるようにすることを意識するとよいでしょう。

学習① 幅跳びの行い方を知り、場を選んで試してみよう

オリエンテーション

1学習の進め方を確認する。
・準備運動をする。
・めあてを立てる。
・場や用具の準備をする。
・きまりについての確認をする。
【きまりの例】
・砂場をならしているときに跳躍をしない(合図があってからスタートする)。
・砂場には障害となる道具や用具を入れない。
・並ぶときは、可能な限り2m以上の距離を確保する。など
2グループの編成をする。
※グループ編成では、協力して活動しやすいように人間関係や技能を考慮し、4~5人のグループをつくります。
3試しの運動
いろいろな場で幅跳びをやってみる。
4ふり返りをする。
・学習のまとめ
・整理運動
・片付け

柔らかい砂場になるよう、教師が事前に砂場を掘り返しておきましょう。そのときに木の枝など、危ない物は取り除いておき、学習の前に子供と一緒に確認しましょう。

準備運動(予備的な運動)

リズム抱え込みジャンプ

リズム抱え込みジャンプ

リズム開脚ジャンプ

リズム開脚ジャンプ

「タイミングのよさ」「力強さ」を高めるのに効果的な運動です。笛の合図「ピッ・ピッ・ピーッ」の「ピーッ」で高くジャンプします。

ケンパージャンプ

ケンパージャンプ

片足での踏切りと両足で着地をする練習です。リズムよく跳ぶようにしましょう。

感染を防ぐためのリズム太鼓や電子ホイッスルなどを使うこともできます。

いろいろな場での幅跳び

主に前方への強い踏切りを身に付けることができる場の工夫

踏切り板を使った跳躍

踏切り板を使った跳躍

踏切り板を使うことで、高く跳ぶ心地よさを大切にしながら、踏切りのタイミングや力強い跳び出しの感覚をつかむことができるようにします。

ゴム紐を使った跳躍

ゴム紐を使った跳躍

両側から引っ張られたゴム紐がへそに当たるようにして跳躍します。試技の子供がゴム紐に当たったら、どちらかの子供がゴム紐を離します。

主に着地姿勢を身に付けることができる場の工夫

跳び箱を使った跳躍

跳び箱を使った跳躍

足を前に出し、膝を曲げて、両足で着地すると、着地姿勢が「ん」の字の姿勢になります。「I」や「く」の字にならないようにしましょう。フワッと高くジャンプすることで、着地の膝が曲がりやすくなります。

楽しむ② 記録や動きのポイントを得点にして楽しもう

個人の記録や動きのポイントを得点化し、得点アップをめざします。記録だけでなく、動きのポイントも得点化することで、意欲的に取り組むことができます。

試技が終わった後には、「パワーアップタイム(学び合いの時間)」として子供相互で遠くへ跳ぶためのポイントや動きの変化を見付けたり伝えたりする活動を行い、思考し、判断することを通して動きの質を高めていきましょう。クラス全員の得点を合計し、その伸びに着目させることで、クラス全員で達成感を味わうこともできます。教師は、よい動きや記録の伸びに着目し、称賛する声かけを行いましょう。

なお、試技をする場面や学び合いの場面では、ソーシャルディスタンスの確保にも努めましょう。

学習②グループで協力して活動し、得点をアップさせよう

場の工夫とグループ内での役割分担の例

場の工夫とグループ内での役割分担の例

パワーアップタイム

パワーアップタイム

お互いに2m離れて座り、友達のカードに記述するなど、互いが短く助言を伝え合う場を設定するとよいでしょう。

【場の準備】

①砂場にゴム紐を使用したラインを張る。
②カラーコーンとラインカーを用いて、コースを引く。
③ゴム紐や跳び箱、踏切り板を用いて、コースを作る。

【活動の行い方】

①挑戦するコースを選ぶ。
②2回試技をし、高いほうの得点が自分の得点となる。
③グループの子供は試技者の着地点や動きを観察し、「パワーアップタイム」に生かすようにする。

得点の例
(個人得点)
ふみ切り足…○
着地…△
記録…3点
2点+1点+3点=6点クラス全員の得点を合計するなどして、どの子供も意欲的に取り組むことができるようにするとよい。

かかわり思考ツール
「得点カード」
動きの質を高める学び合いにするためには、教師が観察するポイントを示す必要があります。
「パワーアップタイム」では、メンバーの試技後に、「得点カード」やタブレットなどで撮影した動画を使ってポイントについて伝えたり、よさを認めたりすることができるようにしましょう。また、これらのポイントも得点化し、合計得点を高めていくようにしましょう。

「踏切りバンド」
踏切り足に「踏切りバンド」を付けます。決まった踏切り足による踏切りができたかどうかを見逃さないように、観察者に声をかけましょう。

得点カード
得点カード
踏切りバンド
踏切りバンド

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、子供どうしの間隔が近付きすぎないようにしましょう。

イラスト/栗原清、横井智美

『教育技術 小三小四』2020年9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号