小5国語「新聞を読もう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「新聞を読もう」光村図書

指導事項:知識及び技能(1)カ
    〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)ア・ウ
言語活動:ウ

執筆/東京都公立小学校主任教諭・丸山秀光
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈、東京都公立小学校校長・加賀田真理

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

目的に応じて、文章と図表などを結び付けるなどして必要な情報を見付けたり、論の進め方について考えたりすることができる力の育成を目指します。

論の進め方について考えるとは、「事実と感想、意見などとの関係」や「文章全体の構成」などを基に、どのように論を進めているのか、どのような理由や事例を用いることで説得力を高めようとしているのかなどについて考えをもつことです。

「新聞を読もう」では、新聞特有の構成により読者の気持ちを記事に引き付け、限られた紙面で社会の動きや出来事を伝える工夫が示されています。

また、具体的な読者を想定した記事の書き方に気付くことで、新聞の特徴を知り、情報を発信する側の工夫にも目を向けるようになり、この学習で培った効果的な新聞の読み方を、日常生活や他教科にも生かすことができます。

②言語活動とその特徴

まず、新聞の一面を基に新聞の構成や特徴を確認します。

①一つの記事が「見出し」「リード文」「本文」の「逆三角形の構成」となっている。理解を助けるために写真や図表を添えることもある。
②一面の「目次」を通してその日の紙面全体の概要を示し、興味や関心に基づいて「社会面」「経済面」「スポーツ面」などの記事に誘導されている。

などの、読者に読んでもらおうとするための工夫について具体的な誌面を基に確認します。「逆三角形の構成」については、身近な出来事について具体的に言葉を当てはめて記事を作成してみることで、理解を深めます。

次に、グループごとにそれぞれの面を分担し、面の中にある「見出し」を切り貼りして、その言葉を基にそれぞれの「面」で取り上げられている記事や使われている言葉の特徴などについて比べることで、新聞で取り上げられている分野や新聞の全体の構成について、体験的に理解ができるようにします。

単元の終末では、同じ出来事を取り上げた複数の新聞の実物を用意します。児童はその中から自分の興味や関心に応じて記事を選び、記事の読み比べを行います。

同じ事実を基にした記事でありながら、「見出し」「リード文」「本文」の流れを比較することで、それぞれの記事の内容や印象が違うことを確認し、読み手を意識した論の進め方の工夫を見付けます。

その際、記事の違いは読み手の興味や関心を意識して書かれたものであるとともに、発信者である記者の意図が含まれていることについても考えさせます。

小5国語「新聞を読もう」指導アイデアのイメージイラスト
イラストAC

単元の展開(3時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

①四年生で新聞を作った学習経験を振り返り、より読者に読んでもらえる工夫についての意識を高めることで、学習課題を明確にし、学習計画を立てる。

【学習課題】新聞の「なぞ」を解き明かそう!

・教科書の新聞の一面の例を基に新聞の構成や特徴を知り、それが読者を引き付ける工夫であることを理解する。
・身近な話題を新聞の「逆三角形の構成」や「写真・図表等を添えて理解を促す」等の特徴を基にまとめ、新聞の工夫についての理解を深める。
→アイデア1

②グループで、スポーツなどの分野ごとに面を分担し、「見出し」や「リード文」の言葉を基にそれぞれの面の特徴や新聞の全体像を理解する。
→アイデア2

第二次(3時)

③自分の興味や関心に基づいて選んだ、同じ出来事を扱った複数の新聞の記事を比べて読み、論の進め方や内容の違いについて考える。
→アイデア3

アイデア1 身近な話題を「逆三角形の構成」を使ってまとめてみる

ここでは、一面の作りがどのようなものになっているか、構成や特徴を理解させることを目的に学習を進めます。構成や特徴を理解することで、目的に応じて必要な情報を見付けたり、論の進め方について考えたりすることができるようになります。

そこで、学校行事や理科の観察等、自分の紹介したい身近な話題について、「見出し」「リード文」「本文」「イラスト」などを工夫して、構成を考えながら新聞にまとめてみることで、読者を引き付けるための工夫について理解を深めます。四年生の時に作成した新聞を再構成する活動も可能です。

▼構成を考えながらまとめたもの

構成を考えながらまとめたもの

▼逆三角形の構成

逆三角形の構成

指導の効果を高めるためには、パソコンやタブレットを使用して、大きさや配置を変えながら構成を工夫することも有効です。

アイデア2 分野別に記事の見出し等の切り貼りを作成し、比較して見合うことで、「面」の特徴について理解を深める

新聞には「面」があり、社会・政治・文化・スポーツなど、様々なジャンルの記事があります。一面に着目すると、一面には「目次」があり、その日のそれぞれの面に書かれている主な記事が紹介されていて、自分の興味や関心に基づいて、記事を選択して読むことができます。

テレビのニュースやインターネットの記事の検索にも同じような方法が使われており、「目次」を意識して活用することで、自分の「知りたい記事」や「求めている情報」に近づく力を育てることができます。

また、現在は新聞を取らない家庭も以前に比べて増えており、児童が日常的に新聞に接する機会が少なくなっています。そのため、新聞にはどのような「面」があり、それぞれの「面」には、どのような特徴があるのかを確認することも、新聞を活用する力を育むためには必要です。

今回の学習では、第一時で確認した一面の構成要素の名称から「目次」の必要性について問いかけ、そこから各面の特徴に目を向けさせるようにします。そして、グループごとに各面を担当させ、見出しやリード文等の切り貼りを作成します。

互いに比較して見合うことで、それぞれの面で使われている用語の違いや特徴を捉え、それぞれの「面」についてのイメージをもち、新聞を読む際に活用することができるようにします。難語句調べには、辞書やインターネットを活用します。

【スポーツ】
・記事①
・記事②

【社会】
・記事①
・記事②

【文化】
・記事①
・記事②

アイデア3 自分が選んだ同じ出来事の記事を比べ、相違点から記者の意図を捉える

新聞は、必ずしも網羅的に読まなくても、自分自身の興味や関心に基づいて記事を選択して読むことが可能です。しかし、想定する読者や目的の違いにより、同じ事実であっても記事の書き方が異なる場合があります。

ここでは、複数の新聞の同じ出来事の記事を比べて読むことで、記者がその出来事についてどのように捉え、伝える工夫をしているかの論の進め方について考えを深めていきます。前時で学んだそれぞれの面の特徴を踏まえて、興味をもった記事を選択し、複数の新聞の記事を比較します。

▼同じ出来事の記事の読み比べ

同じ出来事の記事の読み比べ

『教育技術 小五小六』2020年9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号